キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

やっぱね、っていう。走る筋力は走ることでしかつちかえない、っていうね

おれのいまのマラソンの状態を
アメフトにたとえると。

第4Q残り30秒。スコアは0-6。
自陣48ヤードで4thダウンロング。
タイムアウトは使い切ってる。
という感じ。

アメフトを知らないひとは
何のこっちゃだろうし
そもそも、アメフトにたとえる理由が
わからんっ。


まあ、知らないひとのための
アメフトのルール説明など
おもいっきしシカティングして。

たぶん、これが最後の攻撃。
でも、残り30秒。
ランでムダに時計を進ませるわけにもいかない。

あからさまなショットガン体形で
なるべく時間をつかわず
1stダウンを更新しつづけるしかない。
と。

アメフトのラン攻撃とランニングのラン、
まぎわらしいな。



フレーッ、フレーッ、駒場学園!
今年こそは頼むぜ、日大フェニックス!
と、私信も取り混ぜたところで。



10回目のフルまであと、4週間ちょい。
秋の本命レースまであと、8週間ちょい。

本格的に走りこむべき、9月。
9月20日現在、月間走行距離
○ウタゲ帰りの酔いどれ3.5kmジョグ。
○ボッチ練でゼンラボッチに泣きを入れ
ヘタレの25kmプラスα。

計、30kmちょい。。。

こりゃ、マズイ。マズすぎる。
サブスリーとか、寝ぼけたこと言ってんじゃねえぞ!
マジ、完走もできねーぞ!



というわけで、日曜から
走ることに決めた。

何しろ、自陣48yd、4thダウンロング。
4Q残り30秒。0-6。

勝とうとするなら
というか、勝つならこれがたぶん
最後のきっかけチャンス。

ジョグ最優先。
仕事最劣後。



日曜は、起伏のある14km弱。
きのう火曜は、UC。20km弱。
きょう水曜も、UC。

走るペースはけして速くない。が、
1stダウンを更新しつづけるしか、ねえ。



いきなり走り出したうえに
がらにもなく勤勉っぽく走ってる。

このまま、
どこか痛めて(パスがインターセプトされて)ジ・エンドか
絶好調だった初夏ごろまで戻せるか
のるかそるか
フカキョンか大江か
ぐらいの、4thダウン、ギャンブル。

後戻りはできない。

まあ、またいつ
それどこじゃない事態が訪れて
もとのもくあみになるかは知らんが
いまできることをやるしかねえ。

開発を止めるわけにはいかねえ。



なんか、あちい。おかしい。



おもうように走れないあいだも
せめてもの、って
朝、家を出る前にBCTやったり
帰りに夜道でランジなんかしたりしてた。
落ち込みを最小限に抑えるために。



で、走りはじめておもったことが、表題。
たどりつくまで、長え。



たとえば、フッキンをやっとく。
フッキンは、安定する。
ハイキンをやっとく。
ハイキンも、安定する。
プランクから、肩甲骨を寄せる。
腕振りが、安定する。
ランジ、まっすぐ、外、内ってやる。
モモと股関節が安定する。

それはそうなのかもしんないケド。
それはやっぱ、「走る」っていう
総合的なカラダの動きがあってのもの。



補強、とはうまいこと言ったもんで。

走ったうえで
「ここをもっと強くしたら速く走れそう」
っていう、行ったり来たりがないと
まったく意味がないんだな
と、よおく、わかった。

ぜんぶ、ばらばら。



なら、補強のみは意味ねえ、
ってんじゃなく。

走りに活かす。
走るという動作のなかで、うまく
股関節をつかう。

フッキンとハイキンで姿勢を支え
着地で得た衝撃をモモから股関節とかって
うまく推進力に変えてく。

ってのは、じっさいに走って
感覚的な部分を微調整してくしかない。

ふだん、徒歩に気をくばっても
やっぱちょっと違う。

ひさびさに走るとミョーに意識しすぎて
足首動かしすぎちゃったりして
ヒラメ筋に負荷がモロにいっちゃったり、する。



ブランクから、たった3回
ちょびっと走っただけ。

で、ぜんぶわかったようなことぬかす
こう、ぬかしたくなる。

って赤っ恥っぷりは毎度のことだが
まあ、ちょびっと走ったら
つくづくそんなことをおもっちゃったわけですよ。

ブランクとプランク。
も、まぎわらしいな。



残り23秒、自陣35ヤード。
ぐらいまでは来たのかなあ。

まあ、そんなことでたまにゃ
ネタのひとつも吐くことなく。



シリアスな面もチラ見せして
あら、ステキ、なんておもわれようとしてんじゃねえぞ、バカヤロコノヤロ。
そんなん、誰もおもわねえよ。

わかってますって。