キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

25年ぶりの1500mにビビり倒す オトナのタイムトライアル3

オトナのタイムトライアル(OTT)の3回目。

1500mと5000mに出たんだが、
ここではセンゴのこと。
中3以来、四半世紀ぶりだ。ワクワクする。


ゼッケン。
2014OTTゼッケン1500
いちばん下にあるDってのはD組ってこと。

1500mはC組とD組に分かれてて。
D組はタイム申告が速いほう。

C組をみてたら場内アナウンス
「みなさんの目標、4分台」
とか言ってるので、アップしながら
そうだよねって、共感してた。



おれの目標タイムは前日のエントリーどおり、4分54秒。
打倒中1の第2章なOTTへのイキゴミ的なもの(2014/07/19)
なもんだから。



なんだが。

スタート15分前のコール(招集)。
集まったのはなにやら、ガチっぽいひとばっかだ。

「まわりのひとがみんな、じぶんよりすごそーに見える」
は、よくある。

さいきん、マラソン大会に関しては
ホントにすごいか、ハッタリっぽいかは
何となくわかるようになってきた。

そんなキクチセンサーがはじき出した回答は
「ココは、あきらかに、おれの居場所じゃ、ねえ」

ビビッと、来た。聖子ちゃん、ぐらい。

マンガだったら
コメカミに汗が流れ、ゴクリ、などと唾を飲む。
そんな感じで、ビビり倒す。



ペースメーカーの紹介。
「4分30秒の○○さんと
4分45秒の○○さんでーす」
ワーワー、パチパチ。

ん?
ワーワー、パチパチ。じゃねえ!
なんだよ、4分30と45って。

ビビり倒す。



もう、レベルの違いが明らかすぎな
おかげさまで、逆にスタートするまでに肚が決まっちゃった。

「これは競走じゃねえ。TTだ」
周りに流されず、じぶんで決めたペースを貫こうと。

グッバイ! ビビり倒し。



コレが動画。
最インからのスタート。
ほぼドンジリを走る。

おれのフォームがものすごくスローで、迫力がない。
ということは、ここではとりあえず、措くぞ。

カメラはゴール地点で
家族もそこらへんにいたんだが
1周目で早くも「コイツら速すぎっ」って、ジェスチャーを送ってる。
2周目なんかもう呆れて、ニヤニヤしちゃってる。
のが、映っちゃってる。

ビリを走ってるくせに、なんなんだコイツは、エラソーに。



ラップはコッチに載ってるように
0000-0300m 00:57
0300-0700m 01:21
0700-1100m 01:23
1100-1500m 01:19


いや、比較の妙で。
コレ、じぶんの設定にわりと忠実なんすよ。
遅いには変わりないケド。

じぶんの設定(↓)。
○序盤は力をセーブしよう、と。
○1000mまでは3分20秒でいい。
残り500mがんばって上げよう、と。
○遅いほうのペースメーカーが4分45なんで
10秒(50m)以上離されないように行こう、と。

1000mの通過は3分17秒。
前日、PBを叩き出した1000mTTよか、3秒も速い。
ケド、まだすごくよゆうがあった。
2014OTT1500garminLAP

ちなみにガーミンヌのGPSはこんな感じで
誤差はほとんど、ない。
1500GPS



とはいえ。
圧倒的にドンジリグループで
ムスメに対してはちと、恥ずかしい。

「もうこうなったら、チャンネーに釘づけになってやるぅ!」
反動で2周目以降、おれはチャンネーのケツばっか見てる。

動画ではそんなそぶりを微塵も見せない感じに映ってて、ホントよかった。
反動の矛先が、おかしくね。は、措く。
それこそ、ムスメに対して、恥ずかしい。

。。。

いや、ホンネを言えば。
ツーケーを凝視してたのは確かだが
ツーケー鑑賞にいそしむよゆうなんてなくって
必死の形相で食らいついてただけ、なんだけどね。
ツーケーに。

「いくらなんでも、オンナコドモにゃ負けられねえぞ」と。



なんだかこの動画だとオデコ部が
若いころの、でもちょっとキはじめてるころの
チハルマツヤマっぽくも見える。

そんなもん。
関係ねえし、どーっでも、いいね!



正式なタイムは5分00秒。
目標の4分54はおろか、4分台すらならなかった。

くやしいケド、結果は結果。
なんだが、ひとつ、加えると。



ゴール直前。
競技場の時計は4分50台を動いてた。
せめて4分台ではゴールしたいとおもい
軽くダッシュをかました。

確か、4分58秒でゴールラインをまたいだ。
と自覚していた。

手元の時計でも4分59秒ぐらい、だ。
2014OTT1500garmin



「時計おかしくね?」
とか、言いがかりつけたいんじゃ、けしてない。
てめえに、カミナリ、落としたいんである。

たぶんに精神論めくんだが。
ラスト1周。



おい、待て!
おれは「ほぼビリッケツ」に怒ってんじゃねえ。

ラスト、競り合うひとがいなかったとはいえ
おめえ、テキトーに流してたよな。

「あ、5分になっちゃうかも」
って最後、数10mだけダッシュかましたよな。
ラスト1周死ぬ気で走るってったのにな。

4分59と5分ジャスト。
たった1秒だケド、
その1秒は天と地ホド、違う。
雲と泥ホド、違う。
月とすっぽんホド、違う。

きょうのおまえは、地だ。泥だ。すっぽんだ。
5分かかったのは
計測間違いじゃねえのはモチロン
偶然のバッドラックでも、ねえ。

ちょっとつらいからって
「さいあく4分台ならOK」って帳尻合わせて
ベストを尽くさなかったからなんだよ。

そんなんで軽々しく、世界を語るな!
夢にきらめけ! 明日にときめけ!




あ、コレ喋ってんのは
「よいカツオくん」
「悪いカツオくん」
「シューゾーなヒロシくん」
のうち、3人目のほうね。

じゃっかん、シューゾーじゃない部分は
ツッコんじゃ、ダーメー。



まあ、シューゾーなヒロシくん
の言うことも、あながち間違いじゃなくて。
というか、おっしゃるとおりで。

やっぱ、じぶんでじぶんに妥協するとこう
あんまよくないATAG、後味が残るもんで。
いちばんやっちゃいけないことをやっちった。
そんな感じ。

結果も「打倒中1、ならず!」てなもんで。
25年ぶりのセンゴ、すげーおもしろかったんだけど。



と。
アツくなってるバヤイではない。
ガックリしてるバヤイでもない。

なにしろ。
5000mのスタートまで3時間。
疲労をバッチリ取り除き
エネルギーをバッチリ補給し
カラダをバッチリケア、しなきゃなんない。



じぶんに軽く落としたつもりのカミナリ。
まさかこのあと、競技場周辺でとどろきまくるとは。

そんなこと知るよしもなく、5000m編につづくんであった。