キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ルールとかマナーとかモラルとか、みたいなこと

土日でいつもにも増してアレだからシリーズ。

いやね。かすみんのとき、
かすみがうらマラソンでキョーレツに腹が立ったこと
こんなこと言ってたひといたじゃないすか。

おれもそんなB。。。ひとの数十分後を走りつつ
「まとめのブログでぶちまけたるっ」
おもいつつ、B女ガーに先んじられたので
タイムもブログも見事に先んじられたので。

安易なパクリとか同調っておもわれたらやだな
おもって、よしといた。



が、よすの、やめ。



おれはマラソンのなかで
かすみんのコースがいちばんすきなんだが。
同時に、かすみんは
走るひとたちの意識が最低だともおもってて。

だって。
後半、湖畔の生活道路を通ってて
沿道のかたがたがのべつ
自宅の目の前で私設エイドを用意して
あたたかく応援してくださってるのに。

私設エイドでくださったドリンクの紙コップや
チョコの包み紙、オレンジの皮とかを
数メートル先の路上とかレンコン畑に
よゆうで捨てるやつが続出してんだぜ。

親切、踏みにじりまくり。

おめえ、ただマラソン走ってるだけなのに
なにさま気取ってるつもりだよ、と。

王様気取りかよ。
っていうか、
100歩ゆずってガチ王様だとしても
それじゃ、人心は離れてくだろ、と。



これは、おれSUGEE的な
語弊が生じちゃうと本意じゃないんだが。
30kすぎだったかな。

おれの目の前で紙コップを
すぐ足元の路上に捨てたバカがいたのね。

用意されてるゴミ箱がすぐ横にあるのに。



あああ、とおもって。
それを拾って。
用意されたゴミ箱に入れたの。

そしたら
「ああ、疲れてるのにごめんねー」
って、ゴミ箱を持ってたひと。

「いいのよ、私たちが拾うから」って。
直接聞いたわけじゃないけどそこには。

「あなたたちはがんばって走って
疲れてるんだから、それはいいの。
私たちがやるから、ごめんなさいね」
って言ってるような気がして。



いやいやいやいや。

こちらこそ
ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイと。

きょういちんち。
あなたたちの生活に不便かけてるのに
あまつさえ、おれらこんなん無礼で
ほんと、すんませんねで。

おれ、このコース大すきだから
どうか、もうやってらんねえ
とか言わないでね、って。



ちょっと話はズレるが。
こういうマラソン大会で。
「走らせていただく」っていうのに
ものすごく違和感を覚えている。

いや、これはおれが頭がダメなだけ
かもしんないケド。

「走る」もんは「走る」で。
「らせていただく」って
ちょっとトゥーマッチじゃねえか?



それは確かに実際「らせていただく」
かもしんないケド。
本心から言ってるんならリッパだケド。
おそれいりますだケド。

「そう言っときゃいい」的なの
ちょっとはありはしませんか?

っておもう。
のはたぶん、おれがバカで無礼なせいだ。



でもそのね。
のべつ「らせていただく」。

なんか、マニュアルを感じるのね。
のはたぶん、おれがバカで無礼なせいだけど。

なんつうか、コンビニの
「こんばんわー、いらっしゃいませー」
「ありがとーござーやしたー」
「またお越し、くだいっせー」
な、匂い、しちゃって。

いや、コンビニの店員さんは
それにいちいち、
全身全霊を込めてるに違いないんだよ。
たぶん、な。

でも、そういう。



そして、そういうことにたぶん。
そこには、慇懃無礼
みたいなことも含まれてる。

ような気がする。
本人にそのつもりはなくとも。

とかね、44にもなったクソGGE、
いちいち、うっせーな。



。。。



ルールとかマナーとかモラル
みたいなものって、ある。

ルールは「決まり」だ。

マラソンのスタートで割り込むのはルール違反。
立ちションは、ルール違反。
っていうか、軽犯罪法違反。

確信犯的にやるひとは
マラソンを走る資格はない。
こんりんざいない、といっていい。



マナーってのは「人としての最低限」だ。

路上に紙コップとかバナナの皮を捨てる。
おめえ、じぶんの部屋にそれ、捨てれる?

人を突き飛ばしたり、罵声を浴びせる。
おめえ、ひとそれぞれの立場ってわかりる?

ルールとして明文化されてなきゃそれでいいの?
走る資格、あるとおもってんの?



モラルってのは「リスペクト表現」だ。

「がんばってほしいからドリンク用意しよう」
っておめえの善意を。
「目の前で投げ捨てる」
って無邪気な悪意で返されたら
おめえはどうおもう?

隣で歯くいしばってがんばってるとき
「おめえなんか、ただのターゲットだバーカ」って
わけのわかんないドヤ顔の拳を突き上げられたら
おめえはどうおもう?

速ければ、それでいいのかな?

そこに罰則はない(んだろう)が。
それでほんとうにいいとおもってるのかな?



とかね。



「私は紙コップは路上に捨てません」
「ゴミ箱がなかったら」
「次のゴミ箱まで持って走ればいいじゃん」

それはおれSUGEEEEEってほどじゃなく。
半歩立ち止まって、ちょっと状況考えりゃ。
きわめてアタリマエのことで。

アタリマエだから尊くはないが。
それやったからって褒められもしねえが。

それをアタリマエとおもうか
おれSUGEEEEっておもうかの
おもう部分の差って、大きいような気がするの。

すげえなんとなく、だぞ。



。。。



じぶんが大すきなスポーツの
大すきなチームで。

ルールにもマナーにも、
モラルにも、どうかなってことが取りざたされてる。

かつて栄華をきわめてたそのチームは
20年以上、泥を舐める屈辱を味わいつづけて
先だってやっと、栄光を取り戻した。

そのひさびさの栄光におれは、滂沱した。



やっと取り戻した栄光。
ここからがある意味、本当の勝負。

そこで、やらかした。

動画とニュース報道でしか知らないが
それはその選手やチームにとどまらず
そのスポーツの価値を貶めかねない
重い重い、冒とくである気がする。



ひょっとしたら、去年、王座に返り咲いた。
その責任感がゆき過ぎたのかもしれない。
あるいは、王座についたという
奢りがあったのかもしれない。

でも、そんなことは知ったこっちゃない。


敵でも相手でも、沿道の住民でも
よしんばじぶんでもいいが。
おんなじフィールドで戦うひとを
ドフラットにちゃんとリスペクトできてるか。



モラルもマナーもルールも
そこからすべて発するような気がするぽえむ。

きれいごとにすぎないかもだが
スポーツってそういうことだとおもうのぽえむ。