キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

2018川崎国際ハーフの経過とてんまつ

つくばの1週間前。
日曜に走ったハーフマラソンの振り返り。

結果を先に言っとくと。
1時間38分12秒(ネット)

当初、つくばの巡航ペース探りのつもりで
「キロ5分プラスマイナスいくつ」
をもくろんでて。
キロ5イーブンだと1時間45分台。
なので、一見クリア!

なんだが、ちょっと聞いてくださいな。



「4分20でいってみよう」
前日、駅伝で5kを走りおえて、おもった。

中間点か15kからペースアップして
とりあえず90分をカットしとけば
つくばも何とか、形になるであろう。

脚もぜんぜん大丈夫だし。



ってんで「90分以下」ブロックの
最後方に並んで、ヨーイズドン。
流れはスムーズで、最初からふつうに走れる。

1k、4分15。

念のため、これ以上あげないように
ポクポク進む。
多摩沿線道路に出て、2kから
419、416、417。

あ、ガーミンヌはほぼ誤差なし。
終盤でも前後3秒ぐらい。



4kの二子橋で河川敷に下り、
未舗装路がひたすら下流へ行き、
折り返して18kまでつづく。

体感は、ゆるいジョグ。
橋の下で演奏してくれてる
中学生のブラバンに合わせて
口笛を吹いてみたり、そんくらいよゆう。

5k、416。6k、421。



あ、やべえ。
油断しすぎて4分20超えちった。
心のなかでてへぺろをカマしてると

ぬーん。

股関節がいきなり、
けっこう盛大にいやな感じになる。

7k、424。

「3回ぬーんっていったら、
ジョグに切り替えよう」

おもってるとすぐに、
2回目、3回目のぬーん。。。



スピードだか走行距離だか走行時間だか
何の限界なのかはよくわかんないケド
とりあえず、スピードをゆるめて
ぬーんいいそうもないところを探る。

8k~11k。
442、450、448、445。

この辺かなっておもってたら。
12k、459。。。



12kすぎの折り返しのときには
完全にふてくされモード。

おもしろいほどごぼう抜かれしてって
おもしろくもなんともねえ。
ったら、ありゃしねえ。



「折り返したら気分を入れ替えよう」
ちょっとおもったけど。

13k、502。
とうとうキロ5か、マジか。

でも、ぬーんいいそうもないペースは
まだまだみつからない。
14k~16k。
517、524、533。

うっわ。
誰だよ、420でいこうってったの。

おれだよw



とうとう5分30も割っちゃった。
クソつまんねー。
もうどうでもいいから早く終わんねーかなー。



って、やさぐれきっててハタと気づいた。
「このままじゃこのハーフ、
出た意味が、まるでなしおじゃんか」

ここまで、ぬーんにやさぐれただけ。
脚も心肺も、まったく負荷がかかってない。

もう、落ち着くペース探しはやめだやめだ!
残り5k、刺激入れてみねえ?



おっかなびっくりというか、
股関節をぬんぬんイワせながらペースを上げる。

17k~21k。
434、437、434、417、412。

股関節がぬんぬんイッてるから
右脚がまったく前に出ないけど。

等々力競技場に戻ってから300mだけ
すべてのリミッターを外して
全力ダッシュをカマしてゴール。



っていう、1時間38分12秒でしたとさ。
ちゃんちゃん。



「つくばの巡航ペース探り(キロ5)」っていう
所期のめあてを忠実にやればよかったかなあ。

とは、ビタ一文おもわない。

少なくとも
「6kまではよゆうで420でイケル状態」
「たぶん、前日の5kはまぐれではない」
ってことがわかったのは、収穫だ。



ただ。
1週間後に走るのは42.195kで。
単純にきょうの2倍の股関節ぬーんを
覚悟しなければならないわけで。

きょう、最初早めにいっちゃったのが
ぬーんの原因かどうかはわからんが
いずれにしろ。

「つくばをどんくらいで巡航するか」
という課題は、解決しないどころか
よけいこんがらがっちゃったw



いらねえ情報的には。翌月曜は
股関節ぬーんが案外なダメージで
走らないことにしといた。

その翌日の火曜は
キロ5をちょっとオーバーするぐらいで
10kちょいを走ってみたけど、
「ザ・ゆるゆるつなぎジョグ」
って感じだ。

これがキロ5だったらどうなのか?
4分50ならどうなのか?

ってのはさっぱしわからない。
(=ふりだしから1ミリたりとも進んでねえw)

どうしようっていうすげえ現実的なラインを
金曜ぐらいまで考えようとおもう。



。。。



ゴールしたあと、まさかずさんと落ち合い、
ハンバーグを食いに行っていろいろ話した。


ツイッターをながめながら、まさかずさん。
釈然としない感じで、独りごちる。

「こっちは川崎国際ハーフっすよ!」
「なのに、なんでよこはま月例のほうが
ぜんぜん楽しそうに盛り上がってるんすか!」

たしかにかに。
「国際」ってなんすかねwww



おれはそんなことよか。

まさかずさんはハーフでずっと安定的に
90分を切って走ってるし。
ちゃんと練習をなさってる感じなのに

なんでフルのPBが3時間22分?
のほうが、よこはま月例の盛り上がりより
100倍釈然としてないw



まさかずさんはこの日、自己ベストを出した。
86分台前半。

「去年の川崎でおれ、86分後半でしたよ」
「で、1週間後のつくば3時間04分台」

べつにプレッシャーをかけようってんじゃなく。
そんくらいで走れる力はあるんでっせ
ってことを伝えたかったんだが

たぶん、うまく伝わってねえぇ。。。



まさかずさん、つくばぜってーイケるぜ!
キクチもキクチで、オワコンなりにがんばれ。