キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

身の上バナシ

制服のボタン(ムスメっこの中学卒業)

トガーさんとキクチが ガチで大すきな斉藤由貴。 の「卒業」っておうたあるじゃないすか。 名曲。 斉藤由貴 - 卒業

「ドラマおじさん」

ちょっと前からキクチはすっかり 「ドラマおじさん」である。 たとえば、えねーちけーの朝ドラ。 7:30からBSで観て、おおっておもうと 8:00からNHKで本放送も観る。 すげーっておもうと 23:30からの再放送を観るし、 土曜の1週間分一挙放送も観る。 まっく…

尺度みたいなもの

月曜からこっち。 まわりのあらゆる人に 気遣われまくってる気がしてならない。 そんな腫れ物です。どうも!! もすっ!!

長い1日 後編

電車を3本乗り継ぎ、 ムスメっこが進学する学校へ 入学金を払い込むために向かう。

長い1日

「9時半にきて」いわれてたので、 ムスメっこからちょっと遅れて ○高校へ向かった。

ツキは向いてきておる

金曜日。 ムスメっこからLINEがすっとんできて 何だ何だ? おもいつつみると。 * ムスメっこが中学にあがったとき。 にょうぼうの伯父さんが入学祝をくれて ちょっと奮発したチャリ。 きょねんの秋ごろ、 「えな」に行ったときカギをかけ忘れて 戻ってきた…

情報共有みたいなこと ムスメっこの「がんばれ高校受験」#5

「先週末にテストが終わり 来週頭に合格発表」という、 ザ・生殺しウイークな今週。

さっぱりわからん

前エントリーは ベロベロに酔っぱらって書いたので いらねえことをグダグダほざいてたり なんかへんてこだがそのままにしとく。 もともと、へんてこだし。

最後の国語とプチ反逆? ムスメっこの「がんばれ高校受験」#4

前エントリーの前に 表題のことを書くの忘れておった。。。

勇み足 ムスメっこの「がんばれ高校受験」#3

本チャンの試験を2日後に控えた夜。 「話があるんだけど。。。」 ムスメっこを伴って、にょうぼうが言う。

マジか(いろんな意味で) ムスメっこの「がんばれ高校受験」#2

国語過去問の虎の穴(←ネーミングセンス?) 「クソ父親、とうとうムスメっこに惨敗」 「の、リベンジ」 同時上映「あまつさえ、にょうぼうも参戦」 さらにさらに 「ムスメっこの高得点は本物か?の検証」 とか、いろんなものがぶら下がっちった 日曜日のお…

覚醒? ムスメっこの「がんばれ高校受験」#1

(ゆうべ酔っ払って下書きして 間違えて予約投稿しちゃったやつを ちゃんと清書っていうか大幅加筆して再ポスト。 のっけからいらねえ情報) いや、ムスメっこの第一志望な 都立高校の入試は2/21だから まだ1ヶ月足らずあるんだけど。

「いや、別にいい」とか、人生のぶっちぎりハイライト確定

木曜。 ムスメっこと2人でしゃぶしゃぶ屋に行った。 母は茨城の伯父の家に遊びいっちゃったし にょうぼうはお仕事で遅くなるし お誕生日プレゼントもあげてねえしってんで。 え? マジ?

「将来に対しての夢や希望」

赤子が生まれると 「ヒロシから一字とってもいいよ」 (ヒロシ・イズ・ザ・一字ぇ) 20年ぐらい言いふらしてんだが。 いまだに一字とってくれたひと、ゼロ! runkiguma.blog120.fc2.com いやあ、めでたい! 「きくお」「ひろこ」でも おれは全然かまわないぜ…

クリスマスの自意識過剰

大学のときはランボーのゼミに入ってて。 卒論は『イリュミナシオン』という作品について書いた。

ムスメっこの三者面談。「秒で」終わった

つづき。 父親がほめられた(?)まま 三者面談がはじまった。 持ち時間は20分。

ムスメっこの三者面談。超絶ビッグターミナル駅14:56着

金曜はムスメっこの三者面談だった。 中3のこの時期の三者面談なんて。 まあ、話すことなんて進路関連しかないし でいて、その「しか」が ものすっげえ重要じゃん。 ってなもんで。

なんでもないふうを装う

きのう期末テストが終わったムスメっこ。 帰りのホームルームで担任の先生が 「明日からテストががんがん返ってくるけど どんな結果でも気を落とさず しっかり受け止めて前を向こう!」 的なことを、おっさってたらしい。 なんだその言いぐさwww

三者面談つづきのつづき。クールガイ

つづきのつづき。 「私立は×××高校ですね」 進路希望調査をみつつ担任の先生がおっさる。 ゴクリ。 生唾を飲み込んだら、存外に音がデカくて 担任の先生やムスメっこに 「コイツ、ビビってるな」 気取られたんじゃないかってビビったぞ。 小せえ小せえw

三者面談つづき。コミュりょくゼロの父親

つづき。 教室に入り、席に着くなり訊く。 「2学期の学校での様子はどうすか?」 んなこと本来、別にどうだっていい。 でも、先制攻撃っていうか、こっちから口火を切るような形で主導権的なものを握りたかったんだろう。 すげえ広い意味で「カマす」ってや…

三者面談。漏れ聞こえてくる声に廊下で待っててビビり倒す

10月の終わりごろ、こんなLINEがすっとんできた。

その宝くじを買うか買わないか、みたいなこと

いらねえ情報的には。 「買わない宝くじは当たらない」 ってのが、座右の銘っていうか行動指針で。

あそこからこっちのほうが、もう人生のはんぶん以上

二週間ぐらい前に。 学生時代のパイセンとサシノミをカマした。 場所は、武蔵小杉。 (武蔵小杉ってなんか街として 台風で色がついちゃった感じがするけど これを書いたのはサシノミの直後なのだ。 いらねえ情報)

「何で文学部?」もんだい

文学部仏文科出身である。 んで、これは 文学部オトコ超絶あるあるなんだが。 「何で文学部?」 「何で○○学科?」 みたいなことは、現在に至るまで 控えめに言って3京回ぐらい訊かれてきてる。

(これは、とっても悪い例です)

台風が、ものすげえスケールでもって 関東を直撃すんぞ。 夜から夜中にかけてピークという土曜は。 朝から、ラジオもテレビもネットも そればっかしでビビりはじめたが。 まだなんつうか、こんな言い方アレだが 反面ちょっと、ワクワクしてもいた。 あの台風…

高校入試の国語対策にイッチョカミ その2

じゃあ、毎土曜の夕方。 過去問を1年分ずつやってこうってなって。 クソ父親はいちおう教える身だから 準備しなきゃとおもったら。 前もってじぶんで実際に解いたあと 答えをみつつすべてを理解したうえ 説明できる段階までもってく、ってのに 手間と時間が…

(生存報告兼)高校入試の国語対策にイッチョカミ

9月中旬から、毎週土曜に ムスメっこと国語の過去問をやることにした。 これが、なかなかで。

「ほんとうに気が重い儀式なんだよ」

今朝、家電が鳴ったので何かとおもったら 「吉田先生が亡くなったって」 と、電話に出た母。 大物が亡くなったというニュースがあると 「一つの時代が終わった感パねえ」 的な物言いをよく見かけるが、 じぶんにとって、まさにそんな感じ。

北海道マラソンに対する憧れ

北海道マラソンに出たわけじゃないし 出たこともないんだが。 あまつさえ、きょうの北海道マラソン。 走ったかたもいっぱいいるし そこにそんなおれがイッチョカミすんのも ちょっとどうなのよ?って想いを端に置き 薄くやすくほざいとく。

人生でほんとうにムダなものとノリ弁実業(ノリ実)

きのうのエントリーをものして。 「いきおいで、てめえの高校時代がいろいろフラッシュバックしちゃうんじゃねえの?」 「それをブログに書いたら、1ネタできあがるんじゃねえの?」 ちょっと期待してたんだが。 ガチで暗黒すぎてぼっちすぎて、ひとつ足り…