キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

どっちみち不安、みたいなこと

きのう日曜は、こたつみかん活動が忙しくってw

夕方から、全日本大学駅伝の予選会。

男子バレーのアメリカ戦。

女子バレーの決勝、イタリア戦。

 

その間に大河ドラマ「光る君へ」。

 

ネタ的には渋滞してるんだが、きょうはまあ女子バレーださあな。

 

 

バレーボールネーションズカップ(VNL)。

今年は五輪直前ということで、出場決定の最後の枠を争う戦いでありながら。

上位8チームに残るとトーナメント方式になる。

 

で、女子日本代表は。

五輪の出場権を獲得するばかりか、あれよあれよと勝ち進んだ。

 

今回は男子のほうが前評判が高いということで。

女子は「出場権は獲れるにしても、本番はキツいんじゃないか?」という世間の声(という名のキクチのドシロートこたつみかん)をよそに準優勝。

 

キクチの記憶にある女子バレーの最古の歴史は1984ロス五輪で。

それ以前がつよつよだったので、銅メダルに「終わった」的な取り沙汰され方をしていたが。

以後、ほぼ全部、メダル争いにはからめないポジションだったので。

 

「主要な世界大会で決勝進出する」ってのは。

キクチ的に初体験だったわけなんだよな?

とてつもない快挙。

 

 

キクチはセンター(昭和ぇ。。。いまはミドルブロッカーっていうらしい)の宮部っていう選手がチョー推しだ。

 

 

で、今回のVNLは「五輪出場権の最後の枠を賭ける」という文脈ではすげえ重要な戦いであったものの。

 

五輪本番はちょうど1ヶ月後に迫ってるから戦い方がむつかしいというか。

 

ガンガン主力を投入してできるだけ勝ち進み、その勢いに乗って五輪に乗り込むとか。

当落線上の選手を競わせて底上げを図ろうとか。

若手主体にして経験を積ませるとともに、こちらの手の内は見せないでおこうとか。

チームごとに戦略的な方針があったり。

 

「主力をガンガン出す」にしても。

故障したり、ここでピークを迎えてしまって1ヶ月後の大本番にピークアウトしちゃったら元も子もないわけで。

あと、主力をガンガン出せば、それだけ相手にデータを供給することにもなるわけで。

 

そこらへんのさじ加減って、むつかしいでさあな。

実際、決勝トーナメントの緒戦の相手、中国は主力をまったく出さずに日本にストレートで敗れ(てもそれはそれでいい)という作戦だったよね。

 

 

日本女子はVNL、「ガンガン主力を勢いに乗る」をえらんだんだとおもう。

結果、準優勝という快挙だったわけで。

間違いなく、勢いに乗る作戦としては成功したわけで。

 

でも、それはそれで不安は残る。

上記したなかの、負の部分。

疲労度とかデータ供給とか、手の内見せちゃったとかそういうことだ。

 

いっぽう、今回のVNLの最大の収穫って。

予選で世界ランク1位のトルコに勝利し。

準決勝では、トルコに代わって世界ランク1位になったブラジルに勝利した。

とくにこれまで何度も惜しいとこで競り負けていたブラジルに、5セットまでもつれ込みながら勝利したというのはなにものにも代えがたい経験と自信になったはずで。

ブラジルはフルメンバーでキテたし。

 

 

ここだけを切り取れば。

「ブラジルに勝った」事実は、はかり知れないモチベーションアップにはつながってるものの。

 

「じゃあ、五輪ではどうなのよ?」っていうか。

 

日本あるある的には、「もうブラジルには勝って当たり前」的なワケワカメな前提で報道され、世間の空気が醸成されちゃったりすんじゃん?

それがいい意味でもよくない意味でもものすんごい重圧となってチーム&選手にのしかかり。

けっか、おもうように行かなくてオーディエンスは勝手に本来の総量以上にがっかりしやがる。チーム&選手を追いつめる。

 

的なマジクソパターンを40年以上、何度も何度も何度も性懲りもなくくり返すのを眺めてきたので。

 

そうならないか不安だし。

 

もし「ブラジルに負けてた」としたら、やっぱ世界の壁は厚いぜブラジルつよすぎるぜとか、ほかにも実際的な課題や弱点ばかり浮き彫りになって。

 

不安なまま本チャンを迎えることになるしで。

 

 

そういう。

どっちみち不安と期待がないまぜになってるのって喜劇だよねというか。

どっちみち不安になるのって、要するに選手たちがそんだけ命を懸けて臨んでいるからこそなわけで。

 

この、がんばったらがんばったでというか。

がんばればがんばるほど不安にもなる皮肉ともいえる感じって、いったいなんなんだろうな?

 

不安を取り除くために猛練習を積み重ね、前哨戦でも結果を残してるのに。

それがまた新たな大きな不安を産むってハードモードオブハードモードだよな。

 

という、クソ安い感想をほざきたかっただけだ。

ガンバレ! ニッポン!(←クソ安いオブクソ安いぇ。。。)

 

 

。。。

 

 

いらねえ情報的には。

きょうのネタってむかし企てた(まま野ざらしにしてある)二律背反系?なんだろうね。

いま、トイレに行ったらたまたまおもいついちゃって。
「これなら、無限にネタできるんじゃね?」
ってんで、とりあえず「その1」をつけた。
ってだけのこと。

もう「キクチヒロシ ブログ」なんて。
公式気取ってんだかよくわかんないのを。
「二律背反ブログ」ってことにして。
「そのいくつまでイケるか?」にチャレンジするのにしてもいいぐらい。

www.kikuchiroshi.com