キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ムスメっこの最近の動静

先週の土曜。
横浜マラソンが中止になったってんで。

水戸へのアクセスとか会場のようすを
確認するために。階下に郵送物を取りにいくと
ムスメっこのおともだちが泊まりにきてた。

「こんばんは! おじゃましてます!」

お、おう。
お話しするのははじめてだが。
顔はよく知っておりまするゾ。
(ビデオ何百回もみてるからな)

1年生なのに、運動会の1000mで
上級生をぶっちぎった○○ちゃんだった。
予想を裏切りやあがった! ムスメっこの体育祭1000m結果



ムスメっこは○○ちゃんとなかよしだ。
たしかにかに。
小学校のときはクラスがいっしょだったケド

いまはクラスも部活も違うのに
学校のようすを聞くと、よくおなまえが出てくる。

ムスメっこは
グループをつくって特定の子とつるむ
的な性質じゃないので、わりとレアケース。



小6のマラソン大会。
ムスメっこが前日にインフルにかかって
DNSになっちゃったとき。

「ななこがいないと、競うひとがいなくてつまんない」
ってSNSで言われたってのを聞いて。

なにをクソ生意気なと、そのときはおもったが。



それはおれがいっしゅん妄想した
「それじゃあアタシが
余計、独走になっちゃうザーマスおほほほほ」
的な鼻もちならないことではあるはずなくて。

純粋におともだちがインフルで休んで
つまんないなあってことだったらしい。



夕めし。

ちょっと前にムスメっこから
「○○が『今度、ななこのパパと3人で走ってみたい』って言ってたよ」
って聞いて有頂天になってはいたが。

初対面でそういう話をすんのは
ちょっと違うかな()とおもって。
お父さん的な器の大きさを人知れず発信しつつ
日本シリーズを観ながら
会話に耳をそばだててた。



ってったって、なんのことはない。
まあ、いわゆる年齢なりの女子トークっすよね。

「きょうは女子会。ワイン片手に女子トーク♪」
とかっておっしゃられてる「女子」とは
よくわかんないケド、どこかしら
一線を画す正真正銘感。

おっと、いや、なんでもない。



男子では誰が人気があるだの
あのサッカー部のパイセンがかっけえだの
誰は誰のことがすきなのバレバレだよねーだの
えーっ、うっそー?だの
あの子はちょっと男子に媚びすぎてね?だの
うん、アレはちょっとだよねだの

。。。

ん?
きのう、ホルモン食いながら
プロシードさんと話してたことと
そう大差ねーじゃねーか!

プロシードさんとおれが展開してたのは
女子トークだったのかよwww

この一線を画す、まがいもの感ぇ。。。



理解のある親のフインキを出そうとして
「じゃあ、女子だと誰がモテてんの?」

言葉のつぎほ的に訊いてみると。
しばし、ムスメっこはにやにや、
○○ちゃんはモジモジ。

ム「○○じゃね? こないだもコクられてたし」

○○ちゃんも、相応の自覚はあるようだ。
たしかに。
バスケ部の女子っぽいさわやかさと
ちょっと抜けたところが同居してる。

納得感はある。
東京ではちょっと難しいかもしれんが
狛江でなら十分通用する(デジャブ?)。

が、本人の自覚たっぷりっぷり
は、なんなんだwww



ということを言いたいんではなく。
ムスメっこは、なんていうかコウ。

クラスで誰それ(男子)が気になってるとか
ジャニーズの誰それに夢中とか
竹内涼真がすきでたまらないとか

そういう女子中学生的なところが
いまのところ、見あたらなくて。

それは、おれが父親だから
知らされていないだけで
実はにょうぼうにはよく相談してる。
というわけでもないらしいので。

ちょっとどうなのかな()とおもってた。



ちょっとどうなのかな()ってのは。

なんていうか。
おれも人並みていどには
ムスメっこを溺愛してるので。

「ムスメっこが馬の骨に熱を上げる」
を想像しただけで、ムシズがランする。

んだが、同時に諦めとして。
人間の成長過程のひとつとして。
そういうところを通るってのは
いつかたぶんかならずあるはずで。

それがビタ一文、見あたらないことに
一抹の不安を感じていた。

おれが中1のときなんて。
チャンネーの妄想ばっかしてたもの。
それは、おれがおかしいんではなく
だいたいの中1ってそういうもんじゃん。ゆえ。



ので。
それは時期が早いか遅いかだけのもんだいで
そういう関心がまったくないわけではない。

ということが。
○○ちゃんと話してるのを訊いててわかって。
ちょっとホッとした。

「ホッとした」ってのも
正確にはちょっと違うんだケド
だいたいそんなんようなもんだ。



「食べものとかマンガとか、マラソンとか
○○とはこのみとか、すごく気が合うよねー」

「ホント、そうだよねー」
なんてほほえましい会話をしてたり。

で、いて。
「きょうは女バス、どんくらい走った?
テニス部はこんくらい」
的な、マラソンのライバルとしての情報交換
みたいな話もしてて
なんだかとてもいい関係だなあっておもった。

おもいましたとさ。



翌日、日曜は。
新横ぐるぐるで朝早く家を出てしまったので
カノジョらがどうなったのかは、知らない。

が、土曜が登校だったので
振替休日になった月曜。の17時ごろ。

ピンポーン。

超絶豪邸のインターホンが鳴ったので
出てみると、○○ちゃんだった。

「ちょっと遅くなっちゃったけど、
家の用事が終わったので遊びに来た」
んだそうな。

ぽまいら、なかよしだなっ。



18時前。
夕飯のおともにおさけが要るな、ってんで
近所のコンビニに行こうとすると。

ちょうど○○ちゃんが帰るところで。
じゃあ、ってんで。
コンビニまでムスメっこと送ってこうと
3人でいっしょに歩いてった。



コンビニで別れると。
○○ちゃんはやおら、走り出した。

「○○は走るの、すきだからね」
そ、そ、そういうもんなんすかね?

コンビニでおさけをせしめ、帰り道。
「○○ちゃんに負けてらんないよっ!」
ホッピングを10歩ずつ。
おうちに着くまでセット。

おうちに戻り、缶をプシュ。
撹拌されたアルコホール、
シャワワワワー。。。



きょうのいらねえ情報。

夕暮れどきの街灯がない河川敷。
サイクリングコースの道幅いっぱいに
リードを張って犬のお散歩をすんのは。

マジ、チョー危険だからねっ。

リアル首なしライダーかよとおもった。

ペース走っすよを日和って実行した閾値走。
そんなんわけで1kぽっちで中止。
おれ、弱小超人杉でウケるわ。

明日は、味スタ6耐(リレーマラソン)。

1周2kのコースを
順当にいけば、5回ぐらい。
2kのレペなつもりで走る。

レペが何本になるかは。
ユキねえさんがどのタイミングで
「あたしゃ、もうくたびれたし
次からは代わりにキクリンが走ってね♡爆弾」
を炸裂させるかによるんだぜw

ユキねえさん、ふぁいと♪( ´ ▽ ` )ノ♡
明日は元気にがんばろ~♫

いやマジ、お願いしますよ。