キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

「OTTが不安すぎる」と、痛みの原因はほかのところにあるのかもねん、みたいなこと

夕方にちょろっとジョグ。

いまのじぶんにとって。
おなじキロ5分台でも

○キロ6に近い5分台 →ふつう
○サブ4ペース(540)前後 →そこそこ
○キロ530を切る →おれすげー!

で、きょうは6kのうち2回、
5分台前半が出たので、わりとご満悦。

しかし、明日日曜のOTT。
(オトナのタイムトライアル)
こんなん状態で、なにを目指して
5000mを走ればよいのやら。

じぶん比、前代未聞に不安だが。
とりあえず、走る前とか走ってる途中。
「どうしても走れないくらい痛い」
にならないかぎり、退く気はゼロ。

だって、アレじゃないすか。

DNS(棄権)とかDNF(リタイア)は
癖になりがちだし。
精神安定上、ビタ一文いいことはない。
ということを、去年のいまごろ、
いやというほど、学んだゆえ。

去年。 1月、赤羽ハーフDNS。
2月、神奈川マラソン、精神的にDNF。
3月、静岡マラソンDNS。

「精神的にDNF」って何ぞwww

。。。

朝、足の甲を超音波してて、
足の甲のなかでもいちばん痛いとこに
超音波を当てると。

ふくらはぎのある部分がピクピク反応する。
ということに、気づいた。

「これはなんなんだ?」おもって
ふくらはぎを触ると。
尋常じゃないくらいカチンコチンだし
足の甲のいちばん痛いとこに
超音波を当てたときピクピクしてたとこが
とりわけ、張っていた。

ってんで。
ふくらはぎ全体を手でもんでみて
なかでも張りがつおいところと、
ピクピクポイントに超音波を当てたところ

ふくらはぎもふにゃふにゃになったし、
足の甲も全体的にほぐれた感じがした。

まあ、足の甲のいちばん痛いとこに
どんだけ作用したのか疑問は残るものの。

「そういうことなのかもしれない」
おもった。

腸脛靭帯炎になったとき。
ダイレクトに痛いヒザを
いくらケアしても、ほぼ無意味で。
モモの外側をほぐせば解決する、的な。

「そういうこと」ってあるじゃないすか。

わけもわからず、やけにプンスカされて。
いくら下手に出てなだめても、
いくら指摘されたとこを直しても、
プンスカはいっこうになおらないのに。

飯食ったら、一発解決!
みたいな。

「おめえ、腹が減ってただけじゃねーか!」
的な。

わかりやすくたとえようとして
よけいわかりづらくなるパッターンぇ。。。

定時なのにジョグ日誌ぇ。。。