キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

厚底シューズとどう付き合ってけばいいんだろう、みたいなこと

ナイキのズームフライフライニット購入
に端を発した(?)シューズ問題。
うーむ、大げさすぎるな。

もうちょっと考えてみる。


ナイキのズームフライフライニット。

「走るのはおれだ。シューズじゃねえ」ナドト
北島康介きどりでちょっと斜にかまえたものの。

気になる気持ちがどんどんふくらんでって。



スキを見せると知らず知らずのうちに。

ググって情報を集めてたりとか
ナイキのサイトにいって「でも、高えんだよ」
って独りごちるプレイを
断続的に3日ぐらいくり返してるとか。
というおのれに気づいて。

ええい! ってキヨミズダイブしちゃったし。



せしめたらせしめたで。
届いたしゅんかん、試し履きしたくなったり。
使用感をブログに書いちゃったりした。

ということは、それだけ。
このシューズを気に入ったというか
感触がいままで味わったことない
衝撃的なものだったんだとおもう。

じぶんなりに。



で、あるじゃないすか。

ほんとうかどうかはわからないけど
「『脚を鍛える』って面では温存できすぎる」説。



そこに、次の要素もからんで。
「薄底と厚底をどううまく使っていけばいいか」
って話になってくる。

(このたびのナイキを「厚底」、従来のアシックスを「薄底」って一絡げに呼んじゃうと)



いや、別にそんな話にゃ
どこにもなってないな。

まあいい。
妄想をくり広げるのも楽しいかな。
おもって。



○価格的なもんだい。
「定価17280円って、アマゾネスでライトレーサーを3足買えちゃうぜ?」
「それをそうそう履きつぶすのは、小市民的に現実的じゃないぜ?」

○耐久性のもんだい。
「あまつさえ、500kぐらいしかもたないんだろだぜ?」
「10k以下を2回走っただけで、ミッドソールにしわ寄ってたぜ?」

○在庫の問題。
「わが家にはまだまだ履けるシューズがいっぱいあって、おろしてさえいないのだって何足かあるんだぜ?」



話を進めやすいので
雑にステレオタイプしとくと。

厚底=高い・寿命短い・脚の負担少ない
薄底=安い・寿命長い・脚の負担でかい
って感じで。



<パターン1 練習=薄、レース=厚>

「練習で負担をかけてつおい脚をつくり
レースでは温存できてればうまく走れる」作戦。

財布の痛みも、みにまむ。

当初は、使い分けるならこれかなとおもってた。
あとはじぶんに「レース=厚」が合ってるのかどうかだけのもんだい。



<パターン2 ポイント練=薄、つなぎ&疲労抜き=厚>

以下、レースは措いて。
じゃあ、ふだんのジョグをどうすっかもんだい。

「パターン1」の考え方を踏襲。
負担をかけるときにじゃんじゃんかけておいて
そうじゃないときは、じゃんじゃん温存。

で、うまく鍛えられて、それ以外にムダな(?)疲労を蓄積させずぱんぱかぱーん。
っていうパッターン。



<パターン3 ポイント練=厚、つなぎ&疲労抜き=薄>

逆。っていうか。
ポイント練はカラダに負荷をかけるものなので。
そこの負担を最小限にできれば
回復早い→ポイント練の強度or頻度が高められる→ぱんぱかぱーん。

っていうパッターン。



これは「ポイント練」をどう捉えるか?
ってことでも変わってきて。

ポイント練でも「力を貯めるやつ」と「力を出し切るやつ」があるじゃないすか?

たとえば、ロングのペース走とか閾値走、1000mのインターバルは「貯める」だし、おんなじメニュウでもTT寄りだったりとか、ポイント練代わりにレース出たりとかは「出し切る」、的な。

あ、まあいいや。
これは隘路に首をつっこむだけで長くなる。
これだけでひとつのエントリーができあがってしまう。
ここでそんなこまけえことほざくつもりは、ねえ。



ここで、というか。
このエントリーでいちばん言いたかったのはこれで。

加齢、ってあるじゃないすか。

現実的なもんだいとして。
加齢でなにがうっとうしいかというと。
「回復力が雪だるま式に落ちてく」ってこと。



いや、それ以外にも
○絶対的なスピードが衰える
○絶対的な体力が落ちる
○見た目がどんどんみすぼらしくなる
○よだれとかむかつく咳とか出たり、痰がからむ
○異臭を放つ
○ますますモテなくなる

とか、加齢にからむもんだいは、一般論であれ
パーソナルであれw、あるんだが。

やっぱ、回復力の衰えってのがいちばん切実で。



じぶんの実感からいうと。
35の誕生日をむかえたしゅんかんに、いきなりすげえがくっと落ち。
それから年々、みるみる落ちていき。
40の誕生日をむかえたしゅんかんに、さらにすげえがくっと落ち。
また年々、みるみる落ちていってる。

いま44なので。

たぶん、この先もみるみる落ちてくんだろうし
どこかの壁で「がくっ」も何度かあるんだろう。

それを言いわけにするつもりはビタ一文ねえが
客観的事実っていうか、生物としてしようがない。
あらがいようもないことで。



ただ。
強度の高いトレーニングをする頻度は
物理的に低くならざるをえないわけで。

もし、その「ならざるをえない」が
なんらかの作用で抑えられるんであれば
それにしがみつきたい。

って気持ちもある。
ってのが「負担の少ない厚底」に対する
一縷の希望、って意味合いも濃かったりもして。

まあいいや。



そうそう。
じゃあ、厚底に寄っちゃえばいいんじゃね?
「つなぎ&疲労抜き=薄」いらなくね?
は、お財布の事情だな。
あと、在庫の処理。



<パターン4 ぜんぶ=薄(もしくは厚)>

「使い分け」っていう前提をガラガラガッシャーン。
どっちか、じぶんに合うほうに寄っちゃう。

ここまでほざいてきたことを
すべてガラガラガッシャーンしちゃうと。

厚底だと負担が少ないとか薄底だと多いとか。
それは、比較論のおはなしで。

厚底だとまったくダメージがないとか
薄底だとダメージが致命的だとか
当然、そういう話じゃないわけじゃないすか。

そうしたら「合う合わない」で決めて
そっちに全振りしちゃう。

それもひとつの真理かもしれない。



。。。



あ、こないだのエントリーで漏らしたが。
関係ねえいらねえ情報的には、
ズームフライフライニット。

注文するときのサイズについて。

「従来よりワンサイズ上がいい」
(メーカーなりの誤差?)
「従来よりワンサイズ下がいい」
(アッパーがニットゆえ?)
って情報が飛び交ってるなかで。

従来とおんなじサイズでまったく支障はない。
おれは、な。

なので「ニットの密着感うんぬん」言ったのは
サイズじゃなくてニットっていう素材に起因した話になる。



ってのを、定時にアップし忘れてて。
起きたらアップされてなくて、ビビった。

誰も読まねえ辺境クソブログ。
なににビビってんだぜ?