キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ウォーキングでなんであんなに腕を振るんだ?

別にちょっとジョギングをかじったからって、
エラソーに言うつもりは、さらさらないんだが。。。



この動画の21秒とか23秒とかみたいな腕ふりで歩いている人を
よく見かける。
しかもなぜか、とりわけ30代ぐらいの「張り切ってウォーキングするわ」みたいな女性に多いタイプ。

ふつうに歩いてんのに、何で上半身だけ100m走みたいなの?
つう。
しかもしかも、そんな女史。
日焼けしたくないんだか知らんけど、
真夏なのにスズメバチを駆除するかのような完全防備なんだよなあ。
十中九・九ぐらい。

。。。

以下、オレの解釈が間違えていたらとんだ赤っ恥なんだが。

ジョグをしようっていう人って、
金哲彦とか小出義雄の本とか読む人、けっこう多いとおもう。

もちろん、オレも例外にもれず。

特に金哲彦なんだが、走る(歩くも含む)とき、
意識すべきは、肩甲骨、丹田、骨盤の3点だといっている。

フォームのキホンは、脚をぐいぐい動かすんではなく、
肩甲骨を動かすことだ、という。

肩甲骨が動くことで骨盤と連動し、
必然的に脚が前に出る、というメカニックで説明している。

つまり、バテてきたりスピードアップしようとおもったら、
肩甲骨を早く動かす(腕をうしろに振る)とピッチが上がる
ということだ。

おまけに、肩甲骨を意識すると、しぜん胸を張るから、
肺が広がって呼吸がラクになるはずともいっている。

まあ、ほかにも丹田、骨盤のこともあるんだが、
ここにはないのでカツアイ。


そこで、上の動画。

「30代女史スズメバチ駆除てい」は、
明らかに金哲彦理論とは違うロジックに従ってるんだろうな。
よくわからん。

なんか腕をあそこまで振るふかーい意味が、きっとあるんだろう。
まさか、二の腕を引き締めるとか、
カロリーを余計に消費するとか、
そーゆー(マジメすぎてつまらない)理由じゃないよね。

誰か知ってる人いたら、教えてほしいもんだ。

。。。

ちなみに、動画でシャキンシャキン腕を振ってるのは、
超電子バイオマンに出てくるメカクローンっつう、
敵のザコキャラ。

ポジショニングとしては、仮面ライダーのショッカー。

「30代女史スズメバチ駆除てい」を見るにつけ、
メカクローンみたいだなとおもっていた。
そんくらい、衝撃的な身のこなし。

ただ、メカクローン自体を
なに戦隊なにマンに出てくる、なんていう敵かも知らなかったので、
動画とか画像とか、けっこう調べた。
そんくらい、衝撃的な身のこなし。