キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

脚の長さの差を無意識に調整しようとしてこうなるらしい、みたいなこと

脚の長さの差ったって。

「おれがふらっとさんぐらい脚長かったら
少しはモテる(かもしんない)し
もっとストライド伸びるのになあ」
的なことじゃ、ない。

にんげんの身体って、左右対称のようでいて
実はそうじゃあなくって
脚の長さだって微妙に異なる。
みたいな話。



あ、だからって。
なんらかのソースを示して「ほらね」
ってやる熱心さも脳みそも持ち合わせてないので
こないだテレビでみるかなんかして
「ほほう」っておもったのの、受け売り。



あ、きょうは。
「ムスメっこの第1回セレクション」
について書こうとおもったんだが。

おうちに帰ったら、すでに
ムスメっこは疲れて寝てたので
明日、詳細を聞いてからまとめる。

ムスメっこが起きてるときに
ギリ、間に合ったにょうぼうから
結果のダイジェスト版は聞いてあるが。

ありていにいうと、
その話はひっぱるのだw
キクチコクチ、あるいはコクチヒロシを
ひっぱるのだw



いらねえ情報をつらねると。

ヒトサマのブログの告知エントリーで
だしぬけに「コクチヒロシ」ってあると
すげえギョッとすると同時に
取り沙汰してくれてすげえうれしいと同時に
なんだか、申しわけない気持ちになるのだ。

おれなんかでいいのかなあ、と。
「んだよ、ブス!」(超絶流行語)

話を戻す。



。。。



走り始めてから、わりと間もなく。
「まっすぐ前に進みたいんだから」
「カラダの部品も前後運動すべき」
みたいなことを漠然とおもって。

走るにあたっては
いまもいちばんつおく意識しつづけてる。
といっても、過言ではない。



ちょっと理屈っぽいことをほざくと。
まず「前に進む効率のよさ」で
ベストは、すべての動きが前後で帰結
=左右にはぶれない、ってことだろうし。

(たとえば、蹴り足が左右に流れたら
前への推進力は100になんないじゃないすか)

あと。
身体は前に進もうとしてるから
前方面への荷重がいちばん大きいはずで。

前へ以外の動きになっちゃうと
そこに、本来あってはいけない負担がかかって
ひいては、故障につながるんじゃね? と。



日ごろ、ジョグしてると。

すれ違うひととか
追い抜いたり追い抜かれたりするひととか
見るともなく、見ちゃうじゃないすか。

で、黙ってみてると、わりと。
ヒザが外(内)を向いてたり
つまさきが外(内)を向いてたり
するひとが多いなっておもって。



よしんば「蹴り足が内外に流れる」のは
前への推進力が100にならない
もったいない
ってだけで、いいんっすよ。

脚の運びが前後だけじゃなく
回旋とかよぶんな軌跡を描くとかも。



でもでも。
ヒザとかつま先が外(内)に向いちゃうと。
「こりゃ、いずれどっか傷めちゃうんじゃね?」
って、他人事なのに、ちょっとハラハラする。

まあ、おれぐらいになると
小学校のころから純度の高いO脚なので
「おめえひとのこと言えんのかよっ」
なんすけどね。



で、ですね。
回り道に回り道をつらねてきちゃったが。

つおい弱いでいうと、おれは右脚が弱くって。

そもそも、骨格的に正座ができないんだけど。
それは右脚首が横に畳めないので
正座すると踵がケツにぶっ刺さって
3分ももたない。

ってこともあって。



あと、たとえば。

ガーミンヌの左右バランス。
どうやら「弱い方の脚に比重が高くなる」
らしいんだが。だいたい、右脚のが高いし。

腸脛靭帯炎になるときは
100パー、右脚だし。

(実はほとんどないんだが)
黒爪になるのも100パー右の親指で。



4月のかすみがうらで
ろくに走ってもねえのに無理した結果
黒爪→やがてはがれる、ってなって。

いま、新爪がやっと人並みになってきたんだが。
まだ「度を超えたふかづめ」
ていどに、はぐくまれてきたものの。

「5本ある指のうちの
たった1本の爪がちゃんとそろってない」
ってだけで、なんかバランスがおかしくって。

それが夏前のつまづきにダイレクトにつながった
気も、しないでもない。

あと、サッコンの股関節も右側だ。



ちんこは左寄りで
思想は右にも左にも寄ってないのに
あまつさえ、ぎっちょなのに
そんなん感じで、支障をきたす脚は
いっつも、かならず右寄り。

あああ。
こういうのいらねえんだよな。
心底。



なので、バランスディスクの上で片足立ち
は、右足を多めにしてみたり。

ランジウォークで、すげえ地味に
右がビミョーに鍛えられるように
右足からはじめて右足で終わってみたり。

してるんだが、
効果はよくわかんない。



で、今年の春先以降、
右足のつま先の向きが
つとに、気になり出した。

わりとキツめに走ってるときは
わりとまっすぐで気にならないんだが。

ゆるく走ってるとき。
あるいてるとき。
駅の階段をのぼってるとき。

ふと足元をみると
右足のつま先がきょくたんに外を向いてる。



その感じを再現すっと。

これは、立ってるときのもので
動いてるときのを撮るのはむつかしいので
階段のぼってるときのやつを
わりと忠実にやってみた。
のは、こんな感じ。
FullSizeRender

地面のレンガが垂直方向なので
右足のズレかたがわかりやすいとおもう。

じぶんでコウ、やらせ的に再現しても
「うへー、こんなに!!!」
ていどのものである。

ロンのモチ、ノー誇張で。



で、いて。
「右足のつま先が外を向いてる!」気づいて
まっすぐに直そうとすんだケド。

「シューズ的にまっすぐ」にするには
じぶん的の意識としては
「つま先を極度に内に向けてる」感じで

何が正解なのか。

じぶんの意識がズレてるのか
幻覚でも見てるのか
まっすぐって実は本来そういうものなのか
ほかになんらかの原因があるのか
だからクソほどモテねえ人生なのか
睡眠時間たっぷりなのになんでいつもねむいのか

パニクってわかんなくなって放置してた。



だって「まっすぐ」を人一倍
(かどうかは知らんが)
考えてるはずですもの。そもそも。
だのに、っていう。



その「パニクり方」ってのは
なんつうか、デザインなりなんなりの
サンプルを目の前に複数、出されて。

「どれがいちばんいいか」って話になって。

直感で「コレ」っておもいつつ。
じっとそれぞれを眺めてるうち
どれが正解なのかが
どんどんどんどんわかんなくなってくる。

あんな感じとおんなじ。


うーむ。
わかりやすくたとえようとして
よけいわかりづらくなるパッターンぇ。。。



。。。



で、お待たせしました。
やっと、どっかのテレビで聞きかじった結論
に。たどりつく。

左右の脚の長さが顕著なバヤイ。

その差を調整しようとして
長いほうの脚が無意識的にそうなる
(つま先を外か中に向ける)
んだそうで。

それは意識的には直せない。
んだそうだ。



そのテレビ番組では。
インソールの厚さを調節することによって
両足の長さをそろえる→両足まっすぐ向く

って解決策をもちいてたんだが。

インソールで補正する?
整体なりで両足の長さをととのえる?

正解はわからないし
どれも根本的には不正解な気もする。
しないでも、ない。



ひとつ言えるのは
卵が先かニワトリが先かは
もうわかんなくなっちゃったケド。

股関節がおかしくなってから
つま先の開きの角度が
よけいエグくなってきた
ってのは、あきらかに実感してる。

これら含めて、
どうにか改善しないものかって
勝手に考えたりやってみたことについては
また、そのうち、気が向いたら。

(やんねえフラグぇ)
(そもそも、解決してねえし)



バカヤロー。
超高級インソールをしつらえろよ!

。。。

えーっと。
オチをヒトサマのパクリですませようとか
オワコンの中のオワコンじゃねーか!

インソール・整体うんぬん以前に
根深いもんだいがあるのかもねん。
おのれの内にw