キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

巻き返したい10月のその前に起きたこと、みたいなことその3

で、この0次会がまあ、おもしろいのね。

逆にいうと。
前回のたーはるさんおもてなし隊?

「0次会が最も盛り上がった」ってのが
「1次会にも出遅れたぶんざい」としては
1次会ですげえひしひし感じ取れたので
この日はなんとしても0次会からイッチョカミ

そう決めてた。



1次会の1時間前に集まって
立ち飲み屋でちょいと、という
「センベロ」そのものなわけですな。



で、きょうみなさんここに至るまで
30k走っただの
私は10kしか走ってないだの
「走ったあとのビールは美味い!」
言ってるが

ねぼうして、だらだらして
地図アプリが圏外で
きょう一歩も走ってないおれにとっても
ビールはちゃんと美味いし。

ナドト、ふてくされてんだが本質的だか
よくわかんないことを考えてて。



「本質的だかよくわかんないことを考えてて」
といえば、アレキさんで。

なんだこの謎のパワープレーぇw



0次会の主役は圧倒的にアレキさんで。

なにが主役たらしめてるかというと。
いまはじまったことじゃないが
「とにかくやたらとブログを読んでる」
「昔のこともやたら覚えてる」
ってのに、いつもビビらされて
この日も、すげえビビった。

あまつさえ。
「視点が真正面な正論」
「でいて、ちょっとシニカルなうえに」
「わけわかんない説得力がある」
って。

おれはナニ、雲つかむようなこと
言ってんだろう。



その感じをあたうるかぎり、
知らない人に説明してみよう
とするていを、してみっと。

アレキさんのブログってあるじゃないすか。
他とあきらかに一線を画してるブログ。
いい意味で。

「(第三者にとっては)どうでもいいことを
わりとだらだら書いてるんだケド。
なんだか読ませられちゃうし
それだけの読後感を必ず得られる。
謎の説得力がある(2回目)」ブログ。

っていう勝手な印象。



リアルなアレキさんは
ブログのアレキさんがわりかし
そのままポンっと出てきたニュアンス。

ああ、また雲をつかみはじめてるので
手前みそな実例を出しとくと、こういう。
富士山二合目にて「ほらっ、おもしろくもなんともないでしょ」byアレキさん(2016/06/21)

○熱心にさそっといて。

○平気で言う。
「ほらっ、おもしろくもなんともないでしょ」

なんだその矛盾。でもなんだこの納得感。

アレキさんを取り巻くものごとは
だいたいそういう方程式に乗っかってる。

「キラーワードがものすごくつおい」
みたいなことなんだろうか?



この0次会でもそんな感じで。
さてそろそろ1次会に向かいますかね。てんで
お会計をしたら、まさかの3000円オールwww

ほえあいず・センベロwww
ほわっつ・立ち飲み屋www



けっこう食ったし飲んだケド
あくまでこれはただの
プロローグっていうか、オードブルだし。

さすがに。
「もうわりとお腹いっぱいです」だとか
「3杯も飲んじゃってイイ感じです」ってのが
幹事のマルさんにバレたら、どやされる。
っていうか、申し訳なさすぎる。

ってことに、みなさんいっせいに気づきはじめて。
ゼツミョーな緊張感でもって
1次会のお店に向かったんでしたとさ。


たぶん、あと1回だけつづく。