キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

言葉遣いのこと

「好き」に理屈や理由がないように、みたいなこと

理屈や理由づけなんてすべて後付けなんだよねっておもいましたとさという話。

清少納言のたぐい

こないだの大河ドラマ「光る君へ」。

元号と西暦、みたいなこと

youtubeをながめてたら「おれも今年還暦だからさあ」荒木大輔が言う。

リスペクト

「敬意 英語」で検索したらrespectって出て。

「東京時代」

紫式部を主人公にした今年の大河ドラマがおもしろくなりそうなので。 最近、藤原道長とか平安時代、藤原氏のことを勉強しなおしておる。

「期待したい」を誤解しておった

いままでずっと解釈違いしてたかもしんないっていうだけのハナシなんすけどね。

空耳アワー

超絶くだらねえ話なんすけどね。

重言?

2ヶ月ぐらい前だったか。 校正者さんから「これは重言です」って赤字が入ってて。

やっぱ「友情」って言葉が重すぎるんだよね、みたいなこと

前エントリーのほったんになったネタがわかった。

出た出た「男女の間に友情は成り立つのか」もんだい、みたいなやつ

また、ネットをまさぐってて見つけたネタなんだけど。 「見つけた」っていうか、使い尽くされてる?ネタでもあるんだけど。

ギガがなくなった

28日ぐらいの朝だったかな? 通勤電車でスマホをまさぐってたら、やけに動作がのろい。

時薬(ときぐすり)

表題みたいな、イカした日本語の繊細すぎる繊細さが大すきなわけですが。 (あ、だからといって小難しいことを言う勢いだが、そうではない)

二律背反 その1

こんな表題だからって「何かにモノ申したい」とかじゃなく。 完全な軽いノリだからな。

○化現象

数ヶ月前だったかに「蛙化現象」という言葉を知った。

「スライダーを覚えると真っすぐが遅くなる」みたいなこと

むかし、都市伝説だかジンクスみたく言われてたじゃないすか。 それがずっとよくわかんなくて。

「伏線の回収」でまとめんじゃねえよ、みたいなこと

最近のドラマ(物語)で。 「伏線の回収」がちょっと出過ぎててやだっていう話なんだけど。

ネーミング

いきなりかげぐちみたいなこと言うと。

再現性、みたいなこと

きのうのつづきってわけじゃないけど。 おしごとがらみの話なんすけどね。 ただのジコマン日記なんすけどね。

「お手伝い」

謙遜でも卑屈でも何でもなく。 取引先(になりそうな企業、人も含めて)にキクチはむかしから言うことに決めてる。

「人間関係リセット症候群」

という言葉を何日か前、ネットをまさぐってて目にした。

「地頭がいい」ってなんじゃらほい?

とりとめのないことを、てめえの頭のなかを整理するためだけにほざく。

経験と実績、みたいなこと(伝え方ってもんがある#4)

超絶不定期&不人気連載?の4回目。 なんてったって3回目は7ヶ月前だし。

「期待したい」にずっとモヤモヤしておる、みたいなこと

言葉として正しいかどうかは知らないが。 なんとなーく、うすらぼんやりとそのまま定着しちゃってる的なことってままあるじゃないすか。

ブログを始めたきっかけ、みたいなこと

いまさら、というかなんつうかな話なんだが。

「膝から崩れ落ちる」みたいなこと

「膝から崩れ落ちる」っていう日本語をつくった人は天才だとおもうの。

「役割語」って言うんだってさー

「窓の外が急に、昼間のように明るくなっただ」

「きれい」と「かわいい」

帰り道でうすらぼんやりと、おもしれえなあとおもっちゃってね。

アウト・オブ・眼中、みたいなこと

今朝、情報番組をうすらぼんやりながめておったら。 きょうは「トランクルーム」を特集しておって。

闘い

『ミステリと言う勿れ』というドラマで。 主人公の男の子がこんなことを言っていた。

「マラソンは二度と走りたくない」

東京マラソンをゴールしたあと、新谷仁美が表題のコメントをしたじゃないすか。