キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

やべえ、おらなんだかすげえ楽しいぞ 2018つくばマラソン(ハーフから30k)

「混じるマン」との二人旅は、
前触れもなくとつじょ、終焉を迎える。

混じるマンがペースダウンしはじめたからだ。
21k437。

ハーフの通過が1時間39分29秒。
ってのを確認したとき、ある想いがキョライす。

「後半もこのペースでいきゃ、200分カットでける」

「いやいや、後半のハーフを90分で走って
3時間ヒトケタでゴールしたら、
いまのおれにしたら、だいぶかっけくね?」



「後半のハーフを90分」とすると、
31kまでをキロ4分20。
それ以降を4分10でいけばいい。

走りながらしたざっくり計算だが
それ、やってみようかなあ
って、なんとなくムクムクしだす。

これぞ、ザ・源氏物語絵巻。
「ぬーん」とかスタミナなしおとか
どこいっちゃったんすかね?



ってんで。
混じるマンからの巣立ちを決める。
ここまでありがとうございました。
いやマジで。



ところで。
うーん、このレポート?
どこがおもしろいんすかね?

「なんかすげえ楽しくなってきた」
っていう表題のエントリーを書いてて
書いてるじぶんがつまんなくなってきちゃったっていう皮肉。

まあいいや。どうっでもいいな。
つづけてみる。



20~25km
22:17/1:56:30(437、432、423、426、419)
22:18/1:56:46

ムクムクしだしたからって
いきなりペースアップはしない。
徐々にあげてって、何キロか進んでから
キロ4分20になじもう的な作戦。

ハーフ前から123号線に出るまでは
いままでのあぜ道とは打って変わって
森の中みたいなところを走る。

実際はどうだかわかんないけど
じゃっかんの下り基調?



22kから、432、423、426。
shotzってんだっけ?

去年のつくばでこめきちさんにいただいて
30k地点で摂ったら効果てきめんだったので
今年もひそかにせしめてた。

明らかに、視界がくっきりする。



目に効きめがあるのかは知んないケド
まあ、あれだ。
「カラダに効果が出てる」ってのの
こまけえ、こむずかしいことがわかんない
脳みそ足りないマンなりの、効きめレポート的なもんだw



123号に出たとこで25k。
ここまでで最速の419を叩き出す。

体感的には。
それまでのソフトな着地はそのままで
少しピッチをあげただけ。

キクチ、まだゆるジョグ。
チョー楽しいんですけど。



25~30km
21:28/2:17:58(419、410、426、415、418)
21:44/2:18:30

123号ってのは、何年か前に
コース変更になって通るようになった箇所。

地味な、っていうか
わりと目に見えるアップダウンが連続する。
でいて、それが先まで見渡せるので
「下って上って、また下って上るんならさあ
中間をとってずっと平坦で、よくね?」
っておもう、やなポイント。

コースがフラットなつくばマラソンで
唯一といっていいアップダウンなもんだから。
ここの走り方をポイントに据える人も
多いとか、さほど多くはないとか。



例年、26k地点。
つくば秀英高校の前あたりで
茨城の伯父とムスメっこがいてくれるんだが
今年は、いない。

「今回はさっちゃんのゴールを見届ける」
んだと。(茨城の伯父)

にょうぼうは今年も10kの部を走り。
初の60分オーバーで、ぶじ完走しましたとさ。
いらねえ情報。



123号の3kぐらい連続するアップダウン。
そんなわけ(先まで見渡せるの)で、
おれにはいいイメージがない。

坂がきついとかじゃなく、
どう走ったらいいか、わかんないじゃないすか。

一気に駆け抜けて脚をつかったら、
あとでしわ寄せが来そうだし。
じゃあ温存しようって日和りすぎたら、
ペースは容赦なく落ちてしまう。

道幅も広そうでいて、けっこう狭いし
アップダウンで人それぞれ
ペースがまちまちなので追い抜きにくい。

んだが、今年はなんか、走りやすい。



これはたぶんだけど。
ひとつには「ぬーん」のケガの功名
みたいなもんが作用してて。



5月に「ぬーん」がひどくなってから
右脚を前に振り出せなくなって
ストライドが一律、20センチぐらい落ちた。

(一律ってのは、ゆるジョグはゆるジョグなりに
5kのTTは5kのTTなりに、って意味で)

(で、それから5ヶ月ぐらい
ふてくされてたんだけど、それは措いて)

10月の中ごろ。
いよいよ1ヶ月ちょい後にマラソンあるけど
もうぬーんは良くならないって割り切って。

「じゃあそのぶん、ピッチでカバーしよう」
ってんで。
よしんばさらにストライドが落ちてもいいから
ピッチをあげることだけ考えてきた。

それがここで奏功した。



極端にピッチ寄り(じぶん比)な走り方をすると
スピードは出ないが、ペースは安定するし
「傾斜の影響を受けずに進める」
というメリットが活かせた。


まあいいや。ついでに
ピッチについての野望を書こうとおもったが
長くなるのでまたいずれ、そのうち。

やんねえフラグぇ。



。。。



123号線。26kからの3k
419、410、426。

410はたぶんGPSのご乱心で
次の1kと足して2で割った感じが妥当っぽいが
いずれにせよ、いい感じで巡航でけてる。

じゃんじゃん追い抜けて、気分もあがってくる。
ロンのモチ、体感的にはまだゆるジョグ。
脚をまったくつかってない。

楽しくてしようがねええええ。



。。。



走る前のエントリーで。
こんなことほざいたじゃないすか。
「誰にも見つからんよう、ひっそり走る」
カープ菊池をまとっといて。
あまつさえ、事前にそれをブログでさらしといて
どのオクチが言ってんすかね?

って感じだが、それは後付けっぽくて。

つくば市役所のスライドに入る入口。
ムネコフポイント。

去年まではじぶんからブンブン手を振って
超絶おれここにいるよアッピールしてたんだが
今年はみっかんないように通ろうとした。



くりかえすようだが、
赤いカープ菊池をまとっといて
あまつさえブログで事前コクチしといて

まあ、ソッコーで見つかりますよね。
むしろ、見つけてくだすってアリガトゴザマース!
って感じっすよね。

でも、いざ見つかってみると
折り返してきてスライドの出口。
ムネコフポイント。

どういう声をかけようか、考えてるうちに
スライドの出口がどんどん近づいてくる。



と、沿道から。
「キクチさーん。『ジョグ』がんばれー!」

きぐまさんの「キクチ、まだジョグ?」
世界二大伝統芸能みたいなもんで。
ちなみに、もうひとつの世界的伝統芸能は
トガーさんの「次もまたはじめてお会いしたいです!」だ。

おととい、官九郎さんと飲んだときの
「今回のつくばもシロートみたいな走り方してやがりましたね」も、そろそろ伝統芸能に近づいてきた感あるし。
そのウタゲもまたクソおもしろかったんだが
ブログ的につくばマラソンをゴールしないとなので
とりあえず、そのあと、気が向いたら書く。



きぐまさんから「ジョグ」って言われてピーンとキタ。

そうそう。
ここまでおれ、ゆるジョグなんだよ。
脚も心肺もまったくノーダメージなんだよ。
とっくにオワコンなおれだけど
きょうにかぎっちゃ、
まだはじまってもねえんだよ。

それをそのまま、ムネコフさんとゆうさんに伝える。
「まだぜんぜんジョグっす」

リアルタイムでいいなとおもったけど
これ、まったくもってイミフだな。
ムネコフさんとゆうさんにとっちゃ。



29k415、30k418。
まだまだ、ジョグ。

31kちょいすぎ。
右折してから一気にペースアップすんぞ。
そこまで、もうちょっとガマン。

おら、なんだかすげえ楽しいぞ。
ワクワクしたまま、つづく。