キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

裏目がチョー降り積もってるブログ、みたいなこと

むかし、たかしさんっていうひとと
毎月、サシ飲みをしてた時期があって。

そのサシ飲みってのはだいたい、
お互いのブログをほめちぎるのね。

で、お互いに知ったような口をききあう。
「あの日のは、勝負エントリーですよね!?」
ナドト。


順番に補足してくと。



まず、たかしさんってのは。
ブログ村のマラソンカテゴリーで、かつて
圧倒的におもしろいブログを書いてたひと。

最近のひとにわかりやすく雑にいうと。
(って言いぐさが、なんか老害っぽいぇ)

「ぼっち練」
「ダジャレ山手線1周」
などなど、伝説の企画も産み出した。

おれが中途半端に知ってるかぎりでは
ブログ村マラソンカテゴリーにおける
唯一のカリスマ的存在。



ブログがどんぐらい圧倒的におもしろかったかというと。
「東のたかし、西のあやた」

昼の12時半に更新されるのが
まいんち、楽しみでしようがなかった。



んだが、残念なことに。
ある日とつぜん、ブログを全消去し
ツイッター、メール、LINE。
すべての連絡先を断ち、忽然と消えてしまった。

ので、
そのおもしろさを伝える手がかりは、ない。



もうひとつは、「勝負エントリー」。

わりとまいにちブログを更新してると
どうしても濃淡って出るじゃないすか。

「わりとまいにちブログを更新してるから」
っていう、わけのわからない義務感から
とりあえず更新しとけってのが
この話の筋でいうと「つなぎエントリー」。

次に、レースやみんな集まる足立のアフターみたく
濃厚な村的なイベントがあると
それを記録しとくだけで、ある程度
見られるだろうなあって見込める
「抑えエントリー」。



で、ほかに。

レースとかイベント性とは違うとこで
「これはINポイントざっくざくだぜ」
ってネタが降りてくる「勝負エントリー」
が、たまにおもい浮かんで。

で、いて。

じぶんが勝負エントリーとして
気合いを入れてものしたやつって
おもったよかぜんぜん、支持が得られなくって
あれれってなる。

ブログ村あるある?



でも、その。
「あんたの勝負エントリー、おれはわかってるよ」
「ですよね! わかるひとにわかればいいんです!」

的に、傷をなめあってたのが
「月例たかし飲み」の大まかな主旨w



あ、さらにいちおう補足しとくと。
「INポイント」

この辺境クソブログでいう文末の
「もしお気に召しますれば、あらよっと(↓)」
の下のバナーが押されると。

ブログ村のじぶんの得点がふえる。
それがブログ村でランキング化される。

っていう雑な補足でOK?



まあ、押されたら押されたで。

「じぶんのブログの
ほかのエントリーを見られることなく
ブログ村のサイトに飛ばれちゃう」

つまり、じぶんの書いたことが支持されるほど
ブログ村のアクセス数にボランティアで寄与する
っていう、何の得もないシステムなわけだけど。



かたや。
ブログ村とか、そのなかのあるカテゴリーで
そのランキングが上にいけばいくほど
じぶんのブログを見られる機会が
雪だるま式に増えるっていう反作用?
もあるから。

ランキングが上にいけば
ウィンウィン(超絶流行語)にあずかれる。

いや、辺境クソブログは
ウィンウィンとは無縁だから知んねえケドな。



。。。



ここで言おうとしてたことから
話がそれすぎた。。。



おれって、ブログ引っ越ししようと
してるひとじゃないすかあ。

「引っ越し」ってのは
ブログサービスを変えるってことで。

「ブログサービス」ってのは
アメーバとかfc2とかライブドアとか
はてなブログとかムラゴンとかワードプレスとか
そういうやつ。

おれはいま、ライブドアで。
でも、年末年始にライブドアからほかのへ
引っ越そうとおもって、準備を進めてて。

その整理がいろいろあるんだが。
とりあえず過去ログは9割ぐらい引っ越した。



でも、そんなこと。
見てるひとには、まったく関係ぶうじゃないすか。

なんでかっていうと、いまも。
独自ドメインっていう
ライブドアからは半独立的なことでやってるから。
(URLがkikuchiroshi.comっていう)

引っ越してもいままでどおりのURLで
もんだいなく見れちゃうゆえ。



そんなかで、まかりなりにも10年半
ライブドアでやってきて。

過去ログが2000以上あるってのが
ボトルネックになってて。

「それは過去ログを放置して
心機一転、新しいとこで!」
ってやれば、かんたんなんだけど。

まるっと引っ越したいって考えたら
あんがい、いろいろめんどくさくて。
過去ログを整理してるわけね。



あ、クソ長えケド。
年の瀬なうえに、3連休で
あまつさえ絶滅寸前のブログだから
誰も読んでねえし、いいや。

ってんで、もう少しつづけますね。



過去ログを整理してて、おののいたのが。

「2000ある」っていう数の論理じゃなく。
その2000の中身。

まあ、よくぞここまで
言葉の墓場を重ねなすったんですな。
という感じで。



それには2つあるんだが。
たぶん、ここではそのうちの1つについて
言うことにして、あとの1つは
そのうちまたどっかで言うとして。
(やんねえフラグぇ?)



「言葉の墓場」ってのは
ちょっとだけ自嘲も含まれてんだが。

(だって、まがりなりにも
そのときはよかれとおもって重ねてきたのが
2000以上も降り積もってるわけだし)

でも、それは。
ある時期限定の、瞬間的なウケねらいだったり。

書いてるときにてんしょんがおかしくなって
ワケワカメな方向に独走・暴走してたり。

場当たりのダジャレやギャグがさむすぎたり。

ってのが、多すぎる。



10年半・2000以上を
「アーカイブ」ってあえていうにしても
それはおれの「さぶい黒歴史アーカイブ」
以上のものはなんでもなくって。



すっげえ遠回りしてやっとたどりついた的には。

前エントリーで「忘却機能」ってった
その繰り返しが、もう、ひどいの。



たとえば、あるじゃないすか。
マラソンをしてて。

「次シーズンはこれを強化したろう!」
で、もくろみどおりにはいきませんでした。

「次こそは!」って
何度も何度もリピートをほざく。
「夏場はスピードに特化して秋以降にそれを活かす」
的なやつ。

それは、まだいいの。
「次こそは!」には
「今度こそ」が含まれてるし。



ここでもんだいなのは、
もうちょっと些細な日々の気づき。

じぶんでは世紀の大発見をしたていで
意気揚々とそれをものしておいて。
実はそれは過去に何度も言ってる。

っていう、パッターン。
いわゆる「勝負エントリー」
の重複が、あまりにも多すぎて。

おのれの忘却機能の信頼性が
確固たるものだと確信しましたよねw



。。。



忘れたことを忘れて
おんなじことを意気揚々とほざく。

ってのは、ある意味
「それだけそのことについて、
じぶんのなかで問題意識として高い」
ってのの裏付けになるのかもしれない。

「じゃあ忘れんなよ」ってのは措いても。



ただ、ブログ全体として、
ひとまとまりのコンテンツに見たとき。

半年単位なり年単位で
おんなじようなことを繰り返してたら。
本人のおもいのつおさの分量なんか
どうっでもよくって。

それはただの、重複にすぎないわけで。
「ちゃんと編んでひとつにまとめろや!」
でしかないんすよね。

おんなじの2つ以上は、ひつようない。



っていうのの何度も何度もくりかえしの
圧倒的な物量に気圧されつつ。

おんなじようなこと言ってても。
それは年月を経たことで
チョー降り積もってるわけだから(震)

というじぶんの過去への肯定作業で
やっぱり編んでまとめず、
引っ越し先にまるっと持ってこうとしてるんだよな。



サブ3.5歴、もうすぐ7年。
3時間ヒトケタ歴、もうすぐ4年。
裏目かどうかはともかく、降り積もってるわ。