キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ズルい女

こむずかしいことを書きそうになったので
全削除して、と。

ネタがないので
にょうぼうの人となりを表す?
エピソードをさらしまーす。

20世紀の終わりごろ。

パイセン「キクチと付き合ってんだって?」
にょ「え、そうなんですか!?」

パイセンの結婚式で名古屋へ。
おれが式に出ている間、
にょうぼうは名古屋城へ。城にめざめる。

以来、一人称。
「しゃちほこ」または「しゃち」

そんなわけで。
ななちゃんがお腹にいるときの呼称。
「コシャチ」

結婚直後わりとずっと。
菊池のチを「地」と書き続けて
いろんな書類、再提出。

「えーっと、なんだっけ?」
「西武ライオンズのホームランいっぱい打つ人」

「あ、わかった。おべんとくんだ!」

中村剛也のことを言ってんなら
「おかわりくん」な。

なにかおいしいものを食べると。

「うーむ、これは。。。」
「甘からず」
「辛からず」
「うまからず!」

ダチョウのネタじゃねーか!

にょ「ねえ。箱根駅伝ってどこがゴール?」
キ「ヒント、放映してるテレビ局」

にょ「日テレだから。。。」
キ「それ系の新聞社、な」

にょ「毎日新聞!」(読売新聞な)
にょ「ということは、竹芝!」(竹橋な)

(ちょっとずつ全部惜しいケド、正解は大手町な)

「箱根駅伝ってどこまでいくの? 富士山?」

「甲子園ボウルってどこでやってんの? 東京ドーム?」

旧姓に「ぶた」が含まれてるので
名前にぶたの絵を添えるのが
にょうぼうの謎スタンダード。

あわや、お葬式の芳名帳にも。

おんなじパッターンで。
あわや、印鑑登録申請にも。

。。。

ラスト。
これは短く説明すんのがむつかしいんだが。

最近、結婚生活も長くなってきたし。
ムスメっこも思春期ど真ん中だし。

おれが言うことはすべて、親父ギャグ認定で
母子ともに完無視されるわけですよ。
「なかったことにする」前提。

そんななかで、1週間に1回ぐらい
にょうぼうにチョーツボるネタを
飛ばしたとするじゃないすか。

たとえば(あくまでたとえば)。
「そんなバナナぁ!」として。

そんなとき。
こういうことをするわけですよ。

キ「そんなバナナぁ!」

にょうぼう(完無視)
ムスメっこ(完無視)

。。。

2日後。
にょ「そんなバナナぁ!」

えーっ! えーーーーーーっ!?
ズルい女だ。

。。。

そうそう。
これとはぜんぜん関係ねえケド。
日曜はオトナのタイムトライアル(OTT)じゃないすか。

陣地めいたものはどうすんすかね?
織田フィールドのときみたく、
第3コーナーの頂点あたり?

それとも、等々力のときみたく、
ホームストレートの入口?
(100mのスタートあたり)

まあ、当日。
最初に着したひとになんとなくしたがう
ふんわりパッターンなのかな()

と、すると。 わが家の母子が1組目なので
おれ・イズ・「ザ・最初に着するひと?」

テキトーにツイートしますね。

あ、あと、アフターは当然あるよね。
村のひともはてブロのひとも
ビール飲みたいはずだよね。

キクチは飲る気マンマンなんだけど。
まあ当日、いきあたりばったりで。