キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ランシャツにビビり倒す オトナのタイムトライアル2

オトナのタイムトライアル(OTT)のつづき。

去年、今年と出てみて。
去年も主催者のかたがたがすごく
盛り上げよう盛り上げようとしてて
ものすごくありがたいとおもった。

ただ、初開催だからか、気になるところもあって
ブログに書いたりした。クソナマイキに。
記録会ってこういうことなんだ―オトナのタイムトライアル2(2013/07/24)


事前告知とストップウォッチ。今回、バッチリなされてた。
天候が不安定ななか、進行も的確だった。
まったく、申し分ない。

Qちゃんも言ってたように、
あのユルイフンイキもサイコーだ。



反省、というか謝罪。

雷雨の中断があったりして、競技場の時間がギリギリで
参加者に撤収の手伝いをお願いするアナウンスが流れた。

おれも手伝いたかったんだけど、
夜になってさすがにムスメもたれてきたので
走り終わってすぐ、帰ってしまった。

ほんとうは。
ムスメはにょうぼうに委ねて手伝うべきだったなあ
と、帰り道で気づき、すごく後悔した。
そこらへんの機転の利かなさ。

そんくらい、感謝の尽くせないレースだった。
ってことに免じて、なんとかひとつっ。



ただ、ひとつだけ、ある。
もうコレ、言いがかりですわ。



おれはレースではいつも、デサントのランシャツをまとう。
スカイブルー。

かたや、OTTでは1組につき3人ぐらい
ペースメーカーがついてくれる。
今年は、ユニフォームをつくったらしい。
OTTランシャツ
デサント! 左端のをチェキしたうえで。
きのうのおれ。
2014OTT

わかりづらければ、去年のおれ。
otonano2013

おんなじじゃないか!

というか。
右胸にOTTのロゴがついてないぶん
なんだかおれのほうがバッタもんみたい
じゃないか!



会場に着くと「おれ」がいっぱいいる。
その時点で、ビビり倒す。
というか、気恥ずかしい。

信号で停まったら横のクルマが、色までおんなじ。
ユニクロのフリース着て近所のコンビニに行ったら、
前に並んだひとが、色までおんなじ。

ぐらいの、気恥ずかしさ。
それはまあ、いい。



ペースメーカーをしてくれるぐらいだから。
大学とか実業団の陸上部、
あるいは市民ランナーの範ちゅうを超えた市民ランナーとか
みなさん、すげえ実力者。

参加者はみんな、そのひとを目印に走る。
ペースメーカーの後ろは、大集団になる。



からの、たまたまおそろいなランシャツってだけの、おれ。
オカルトだ。

マジ、運営ぐるみのドッキリとしかおもえない。
おれを貶めようとする、巨大な陰謀が
渦巻いてるにちがいない。



ペースメーカーのひとたちは
ペースメーカーをしてくれるぐらい
大会を盛り上げようとしてくれてるから。
走ってないときでも、トラック脇で大きな声援を送ってる。

その横を通りかかる、トイレがガマンできない、おれ。
変な自覚を身にまとい、トラック脇で知らないひとに
大きな声で「ファイトー!」

じぶんの出番が近づいて、バックストレートで流しをするおれ。
レース中のランナーが通るやいなや
じぶんの歩を止め、自覚たっぷりに
「ここ、頑張りどころですよ~」

そうしないと
「なんだこいつだけやけに非協力的だな」
と、おもわれたらどうしようとか、勝手にビビり倒してた。

なんだケド。
やってるうちにだんだん
なりすましも楽しくなってくるってもんで。



ちなみに、レースでは。
あまりにも遅かったおかげで
誰もおれをペースメーカーと間違えなかったみたい。

でしたとさ。
デメタシ、デメタシ。
ナイス、実力不足!



つづくっ。
次からはレースのふり返りで。