キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

(たとえば)やめどき、みたいなこと

超絶豆腐メンタルなもんだから。

最近、「ぬーん」との付き合い方がわかってきたところなのに、「あまつさえ」もし左足甲が長引くような大ごとだったら、もういますぐ、走るのはやめちゃうとおもう。

「3月のはなももまでは」って、やっと気持ちに折り合いをつけたゆえ。


万全な状態かどうかはともかく、それなりに練習を積めてなければ臨む意味がない、じゃん。

このままズルズル続けるよか、いい潮時と割り切ってやめちゃったほうが、精神衛生上よさげだし。

そういう神のお告げだと解釈しちゃえばいい。

基本、神も仏も信じてないケド
マラソンの神様の存在は信じてるので。



きのう、地面にまったく着けなかった左足は。
きょう、ひきずってなら歩くことができるようになった。

それじゃあってんで。
超絶豪邸から200mのコンビニまで行ってみたら、往復で20分以上かかった。
キロ50分w

きのう、冷やしててよくなった気がしたので
「あっためたら、もっといいんじゃね?」
って、風呂に入って念入りにあっためた。

あるきすぎか、あっためたからか知んないが
けっきょくきのう程度に痛さがぶり返した。



ってのが、きょうの動静っていうか
ある意味の「速報」。
むろん、走行距離はゼロ。



。。。



で、まあ。
長引くかどうかなんてわかんないし。

わかんないことを考えてへこんでも、時間の無駄なだけ。

みたいなことを。
「明日起きても痛かったらどうしよう」
「わかんないこと考えてもしようがねえ」を
ない脳みそのなかで、行ったり来たりしながら
考えるともなく考えてたんだが。



長引く長引かないはともかく、
仮に、走るのをやめないとしたら。

復活するときは、以前の状態に戻すんじゃなく
よりパワーアップして復活したいじゃないすか。

なんかフインキ的に、そっちのが
かっけえっぽいじゃないすか。



そんでたとえば、ですよ。

左右差って意味では。
おれは「右」半身がきょくたんに弱くて。

ガーミンヌのデータをみると
接地時間は右のほうがぜんぜん多いし。
(多いほうが弱いってことらしい)
サイドプランクをすると
右は左の半分ぐらいの時間しかできない。

ってのと。

いま、痛いのは「左」足だから
左足で支える、体重をかける的な運動は、いっさいでけない。

ってのと。



それらに「いま、いやおうなく走れない」
ってのを掛け合わせると。

「その時間ぶん、右半身をおもくそ強化する」
って方向に全振りしちゃえば
ちょっとおもしろいことになるんじゃね?

弱点が克服されるばかりか
長所・武器にもなりかねないんじゃね?

「右ばっかやりすぎて、左のほうが弱くなっちゃってえ」
とかなったら、笑えね?



って考え出したら。
なんだか楽しくなってきちゃって。

きょういちんち、
右のサイドプランクばっかしてたら
右脇腹の筋肉痛がパねえw



左足の甲と右脇腹。
むかつく痛さとうれしい痛さがはんぶんこで、行って来い。