キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

スポーツ

メンタルのつおさ、みたいなこと

松山英樹イッチョカミのつづきなんすけどね。 こまけえことはわかんねえケド、とりあえず「どういうメンタルだよ?」っておもうじゃないすか。

パズルを完成させるもう1ピース、みたいなこと

イッチョカミ芸人としては、ですね。 ニワカ丸出しで早起きしてゴルフをみたわけですよw

びわ湖毎日マラソン

ってショージキ、ビミョーな立ち位置だったじゃないすか。 いろんな意味で。

全盛期二度、みたいなこと

大坂なおみ、すごいよな。 誰かが杉山愛に「さらに成長するための課題は?」って訊いて。 すげえ長い間考えて「ボレー」ってあえて言うぐらい、弱点がなくなってるもの。 (大坂はあんなサーブとストロークがあればボレー必要なくね?っていうスタイル)

(妄想100)神林勇太が疲労骨折してない世界線

今年の箱根駅伝をみててつおくおもったことのひとつは「現実に起きてることがたったひとつの真実である」ということだ。 ぼくたちあたしたちが生きてる世界に「もしあんときこうだったらなあ」はない。 だからこそ現実を直視し、いまの現実と数分後の現実と…

箱根駅伝。青学のオーダーがまったく読めなくて楽しい

きのう、箱根駅伝の区間エントリーが発表された。 それを見たら青山学院の今年のオーダーがある程度わかるとおもったんだが、いい意味でおおってわかったり、逆に謎が深まったりしたので、何となく書いとく。

どっちもすごい、みたいなこと

こんな物言いはまったくもってアレだってのは承知してるが。 「江川卓が再評価された」「いまの若いひとたちにも江川卓のすごさが伝わった」のは、コロナになって唯一といっていいよかったことだとおもう。

箱根駅伝予選。専修大学やったね!

てめえはすっかり走らなくなったが、アスリートの走りをみるペースはいままでと変わらない。 ってんで、きょうは箱根駅伝の予選会をみていた。 コースが似てる立川ハーフもいちおう5回走ったことあって、軽い愛着もあるし。

人生の岐路、みたいなこと

きょう、こんなニュースが出てて。 ゆきがかり上?、イッチョカミしとく。 hochi.news

言う言わない、みたいなこと

カネヤンが「(大谷が165kなら) ワシは180k放っとった」言うのって 伝統芸能として十分成り立っちゃってる じゃないすか。

神林選手#4

今年の箱根の9区はもうそんなんわけで おめえ身内かよってくらい ハラハラドキドキしながらみてたので 箱根駅伝がすきなはずのキクチが 9区はあまり楽しめなかった。

神林選手#3

「中学で全国トップクラス」ってのは ちょっと香ばしいぶぶんがあって。 「カラダがデカいだけ」とか 「成長期がひとよりちょっと早かった」とか 「競技者としていわゆる早熟タイプ」とか ままある。

神林選手

表現としてあってるか甚だ自信がないが。 井の中の蛙っていうか 大海を知らずって、あるじゃないすか。 小学校の運動会で圧倒的に速い子がいたとして。 その子は「学校単位ではいちばん速い子」なのか 「全国大会に出れるぐらい」なのか はたまた「桐生祥秀…

神林クン

ツイッターをフォローしてくだすってるかたは さぞ、うざかったとおもうんだが。 今年も箱根駅伝を目を皿のようにして見、 クソみてえなつぶやきをつぶやきまくった。

「自己ベストの更新」

いわゆる競技者と市民ランナーの違いは。 「順位目線か記録目線か」 ということだと思い込んでて。

カネヤンがグレートすぎるとおもう理由(前エントリーのつづき)

マンガ『巨人の星』で 金田正一投手(カネヤン)の 占める位置は大きくって。 物語的には 主人公の星飛雄馬が、かの 大リーグボールを編み出す そのきっかけを与えたのは、カネヤンで。

カネヤンと「野球語」と「プロレス」

きのう、金田正一投手(カネヤン)が亡くなった ということを夜のニュースで知った。 おれは昭和49年に生まれたので 昭和44年に引退した カネヤンの現役時代を知らない世代。 ゆえ、思い入れはないはずなのに 明けてきょういちんち、なんとなくずっと 「…

魂が揺さぶられる戦い

どうも最近、魂が揺さぶられるというか カーッと燃え上がることがないので、 てめえ鼓舞キャンペーンとして観てみた動画。 1991年の陸上世界選手権。 男子走り幅跳び。 (動画は最下部に貼っとく)

黎明期の陸上選手に超絶wktkする

子どものころに伝記を読んでからかな? 「人見絹枝」って おなまえを聞くだけで 胸のざわつきを抑えきれない。

(空耳?)サブフォーができてうれしいデース

こないだの東京マラソン。 ケニアのキプサング選手が優勝した。 記録は2時間03分58秒。 生中継でその優勝インタビューを 聴いてて、おれは驚がくした。

才能っていったい、なんなんだろう

きのう、テニスのウインブルドン。 165位のデルポトロが2回戦で 第4シードのバブリンカを破った。 一見、大番狂わせ。 なんだが、いちんち経ったいまも 興奮がおさまらない。

ビートローズさん(足立区シンシナティ在住)

それにしてもあれだな、イチローっての? あのあんちゃん、すげえよな。 日米通算で4257安打だってさ。 でもよお。 オイラだって、負けてねえぜ。 4256だもん。

おれらが生きてる間、こういう選手はもう現れないから目に焼き付けといたほうがいい

テニスでジョコビッチって選手がいて。 このたび「キャリアグランドスラム」てのを達成して。 それは史上8人目(男性)って それはそれはすげえことなんだが。 という、まあテニスじみたハナシで。 「テニスじみた」ってもそうテニスじみてない というか、…

やっぱディフェンスだよね、みたいなこと

スポーツを観ることがすきだ。 ○ッカーを除いて、たいていのスポーツは観る。 なんでサッ○ーを観ないのかは、知らんし。 どうでもいいので、措く。

年齢のこと、伊達公子のこと

クルム伊達「テニス以前の問題」全豪オープン初戦敗退 44歳で出場したクルム伊達が、涙で声を詰まらせた。「体がついていかない。年齢なのか、けがなのか、気持ちなのか。コートに立つべきなのか、数日考えたくらい。テニスがどうこう以前の問題かなと思う…

日本の男子がグランドスラムでベスト4に進出するということ

にしこりが全米オープンベスト4進出。 「日本人の」 「オトコが」 「テニスの」 「グランドスラムで」 「ベスト4進出」 って、超絶すげえじゃ 済まされないことなんだぜ。 と言っても、 キョーミないひとにはどれくらいの超絶だか ピンと来ないことでしょ…

「攻撃的な守備」ってディフェンスがただの防御じゃなくなる

守備から攻撃のリズムをつくる。 みたいなハナシ。

日本の男子がトップ10になるということ

にしこりがテニスの世界ランキングで 10位以内に入るのが、確定したとか。 「日本人の」 「オトコが」 「テニスで」 「世界ランキングの」 「トップ10に入る」 って、超絶すげえことなんだぜ。 と言っても、 キョーミないひとにはどれくらいの超絶だか …

プロ野球のレベルはずっとおんなじ説

「全盛期の王選手をいま連れてきたら、どんくらいホームラン打てるか?」 みたいなハナシがある。とする。 「通用するわけないじゃん。だって当時は球場狭いでしょ、変化球も少ないでしょ、圧縮バットでしょ」 という説がある。とする。 「だって、どんなス…

スポーツの指導者ライセンスについてつらつら

きのう、知り合いがこんなつぶやきをしていた。 サッカーの場合、 Jの監督になるにはB級→A級→S級ってライセンス制度あって、(確か)どんなに現役時代著名な選手だったとしてもS級取得しなければ監督になれないんだけど、野球はどーなんだ?「松井秀喜は将来…