キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

きょうの名言

当たり前のことを言う、みたいなこと

クリスマスの日。 ツイッターで変なのが流行ったじゃないすか。 今日は、自分の生まれた西暦の年と年齢を足すと、世界中の人が皆、2020になるそうです。 うんぬん。

ウソをつかない/人のせいにしない/言い訳しない

ちょっと前にyoutubeでデーブ大久保の動画をみてたら、表題。 なかなかいいこと言ってるじゃん、と。

流行語大賞

きのうだったかおとといだったか、朝のワイドショーで「JC・JK流行語大賞」ってのをとりあげてて。 prtimes.jp

ゲームチェンジャー、みたいなこと

かつて「おか野球ずき」(未経験なのにやたら観てはいる)だった者としては。 今年の日本シリーズはわりと一所懸命観てて。あまつさえ、今年はかんぜんにジャイアンツ目線で観てるんだけど、いきなりがけっぷちの3連敗っておいおいおいっていうね。。。

憧れるしかなかった

午前中、ラジオを聴いてたら伊集院光が末續慎吾と対談をしてて。これがやけに深みのある話で、時間の制限がなければずっと聴いてたい感じだった。

(つづき)隙がない、みたいなこと

「いいなとおもったらガンガンいって」 「アレ?とおもったらすぐ離れればいいんじゃない?」 立ち上がったのは、ぼくらの?いっちさんだった。

隙がない、みたいなこと

まあその。 前エントリーでいうところの「頭ガンガンのゆくすえ」なんすけどね。 土曜のオンラインウタゲ。 今週は「8時だよ!」じゃなく「9時からだよ!」で。 そんなことはどうでもよくって。

「こんなところでは泣かねえ」

ぼーっとツイッターをみていたら、国会議員(女性)が「女性はいくらでもうそをつける」って言ったってことがニュースになってて。 ニュースの中身を見てないので、それがどういう文脈で言われたのかどういう人が言ったのかということはわからないまま、発言…

苦しみはいつかなくなる/諦めた事実は永遠に消えない

ひきつづきムネコフさんのブログについてなんすけどね。

「うすあじブログ」

ちょっと前にどなたかが、どなたかのブログを「うすあじブログ」っつってて。 言葉選びの的確さとセンスに嫉妬しつつ、悶絶しながらうなってしまった。

「君はただただやさしいだけなんだ。」

斎藤雅樹っているじゃないすか。 むかしのジャイアンツの大エース。 「1990年代最高のピッチャー」なんて言われてもいる。 あ、そんなに野球野球した話をしたいわけじゃないから、野球に興味ないひともガマンがひつようだ。

じぶんがやりたいことより他人から求められていること、みたいなこと

こないだ「しくじり先生」をみてて。 そしたら広瀬香美の回で。

天狗になる、みたいなこと

「天狗になる」ってのは、高慢ちきになること、おもいあがってヒトサマをあなどること、またはその人。なんだそうな。 という、天狗になるメカニズム的な話。(いらねえぽえむ)

「出す」ために「入れる」

尻馬に乗っかるようでアレだけど おれは二週間ぐらい前に書かれた 糸井重里の「きょうのダーリン」が ものすっごい肚に落ちたんです。

「いや、別にいい」とか、人生のぶっちぎりハイライト確定

木曜。 ムスメっこと2人でしゃぶしゃぶ屋に行った。 母は茨城の伯父の家に遊びいっちゃったし にょうぼうはお仕事で遅くなるし お誕生日プレゼントもあげてねえしってんで。 え? マジ?

「努力の分しか結果は出ない」

川崎の等々力競技場で 市民大会がおこなわれるってんで 観に行ってきた。

「未来はすべて白紙っていうことさ」

前エントリー。 「すししょく人」のくだりは あくまでも前フリで。 表題の後半部「隠さない」とか 「隠す」と「あえて出さない」 あるいは「ことさら出さない」 について書こうとおもってたのに。 「すししょく人」のディテールができあがり、 力尽きてテキ…

「飲みが足りないんだよね」

夜、職場でボスと2人きりになると。 「キクチくん、仕事ばかりするのは カラダによくないんじゃないかなあ」 どうやら、話したいことがあるようだ。 ソッコーでパソコンの電源を落とし 近所の仕出し屋がやってる小料理屋へ。

「最近もう、苦しくって苦しくって」(ホルモン会あれこれ)

水曜は川崎でウタゲをカマした。 木曜朝、気づいたら。 自宅の寝室に転がってて。 だいたいウタゲで記憶ロストしても 断片的に何らかの光景は覚えてるはずなのに 中盤からまったく記憶にない。

「ほんとうに気が重い儀式なんだよ」

今朝、家電が鳴ったので何かとおもったら 「吉田先生が亡くなったって」 と、電話に出た母。 大物が亡くなったというニュースがあると 「一つの時代が終わった感パねえ」 的な物言いをよく見かけるが、 じぶんにとって、まさにそんな感じ。

「『原因の原因』を考えなさい」

こんな記事があった。 おお、すげえとおもった。 おもいましたとさ。 sportiva.shueisha.co.jp

「牙ってつけときゃ虎でも鮫でもイケる」

朝の伊集院光のラジオ。 ゲストは漫画家の高橋よしひろで。 どっかでおなまえ、聞いたことあるんだよなあ。 おもってたら、あれだった。 『銀牙』シリーズの作者。 むかし、ジャンプであったよね。 『銀牙 流れ星銀』っていう 犬のマンガ。

「美人すぎる○○」の価値を活かす、みたいなこと

表題のつけ方がへたっぴいだよママン。。。

「関東、チョロい」

先週末。 大阪からごえもんさんが出張だってんで 東京駅でのウタゲにイッチョカミ。 表題はそこでのごえもんさんのタレコミ。

「私は比べちゃいますね」

前エントリーにこんなコメントをいただいた。 感じ入った。 なので、勝手に言及しとく。 ご本人の許可も得ずw キクチさんと事情は違うと思いますが、私もインフレに震えてます。 ちょっとマラソンから離れたつもりでしたが、物凄い取り残され感に呆然とする…

魂焦がすメッセージ、みたいなこと

ムスメっこ。 解放感と疲れからか。 帰ってきたら、ムスメっこは飯も食わず。 ソッコーで寝てしまった。 日曜にそんなことをほざいたものの。 それどこじゃなく、高熱発動。 きのう(月曜)はとりあえず学校を休み。 きょう(火曜)から3日間、学校の行事で…

写真がすきかカメラがすきか、みたいなこと

15年ぐらい前だったか。 とある業界団体のパーチーがあって、 カメラマンさんと取材にいった。 * こうもんみえても、超絶人見知りなので。 パーチー的なものは、とくに苦手で。 「仕事だからしようがない」ってんで 必要最低限のことだけをして。 あとは…

「マラソンって30kまで退屈じゃないすか!?」

つくばマラソンの翌々日だったかな。 都内某所で官九郎さんとUkeさんとウタゲをカマした。 表題はそのときの官九郎さんの言。 ぽまいさては、感化されまくりだな? ⇒大迫傑、マラソンは退屈「たいてい暇。楽しいことはあんまり…」/陸上(サンスポ)

「『マラソンやってます』って胸張って言えるラインはどのへんすかね?」

こないだ、学生時代の後輩と4人で飲んだ。 つい先だっての福岡でサブ3.5を達成し 2週間後のつくばでもサブ3.5をやった さくちゃんの3.5祝いっ、てていで。 そのうち、表題のような話題になった。 んだが、それはあとにまわすとして。

「キクチ、まだジョグ?」

朝、起きたしゅんかん。 「あ、きょうはどうにもならねえな」 カラダの外側(筋肉痛)も、内側(内臓)も どうしようもなく機能してないので 1秒ぐらい、真剣にブッチを考えた。 気合いとか根性でどうにもなんないかもだが 気合いと根性でどうにかしてみよ…