キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

心が洗われる。カロリーをとりすぎる。

0149

奥さんの会社の後輩に子どもが生まれたというのできのう、所沢まで馳せ参ず。
男の子。
ただ寝ているだけなのに、ずっとみていても飽きない。
なんでだろう。
マジ、心が洗われるな。
0147

ウチの娘。およそ6年経つとこんくらい大きくなる。
たった6年で身長は2倍以上、体重は6倍以上。
フシギだ。

爆睡、ギャルみたいな靴下、あぐら、チャイルドシート。
かなり高次元の「アンバランスなバランス」。

。。。

余談(1)
新生児室のご開帳は15:30から1時間。
渋滞を覚悟して早く出たら、道が空いてて早く着いちまった。

とりあえずおそい昼飯を
「入口に白髪白スーツの老紳士がいる揚げた鶏肉屋」で。
空腹時によくある「いくらでも食えるぜ」なムテキ感も手伝って、
油ぎとぎとなチキンを、きちんと、もりもり食う。

余談(2)
帰り道。
実はこの日は最初から
「黒いボッチで再加熱できるハンバーグ屋で飯を食う」
ということに決まっていた。

「揚げた鶏肉屋」は言ってみればハプニングみたいなもので、
そのおかげで腹は大して減ってないけど、
中野島の「でっけー少年」へ。

2種類ぐらい盛り合わせてある肉と
3種類ぐらいラインナップされてる「ご自由におとりくださいスープ」を2周ぐらい、
意地になって食い続ける。

あと、よくわからんが、なぜかこの日の「でっけー少年」には、
「幼稚園生にむかしのジャンボ尾崎みたいな髪型をさせる」みたいな
きわめて品のいい家族連れが多かった。

所沢で洗った心を、川崎で戻して、行って来い。
はー。

余談(3)=余談(1)+余談(2)
いま、生涯最高体重に迫る勢いで増量している。
この1、2ヶ月、おもうようにジョグできてないのもあるが、
こんな食生活ならしようがないな。

つい最近、去年の年末まで10ン年、90kgぐらいだった。
90kgを切ったこともあった。
うちの夫婦の合計体重ね。

それがいま0.1tに迫らんとしている。
これが寄る年波っつうやつなのかどうかは、知らん。