キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

キクチ改造計画

まあその、丸パクリっていうかパクリンチョというか
こちら(→コッコ脚改造計画)をみてたら
「むかし、表題みたいなものがあったよねえ」

って想い出しました。
ってだけのヨタバナシ。

本家「脚改造計画」みたいなタメになる度は、ゼロに決まってる。


大学2年のころ、ある暑い日。
ソノ計画はとつじょ、持ち上がった。
慈悲深い同級生どもによって。



「キクチはホント、クソほどもモテねえな」

「まあ、モテる要素なんか、ひとっっつもねえし、な」

「テニスもヘタっぴいだし、な」

「キモいし、な」

「アッタマ、わりいし、な」

「ビンボーくせえし、な」

「酒飲まなきゃチャンネーと話しすらできねえし、な」

「そのくせ、おれは周りとは違うオーラ出そうとしてるし、な」

「死ねばいいのに、な」

「でもでも、せめて服だけはコーディネートしてやろうか、な」

なんていう欠席裁判が
開かれたとか、開かれなかったとか。



「あすの11時、5万円もって御徒町集合な」

いきなりの通告。被告人に拒否権は、ねえ。
シャレオツタウン・アメ横で安価に一式そろえてやれ。って算段らしい。

何を買ったかもう忘れちまったが、
モデルにさせられて、着せ替えられて、
ああでもないこうでもないされた挙句、上から下までそれなりの一式が、そろった。
ような。気がする。

「モデルにさせられて」って、おれの着るもん選んでくれてんだよなそもそも。

ともあれ、「改造計画」の第一弾は終了した。



次の週明け。
おれは意気揚々と、学校に行った。
一式を身にまとい。

「改造計画」を知るものどもからは、「おお!」と声が挙がった。
ような。気がする。

いつもとは明らかにちがう。
一段、あかぬけた(気になってる)おれ。

ところが、改造したはずなのに。
あいかわらず、さっぱりモテなかった。

「ところが」というか、「やっぱり」。
キクチ改造計画に第二弾、第三弾があったのかは、もはや誰も、知るよしもない。

そして、現在に至る。



「うっわ、ガーミンヌ、ふだん使いなんですの!?」
「うっわ、仕事帰りのはずなのに、ランシュー!?」

これもアノ、アワスリーの1コマなんだが。
それの何がおかしいのか、おれには、わからない。

「クソほどもモテねえ計画」、まだまだ続行中。



。。。



ハナシは380度変わる。
ん?180度?
380度ったら、20度っか変わってなくね?

結果論。



ある程度、フルマラソンを経験したサッコン。

あるものは、より長いキョリを求め、ウルトラにはしり。
あるものはランに飽き足らず、ライドし、スイムし、にはしり。
またあるものは、トレイルに、はしったりあるいたりする。
行ったきり、帰ってこなかったりもする。

はたまた。
カラダのケアに、専念するものもいる。

そんな季節。
オフシーズン。



なにてめえごときが、エラソーに俯瞰してんだよ。
な、サッコン。



おれは、短いキョリを速く走れるようになりたい。
ないアタマをじぶんなりに振りしぼり、そう考えた。

10k以下。
1500mとか3000mとか5000mとか。

速くなりたい。

いやその。
「マラソンのために、スピードをつける一環として」
とかじゃなく。

っていうのが、去年おととしとの相違。

結果的にマラソンにつながりゃいいなあ。
という、スケベゴコロもないわけでは、ないが。

ただ、たんじゅんに、トラックをぶっ飛ばしてみたい。

いまは。
ジョグみたいなペースで長く走るか
ダッシュしてもじきにぜえぜえはあはあスローダウンしてしまうか、だ。
なのでもうちょい、トラック感を味わえるように、なりたい。

おれなりに、ぶっ飛ばせるように、なりたい。



ヒトサマが。
より長いキョリを求めたり。
およいだりライドしたり、上ったり下りたりするサッコン。

おれは、より短いキョリを求めてみよう。
と、おもってる。



短いキョリの、強い刺激に耐えうるだけの
脚力と、上半身と、心肺を、獲得したい。

ある意味、マラソンを目指すよか、キツソーだ。

でもそれが、41の夏の、キクチ改造計画!
キラーン、バキッ、ドカッ、バッシャーン。