キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

タマーダ、ヤナギザーワ、ダテナオート。

児童養護施設に匿名でランドセルなどが届けられる「伊達直人騒動」。
さいしょは全面的に好意的にみていたが、さすがにちょっとなあ、だ。

日曜にカーラジオで誰かが喋っていたことにナットク。
いわく、
「確かにニュースではあるが、トップニュースにすべきことか?」
「安易に騒動に仕立てて民衆を煽るのは、マスコミの姿勢としていかがなものか。
そういった一過性のブームによって児童らにもたらされるのは、必ずしも幸福とはかぎらないだろうに」
と。

ラジオ局の解説委員だかの言。
「自分もマスコミの一員なのでナンだが」
とおのれらの所作に踏みこんだところにも、この発言の意味はある。
とおもう。

かたや。
くされ縁歴およそ18年なBlack_Moominのきのうのtwitterより

頑張って病魔に打ち勝って欲しい!でも…プロチームとして契約更改は賛同できない。大宮は違う支援の方法があるのでは?彼にプロレベルまで戻れって言ってるようでむしろそれは酷な話大宮が闘病中の塚本と1年契約

伊達直人とコレ。
ものごとの本質はおんなじだと、おれにはおもえる。

ランドセルを贈るなり、契約更改に踏み切った人たちに
ある種の正義感や、おもいやり(みたいな心持ち)が含まれていることはわかる。

わかるんだが、誤解を恐れずに性悪説でふりきると
いずれも「しょせんイッチョカミ精神じゃね」なんである。
「そーゆー奴らが、こないだの選挙であんな投票をしちゃったんだよねええ」なんである。


同級生Black_Moominの危惧とは、ポイントがちとズレるかもしれんが、くれぐれも

○「伊達直人」を名乗って贈り物をした人たち全員が、これからもずっと贈り物をしつづける覚悟がある。
○どんな形にせよ、大宮がこの選手と半永久的に「契約」しつづける覚悟を持ってる。

うえで起こしたアクションであれかし!

。。。
こんがらがってめんどくさい。

もういっそのこと、
爆笑問題がラジオ番組みたいに、ネタにしちゃったほうがいい。

これ、漫才の芸風と同じ、きわめて高レベルな彼らなりのアイロニーだよな。
火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ(2010/01/18)

おれも考えてみたが、どうもいいのがおもいつかん(↓)。。。

「這ってでも出てこい!」伊達直人

「タマーダ、ヤナギザーワ、ダテナオート」

「とろろ飯、美味しゅうございました」伊達直人

「お荷物のお届けにあがりました。印鑑かサインお願いします」伊達直人

「左に曲がります。ピピー、ピピー」伊達直人

「This is curling!」伊達直人

「ダンカン、バカヤロー」伊達直人

「根性とやる気だけは誰にも負けませんので、ぜひ御社に!」伊達直人

「どーも、サイトーでーす。ぜんぶ勝ちまーす」伊達直人

「当店はチェーン店ではありません」店主 伊達直人