キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

2017味スタ6耐その2(ユキねえさんとの胸突き八丁&レース経過)

味スタ6耐のつづき。
その1 オソフォー&遅刻

今年の味スタ6耐。
「1本でも多くユキねえさんに走ってもらう」
が、最大の目標だった。

「最大の目標」って物言いはアレだ。
ウソ、大げさ、まぎわらしい。じゃろ。
がだいたい、そんなんようなもんだ。



というのも。
ユキねえさんが走らないぶんは
たぶんおれが走ることになるんだろう。
ゆえ。



1本ぐらいなら、まあ仕方ない。

が「ほとんどぜんぶ」となると
さすがにカラダがもたない。

チームは10人編成。
おれは2番目、ユキねえさんは8番目。

ユキねえさんが「あとはキクチまかせた」
ってなれば。
後半、つらくなってきたところで
いきなり休憩時間が半分ってことになる。



あまつさえ。ひとたび。
ユキねえさんが「チェーンジ!」をカマせば
ほかの3人のオネイサマがたが
「アタシもアタシもー!」
の怒とうの山びこ打線を炸裂しかねない。

わがチーム(?)はチームワークが抜群で。
とくにオネイサマがたのチームワークは
そんくらい、抜群だ。。。

そうなれば、走るのはたぶんおれで。
マジ、おっかなくて仕方ねえ。

マジ、ユキねえさん、がんばってください!



敵もさるもので。

ユキねえさんは、会場に着いてから
ちょいちょい「走りたくねえ」を
会話に挟み込んでくる。

「ぜんぜん走ってないしー」

「なまじっか、この間、ちょっと走ったから
きょうもまだ、脚が痛い」

「シューズが合わなくて。
このシューズはふだん使いもしてるんだケド
ちょっと歩くと土踏まずが痛くなる」

「あいたたたたー。
きょうもこのシューズ、合わないや」

ナドト。あげくのはて。

「アタシが遅すぎて、みんなの足を
引っ張っちゃうから、走らないほうがいい」

ナドトw

あわよくば、1本も走らないで済ます。
ぐらいのことを企んでる。



おれはもう、なんていうか。
とにかく、ユキねえさんを励ましまくる。

「いや、ぜんぜん大丈夫っすよ!」
「ちょっと走れば、かえって足、軽くなるかも!」
「もう1本、イケますよっ!」

すべて、ポジティブ語。
超絶必死だ。



タイミングよく。
ウシさんが遊びに来てくだすった。

ウシさんは、ユキねえさんのお気に入りなうえに
去年の味スタ6耐。
下半身をタイツもっこりのままいらしてて
今年も、もっこりタイツでいらしてる。

2017年版もっこり(右↓)。
左はもっこりとはほど遠いっす、うっす!
2017-11-05-10-23-09

こういうときってさ。
気になるから、見ちゃいはするもんじゃん。
でも、あんま見てるのもなんだなってんで
チラ見ていどにとどめるもんじゃん。

でもでも。
ユキねえさんは、とても素直なかたなので
満面の笑みでウシさんの股間を凝視してて。
「ガン見しすぎ!」ってツッコんでも
けして目をそらそうとしない。

ぐらい、素直なかただ。



とはいえ。
もっこり効果で走る気倍増。
なんてことは、あるはずなく。

ウシさんが去るやいなや。
ふたたび、ネガティブ連発w

もっこりはもっこり。
アタシはアタシ。
って感じで、ほんとうに素直なかただ。



けっきょくユキねえさんは
3回走ってくださった。

チームの目標が36周だったので
出番の3回をコンプリートしたことになる。
スバラシイ。

ただ、よくわかんないのは。

こないだ、ユキさんにも話したように。
ユキねえさんとユキさんだけ
なぜかおれのことを「キクリン」って呼ぶ。
ビーバップ世代。

んだが。
この日は「キクチ」って呼んでくる。



おれはべつにどっちでもいいんだが。

「ブログと関係ない場所で
キクリンって呼ぶのは、変でしょ?」
と、アフターがはじまったころ。
ユキねえさん。



おそらく、なんかこう。

たとえば、静岡マラソンで。
官九郎さんの高校の同級生がいるのに
ハンドルネームで呼んじゃうと
「ギャハハ、官九郎て!」ってなっちゃう。
みたいなことを避けるとか。

ブログをやってることを隠してるから
バレるとめんどくさかったり
説明すんのがめんどくさいから
気を使って、知ってたら本名で呼ぶ。
みたいなたぐいなんだろう。

でも、キクリンからキクチの呼び換えにおいては。
まったく実をともなってないし。
どちらかといえば「キクチ」も
リッパなハンドルネームだし。

思考がハイレベルすぎて
まったくもって、ワケワカメw



ユキねえさんは、この日も。
アフターのカラオケ。
ノリノリで百恵ちゃんと明菜ちゃんを熱唱なり。

おれは何を言ってんだろう?


あ、走った結果をさらしときますね。
数字はガーミンヌから。

1本目10:10~。7'31"
3'41、3'43、0'08(3'17)(2.04km)

イーブンっぷりw
どうしても3分40以上かかっちゃうので
そんなじぶんに絶望しつつ
きょうは「キロ3分40台前半でのレペ」
ってことにする。



2本目11:51~。7'44"
3'39、3'41、0'24(3'26)(2.11km)

1本目とおんなじ。
どうにかなんないかなあとおもうが
どうにもならない。



3本目13:34~。7'59
4'02、3'42、0'15(3'00)(2.08km)

6時間のうちの半分ぐらいのつらい時間帯。
「ああ、まだこの倍あるのか」みたいな。

ゆとりを持って入ったら4分かかっちゃった。
ので、焦って2kめはちゃんと走る。



4本目15:18~。7'40
3'47、3'36、0'16(3'08)(2.09km)

3本目の改善版。
監督から「1本目ぐらいで走らないとね」
って、圧をかけられて
ちょっと一所懸命走ってみる。



5本目15:54~。8'01
4'22、3'39(4'01)(1.91km)

これは、ゆえあってダウンジョグ。
「ゆえ」については次エントリーで。


たった2kなのに
1kを3分40台でしか走れない
おのれにガックシする。
ペース的に5000mかよっていう。

でいて、きょうはカラダじゅうバッキバキで
カマそうとおもってたオネカンをパス。

ってのはどうでもいいとしても。
もうちょっとどうにかなんねえかなあ。


遅刻の罰ゲーム。
その全貌については、つづく。