キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

横浜の中年おじさん飲みアゲイン、ミステリーアゲイン

ブログで書くべきネタらしいことが渋滞してて。

あまつさえ、8月に入って
なんとなくブログ書くのめんどくせえ
こんななくてもいいブログ、なくてもいいのかな
おもいはじめちゃったもんだから。
渋滞はいっこうに解消しないのに。

さらに表題のようなことが起きちゃったから
とりあえず先にそのことを書いとく。

ウタゲの詳細は、
全力さんのと官九郎さんのを読めば
もっとちゃんとわかりるらしいっすよ。

⇒全力さんキクチヒロシ飲みアゲイン。
⇒官九郎さん横浜の中年おじさんがブログを書く理由



そもそも。このウタゲは。
「ブログについて横浜の全力中年さんと
語り倒してみたいなあ」
というキクチの願いが、ほったんで。

6月に飲むことになった。
超絶人見知りのチャレンジ(2018/06/08)

が、
初対面が得意ではなかったことと。
ワタナベさんがおもしろすぎて
調子に乗って飲みすぎてしまったことが
当然のマリアージュを果たし

挨拶ぐらいしかでけず、終わった。



今回はそのリベンジ。
19時に川崎の塚田系のホルモン屋さん集合。
「きょうこそは!」ってんで。
すぐ隣の席をゲッツり、臨んだ。



で、まあ、言いわけくさいんだケド。
「くさい」っていうか、言いわけ100として。

朝いつも、おうちで握ってくおにぎりを
持っていかなくて、昼飯ヌキだったのね。

前の日に、UC(帰宅ジョグ)をカマして
それが予想外にヘロヘロになっちゃって。
朝、ギリギリまで寝てて
おうちを飛び出したゆえ。



あと、体調もなんだかおかしくって。
お腹がミョーにゆるくて。
ホルモン屋さんの入口で「ストッパ」を
ヘパリーゼで流し込んで、臨んだ。



でも、ケガの功名っていうか。
万全でないことを自覚してるもんだから。

ウタゲがはじまった当初は
ものすごくおさけをセーブできてた。

みなさんがビールをおかわりするころ
まだ1杯目の3分の1ぐらいしか減ってなくて。
「きょうはなに、セーブしてんすか!?」
「いやあ、おれもいいオトナっすから」
うそぶいちゃったりなんかして。



流れが変わったのは、19時半ごろ。
ひそかにご招待してた官九郎さんが現れて。

官九郎さんは東京の右上のほうだから
「川崎は遠いっすよ」ぶうたれてて。

集合時間にいらっさらないから
ああ、やっぱ来ねえのか、おもってたら
現れて。

席に着くなり、初対面なのに。
「横浜の全力中年さんって」
「走りはぜんぜん全力じゃねえですよね」
ぶちカマしてるのを訊いてたら
なんかてんしょんがおかしくなっちゃって。

飲みはじめちゃって。

トイレで時計をみて
「おっ、まだ20時じゃん!」
「うえーい、1時間しか経ってねえじゃん!」
っておもったのを最後に。

消息を絶った。



あ、これは覚えてるっ。
上記リンク、全力さんのやつ。
「やっぱり、キクチさんのブログは、まじで面白いっすよ。」
とお世辞をかましてみたところ、

辺境クソブログへの対面の感想は
「あ、読んでねえや」
「いつも高速スクロールはしてる」
「なに書いてんのかわかんねえしつまんねえし」
が3:5:4ぐらいが常態で
いいかげん、もう慣れたが。

世辞だろうがなんだろうが
「おもしろい」って言われりゃ
それはとてもうれしいもので。



あ、見栄はった。
「慣れた」はウソ。

そんなん、冗談だろうがなんだろうが
慣れるわけねえじゃねーか。
いちいち、地味に超絶へこんでんだぜ。

とか、どうっでもいいな。



。。。



「消息を絶つ」

場にいらしたひとならわかるとおもうが。
物質的にいうと、最初にラムを頼んで。
「コレうめえ!」
って、ユキさんがアゲインして。

2回目のラムを食ってたところ。
までは、覚えてる。



次に気づいたのは、25時30分すぎ。

まったく知らない道をあるいてて。
スマホで地図を確認したら
南武線の南多摩駅のまわりで。

体調とか酔っぱらい度を総合的に考えて
おうちまで歩くのはとても無理だってんで
必死にタクシーを拾おうとしてんだが
カントリーすぎてタクシーがぜんぜん通らねえ。

ってときに、一気に意識が戻った。



南武線の南多摩ってのは
競馬場がある府中本町の1コ手前。
むかしオネカン企画をやったときの
スタートゴール地点、な。

超絶ビッグシティからは
多摩川を10数キロ、上る。



だもんだから。

今回も横浜全力中年さんとは何も語ってないし。
よしんば、語ってたとしても
おれにはその記憶が皆無だから。

たぶんまた、アゲインしなくちゃなんないし。

ホルモン屋から川崎駅までの道すがら?
いっちさんに抱えられながらあるいてる
写真がバッチリ残ってて。

たぶん、謝罪飲みしなくちゃなんないし。

やはり、キクチは。
いいオトナでもなんでもなかった。

中2の右岸ヒロシ少年は、まさか30年後
44の左岸ヒロシ中年がそんなんだとは
夢にもおもってねえだろうなあ。。。



翌日。
謝罪的なDMを送ってみると、こういう。
FullSizeRender

川崎で飲むときはたいがい。
プロシードさんと南武線でいっしょに帰る。

でもこの日は。
南武線に乗る前にキクチは
行方不明になっちゃったらしい。

で。
プロシードさんが乗った電車は
登戸どまりだったっていう。



おおざっぱにいうと、
南武線はこういう位置関係。
川崎→→→→→登戸→→→→南多摩→→立川

おれは、なんで。
どうやって南多摩にいたんだ?

足もとさえ覚束なかったんだから
プロシードさんを出し抜いて
南武線に乗っちゃったってこともねえだろうし。

タクシーを降りるとき財布を確認したら
おそらくウタゲでかかったであろう分しか
お金が減ってなかったから。
「南多摩までタクシー」なんていう
富豪っぷりはしてねえだろうし。



足跡を知ることがでけるMovesセンセイは
先月でサービスを終了してしまったので。
この謎は一生、解明されないのだ。
ありがとうさようなら、Movesセンセイ

ミステリー、アゲイン。。。



プロシードさんのおうちは府中で。
おれは登戸のりかえだから。
「プロがキクチでキクチがプロで」なら
万事まるく収まったのになあ。

「おれがあいつで」なていで
おもったりもしたものの。

ウタゲでやっちまった時点でそもそも
どんな丸にもなりゃしねえんだぜ?


全方位的に。
ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ!