キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

「最近、注目してるブログはなんすか?」

GW前。
いまやすっかり恒例となった
「ホルモン会」のときのネタ。

いや、このエントリーで何を言いたいかというと
「おさけ、トゥギャザーしたくないすか?」で。
「ウタゲをカマしたいっすね!」で。

表題は、ただの釣りだ。
こういういかにもな表題挙げときゃ
いくら絶滅寸前クソ辺境ったって
ちょっとはアクセス増えんだろ。的な。

浅はかな打算イヒヒ。



いや、ウソだ。
いや、ウタゲをカマしたいのはウソじゃなく。



表題。ホルモン会のとき。
Sugiさんに訊かれた。ような気がする。
「おめえキクチよお」
「最近、村で注目してるブログはなに?」

Sugiさんもまあ、言葉のツギホ的に
投げかけただけなんだろうが。

コレ、なんだかとても興味深い質問な気がして。

あ、Sugiさんはけして。
そういうマルさんみたいな喋りかたは
してないとだけ申し添えておく。



何が興味深いかっていうと
「誰が誰に訊いたか」。

その場にはこの4人がいて。
Sugiさん、いっちさん
プロシードさん、キクティ



たとえば。
質問者Sugiさんが、キクティじゃなく
いっちさんかプロシードさんに訊いたとしたら。
答えた内容はそれぞれ、
いろいろだいぶん違っただろうし。

あるいは、質問者がSugiさんじゃなく
いっちさんかプロシードさんだとしたら
回答者キクティの答えはまた、
だいぶん違っただろう。

とかね。



よくわっかんねえケド。
「質問者の意図」と「回答者の斟酌」。
その組合せの妙が
3の階乗通りあったりして。

「じぶん→じぶん」も入れると
4の階乗通りもあったりして。

あ、ちがうか。4×3通りだな。
じぶん入れると、4×4通りだな。

もっというと。
おんなじ組み合わせになったとしても
おんなじ答えが出てくるとは
かぎらなかったりして。



そう考えると、
「じぶんの胸のなかにある」と認識してた答えは
実は、じぶんの外っていうか
相対的な関係性の上にのみあるのかな()

おもったりおもわなかったりする。
じゃあ、じぶんの意見ってなんだろう?

ん? 何ワケワカメなこと言ってんだぜ?



あ、コレおもろいっておもったけど
書き起こしてみたら、
さほどでもなかったでござる。。。



あまつさえ。

肝心のおれは斟酌もへったくれもなく
Sugiさんにどう答えたか忘れちゃったていどに
当たり障りのないことを言ったので。

このネタ、もうこれ以上
盛り上がれる糸口、ねえじゃんか。



。。。



じぶんがおもわず注目しちゃうブログって
どんなんブログなんだろう?

考えてみると。

どんなネタを扱ってるかにかかわらず
わりと2秒以内ぐらいに
「あ、これいいっ!」
っておもうものだったりする。
ことが、ほとんど。

これは、反射神経かフィーリングか第一印象
のもんだいなので、理屈で説明しがたい。



たとえば。

すげえビジョなのに
あんまピンとこなかったり。

そう大してビジョでもないのに
あまつさえ、このみのタイプでもないのに
なんかむしょうに気になっちゃったり。

すげえビジョに
ふつうにピンときまくったり。

するのと、おんなじニュアンス。

だから、さあ。
たとえがよけいわかりにくいパッターン。
何を言ってるんだぜ???



「最近、注目してるブログはなんです?」

。。。



けっきょく。
具体的なことは何ひとつ言えないままだが。

借りものではない
じぶんの言葉で編まれてるブログには
おのずと食指が動いてしまう。

その言葉どもに悶絶し、嫉妬し、
たまらなくわくわくする。



ちかごろ、ブログ村で
そういうブログにひっさびさに出逢って。
ブログを書くのが、なんだかまたちょっと
ひっさびさに、すげえ楽しくなってきた。
サッコン。

その「出逢って」と「書くのが」の、
脈絡がさっぱしわっかんねえぇ。


終始何を言ってるんだぜおれはぽえむ。




いらねえ情報的には、OTT終わってから。
スクワットとウォークランジをつづけてたら
それらがやっと「トレーニング」未満の
「生活の一部的なもの」になってきて。

土台の下地の下地がほんの少しずつだけだけど
積み上がりはじめたかな()ってことに
たまらなくわくわくしてきてる。
左ヒザの内側は、やはり杞憂だったぽい。