キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

OTTの結果とめあて(ムスメっこの駅伝チャレンジ その11)

OTTにはムスメっこも参加した。
22分36秒(キロ4分31秒)

とりあえず、動画どん。


オトナのタイムトライアル 5000m 1組 2019年1月6日

ぐわぁTをまとってるのは
けしてバカ親の強制ではない。
どちらかというと、みずから
前のめり、ノリノリでもってw

「えええ、コレ、恥ずくね?」
とか、言いつつw

まあ、この組。
親子対決だのぐわぁTだのほざいても
カナセンセイのご子息が
すべて持っていきましたよね。
元青学の高橋宗司をちぎったり。

ムスメっこはムスメっこで。
ありていに言うと
タイムは想定してたよか、ぜんぜん遅い。

4週間後の駅伝(2.5k?)。
「10分近辺では走ってほしいなあ」
という源氏物語絵巻をくり広げてたので。

2.5kを10分(キロ4)目標としたら、
5000mはキロ420~425ていどでは
走れてておきたいじゃないすか。ゆえ。

(キロ424で22分ジャスト)

でもでも。
それはあくまでバカ親目線で。
「こんくらいで走れてほしい」って
勝手な願望を背負わせてるだけなのかも。

って気も微レ存。
とかはまあいいや、措く。

いま、バカ親がこんなん状態だから
ぜんぜん練習を見てあげられてないケド。
OTTの日から、4週間。
ちょっとでも巻き返したい。

時間はまだある。
できることはまだ、あるはず。

。。。

すごくハードルを下げると。
というか、「距離」にフォーカスすっと。

「OTTで5000mを走った」
という事実が、今回の大事なことで。
あさっては3kのロードに出るんだが。

それらを経験しとけば、
駅伝の2.5kが短く感じられたい。
(日本語、おかしいデース)

ってのが、大きなめあてのひとつで。

あるじゃないすか。
「ウルトラを経験すると
フルが短くおもえる」とかいうの。

その縮刷版ってえの?

OTTの前日は
「ああ、マジやだ。走りたくねえ」
っつってたのに。

ゴールしたあと、訊いたら
「ビビってたほど長くなかったわ」
っつってたので。

作戦としては、成功。
距離に対する腰の引け方?
みたいのは減殺された。

めあてを果たした感はある。

って書いてて。
残りの4週間というか、
現実の「いま」「きょう」から3週間。

やるべきことがわかってきた。
時間はまだまだ、ある。(ひつこい)

。。。

で、にょうぼうとムスメっこは
じぶんが走ったら
おれの出番もとっとと帰っちゃって。
おれはアフターに行ったわけだが。

なまじっか、おれの出番見られなくって
よかったような気もするが、措いて。

帰宅するとムスメっこ。
「なんか、脚が痛い」と。
「水曜に区間決めがあるのに、どうしよう?」

???

えーーーーーーっ?
そんなのがあるなんて
聞いてないよ~(超絶斬新GAG!)

脚が痛いとかは別にしても
「区間決め」ってけっこう
大切なイベントじゃね?

その3日前に5000なんか走らせて
ダイジョブだったの?

つづく。

。。。

いらねえ情報その1。
バカ親の動画も。

走り方がおじいちゃんみたいだし
ゴール直前、脚のひきずり方がドイヒーw


オトナのタイムトライアル 5000m 6組 2019年1月6日

いらねえ情報その2。