キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

身の上バナシ

イッヌ・つづき? #2 「ヨシダ」に父が込めた想い

「ヨシダ」というのは。 父が生涯尊敬してやまなかった師匠、吉田先生から拝借したのね。

イッヌ・つづき? #3 ヨシダのスキル

そもそもキクチがイッヌを飼いたいって懇願したヨシダなのに。

イッヌ・つづき? #1 「ヨシダ」爆誕編

きょうは珍しくテレワークってことにして。

にょうぼうの誕生日に考えたこと(メルヘン)

きょう(1/10)はにょうぼうのおたんじょうび。

ものごとの価値とは?

ザ・へんてつもない日記。

負けず嫌いのベクトル #10(ラスト)

ここからは、てめえに対する言い訳含め。

負けず嫌いのベクトル #9

「(一般推薦)と、いうことで」 という担任の先生の言葉から始まった11月の三者面談は、空気が最初から激重だった。

負けず嫌いのベクトル #8

ムスメっこの意識が固まった!

負けず嫌いのベクトル #7

ムスメっこからすっとんできたLINEは。 ○○大学の一般推薦入試の要項であった。

負けず嫌いのベクトル #6

キクチのおこづかい2万円のゆくえぇ?

負けず嫌いのベクトル #5

夏休み直後の三者面談のつづき。

負けず嫌いのベクトル #4

高3の夏休みに入ってすぐ、学校の三者面談があった。

負けず嫌いのベクトル #3

え、こんないらねえ振り返りってまだつづくの?

負けず嫌いのベクトル #2

ムスメっこの「対自的負けず嫌い」は成長とともにすくすく成長してった。

親としてのおれの役割、みたいなこと#5

その週の日曜日の夜(きょうなんだけどな)。 何でもないようなフリをして、ムスメっこに訊いてみた。

親としてのおれの役割、みたいなこと#4

しかしして、にょうぼうの意見もキクチとおなじだった。

親としてのおれの役割、みたいなこと#3

クソ父親は語る。

親としてのおれの役割、みたいなこと#2

親としてのキクチができる唯一のことは。 「ムスメっこの希望にできるだけ添う」である。

親としてのおれの役割、みたいなこと#1

※ムスメっこの進路決定に浮かれて10/1に書いて塩漬けしといたものをおめおめとさらす。

長い1日(リベンジ編)

そんなんわけで、しばらくはムスメっこの今回の出来事をつづける。 「つづける」の詳細(能書き)はこのエントリーの末尾にて。

負けず嫌いのベクトル

こんなキクチにだっていちおう、負けず嫌いな側面もある。

20回目の結婚記念日のてんまつ

コトのほったんはコレ(↓)。

ディケイズ

10/27は結婚記念日でビビる。 しかも20年とか、マジビビり返るですわ。 光陰矢の如しぱんぱかぱーん!

「ママにはないしょね」

どなたかがお子さんに。 「おかあさんには内緒だぞ」って追いおこづかいをあげた。 ってエピソードを読んで思い出した昔話をほざく。

建築様式のリベンジ案

前エントリーの「建築様式」のくだりを書いてて気づいたんだけど。

フライング「お父さん!」ぇ。。。

「キミにお父さんと呼ばれる筋合いはない!」 娘を持つ父親にとって都市伝説的な? ある意味、夢のキーワードあるじゃないすか。

何色オーシャン? その3

そんで、いまさらだしぬけに表題に戻るんだが。

何色オーシャン? その2

高校生でもやることが具体的にイメージできて。 しかもピンポイントである。

何色オーシャン? その1

父ミキオは書道を生業にしてて。 大学も書道科を出てるんだが。

2022年の家族旅行のゆくえ

温泉と城めぐり(とコーモンめぐり)で織りなす、キクチ家の年一回の家族旅行なんすけどね。