キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

割れ窓理論、みたいなこと

「科捜研の女」ってドラマが大すきで。

みてるうちにそれはもはや。
その「大すき」は、ドラマがすきなのか、沢口靖子に見とれてるだけなのか、じぶんでもわからなくなってきちゃってるんだが、んなことはどうでもいいので、措いて。

先週だったか、先々週だったかの「科捜研の女」で、割れ窓理論ってのが出てきて。

これが1つのブログネタになるのかどうかわかんないまま、割れ窓理論って言葉がどうも心に残っちゃったので、とりあえずノープランでものしとく。

割れ窓理論ってのは、何も見ずに印象だけで書いとくとこういうこと。
脳内で噛み砕いた方向が合ってるんだかどうだかはわからん。

○何の変哲もないごく平和な町の廃墟。

○ある日、その廃墟の窓ガラスがたった1枚、割れた。

○廃墟なので、誰もその窓ガラスを修繕しないまま。

○廃墟だし、窓も割れてるし、まいっかってんで、誰かがコンビニ弁当のゴミかなんかをその廃墟に捨てる。片付けるひとはいない。

○めぐりめぐって、廃墟は不法投棄のすくつになる。

○めぐりめぐって、町の治安が悪くなり。

○やがて凶悪な犯罪につながる。

と。
ええっ!? これで合ってんのか?
まったくトンチンカンをカマしてやしないか?
まあいいや。

「科捜研の女」は刑事ドラマなわけで。

この日のストーリーってのは、ベテランの域に達してるのに、かたくなに昇進試験を受けず、ヒラのおまわりさんに徹してる一人の男にフットライト。

要するに、何の変哲もない平和な町がずっと平和なのは、そのおまわりさんがごく地味に、日々すみずみにまで気をくばって、「たった1枚の割れ窓」すら見逃がさずいつづけてたからこそ、なんでしたとさ。と。

と、ここまで書いて、
おのれのノープランがゆき詰まるw

ええっと。

その「割れ窓」って、
ぼくたちあたしたちが生きてるなかで
クソほどたくさん、遭遇してるやつじゃん。

あまつさえ、えてして。
のちのち、結果論的に
「ああ、あれが大きな岐路だったのねん」
って気づく&悔やむ、的なやつじゃん。

なんつうか、ですね。

のちのち結果論的に見直して
悔やむ割れ窓なんて、誰でもいくらでも、なんとでもできるもんじゃないすか。

ぼくたちあたしたちの身の周りで起きることって、しょせん凶悪犯罪までは至らないっていうか、リスタートしうるていどのこと、なはずで。

たった1枚の割れた窓を、いまさらかもしんないけど修繕してみたら、あるべきもとのすがたの平和な町、大復活パンパカパーン!

的なことにもなりうる。

「吉日」っていうように。

たとえどんなに日が経っていようと、割れた窓ガラスを発見しちゃったその日は、考えようによっちゃ、ひるがえっておのれの吉日にできうるしゅんかんでもあるわけで。

大チャンスのはじまりかもしれないわけで。

って、あいかわらずノープランで
あてどなく書いてたら。

♪あら、こんなところに牛肉がっ。

https://warcolini.tumblr.com/post/189059467836/%E7%A7%81%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%92%E3%82%84%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%82%88%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%A8%E6%80%9D%E3%81%86%E3%81%AE%E3%81%AF%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%92%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%84%E3%81%A8%E7%A9%8D%E3%81%BF%E4%B8%8A%E3%81%92%E3%82%8C%E3%81%B0%E5%BF%85%E3%81%9A%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%93
warcolini.tumblr.com

もうね。心根にガツンとくるね。

。。。

きょうはさいしょ、下北沢のウタゲのことを書いてたんだが。

どうもうまくまとまりそうもないので、割れ窓にさしかえた。

その下北沢でマルコリーニは、ことあるごとにおっさってた気がする。
「おめえキクチよお。。。」

あ、まちがえちったコッチだ。

なんなんだこれは。
ぽえむなのか? ぽえむなのか?