キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

悪いのはおれじゃねえ。こんな世の中かモンカフェだ、みたいなこと

「翌朝、ちゃんと早起きして走るために
ブログをものす時間を省いて早寝した」
「しかし、いくら早く寝ようとも
起きる時間はいっしょって何なんだろうね?」
「ただのよく寝たマンじゃねーか!」

みたいなことを、ひと言で何てんだっけ?

という、ブログの書き出しに見せかけた
いろんな方面へのエクスキューズなり。

そして、エクスキューズする必要性は
ビタ一文感じてないし、むしろ疑問だが措く。



いつ始めようと、ゴールはいっしょ。
って意味では「締め切り効果」なんだが
たぶん、ぜったい、明らかにちがう。

「グロスタイム」ってのも
通常の3倍の気合いを込めて伝えれば
ニュアンスとしてわかってもらえそうだけど
たぶん、ぜったい、明らかにちがう。

「ぎりぎりまで寝ていたい」
「根本的に走りたくない」じゃあ
すげえ広い意味でいえばちがってはいないけど
状態説明という、そもそもの趣旨から
明らかに外れてる。

まあいいや。

資格試験の勉強をはじめたら
早起きできるようになるのかなあ()
まあいいや。。。



きのう。
こういうカマトトぶりかたをして(↓)。
なお「走る」は含まれてないもようナリ。

でもけして、走ってないっすよ詐欺
的なことではなく。

でいて、何で今朝走ろうかとしたかというと
それはひとえに、危機感そのもの。
ど真ん中剛速球ずどんコレズバリ(ナツい)
で。

「タイムうんぬん以前に
走り切れる自信に著しく欠けてる」



ものすごく清らかに言い換えると。
「付け焼刃的な準備になってしまったが
マラソンの女神様に最低限の礼は尽くしたい」
って感じで。

あああああ。
ものすごく清らかに言い換えたら
すげえおもしろくなるっておもったのに。
やってみたらぜんっぜんおもしろくないばかりか
明らかに余分すぎて寝込んでしまいそうだ。

戦略的二度寝の画策。ド平日に。



。。。



で、珈琲の部。
くっそどうでもいい情報。

上記、よく寝たマン含め
「つまり、気持ちがそっち向かってねえ」
は正論だが、さておいて。



おれがはたらいている超絶大企業。
もうすぐ13年になるけど0歳企業。
(裏ボス古稀、ボス2回り上、女史、
そしておれさまちゃんの4人ぽっきり)

世間的な大企業みたいな福利厚生。
たとえば、保養施設があるだとか
会社と提携したジムを割安で利用でけるとか
勤続何年で休暇ゲットとか
そういうものは、あるわけない。

が、なぜかあるのが。
「モンカフェ飲み放題」

これはにょうぼう
(わりと大きい会社ではたらいてる)
には、ものすごくうらまやしがられる。

あ。にょうぼう。
コーヒー飲むと頭痛になるはずなのに
何がうらまやしいんだろう?
って、いま気づいたが、どうでもいいや。



飲み放題ったって、別に。
モンカフェをつくってる会社と
取引してるとか関係があるわけでもないし
取り立ててコーヒーがすきだってひとも
誰もいないんだが。

なぜかモンカフェは飲み放題で。
昼か、そのちょっと前にコーヒーを淹れる
というのが、行動パターンになってしまってて。

「コーヒー飲まない」が実行でけてないのは
仕方のないことだとおもうんだ。



愛用18年目になる職場のマイカップ
「マルイミレニアム(!)」には。
ドリッパーにお湯をまるまる2杯
注ぐとちょうどいい量になってて。

マルイミレニアム

上記ツイートみたいなことに気づくのは
だいたい。ドリッパーに1杯目を注ぎ終わり
2杯目を注ぐのを待つ。
お湯が濾されてコーヒーになるさまを眺めてるとき。
だ。

「アッーーーー!」と。

だからどうってんじゃないし。
「おれが悪いんじゃねえ。
世の中(職場環境)が悪いんだ!」
的な範ちゅうを越えるもんでもない。

ウエルカム・モンカフェ!



あ、あと。
前エントリーで言い忘れたこと。

横浜マラソンから一週間。
「10/29~11/5はアルコホール解禁」

「実はあさって、結婚記念日なんっすよ」
ぐらい、クッソいらねえ情報だが
チェキしたいひとは、チェキしといてください。