キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

最後のブログ更新ビジネスその2

前エントリーの表題が
「かまってちゃん100」すぎて
反省すること山のごとし。

ずーっと最後最後言いつづけて
「最後のブログ更新その148」とかやったら
地元のブティックの閉店セールみたくって
ちょっとおもしろいかなあって。

それこそ、
「キクチはすべてかまってちゃんに包まれてる」
的な空気を醸し出せるかなあって。

純度の高いフラッシュアイデアで。
てへっ。



「The」を「てへ」って読んだひとが
実在したとかしてないとか。
ってのは、措いても。

前エントリー。
ただの「東京マラソン落選しました」。

表題に入れるのも
表題に【速報】って入れるのも
ちょっとどうなんだろうってんで。



でいて。
ちょうどよく、っていうか
1週間、更新をしなかったのもあって
「これが最後」的な匂いを出したら
悪目立ちすんのかも。

とかとか。
考えあぐねたすえの、裏目パッターンぇwww

ブログをやめるつもりは
ビタ一文、ありまっせーん。



だって、新横ぐるぐるのアフター。
「『ガンプよしお』っていう
ワケワカメなHNはなんなんすか?」
とかとかっていう話もまだ書いてないし。

あまつさえ、先週の金曜。
カナ先生のヨガ?
ヨガ先生のカナ?
へのイッチョカミと、
そのアフターについても。

「おれ、実際に官九郎さんとお会いしたら
たぶん絶対、ケンカになるとおもうんっすよ」
って豪語してたpetaさんのこととかも
まだ書いてないし。

いや、ケンカどころか
たぶんそうとう合うとおもいまっせ。



。。。



っていうのに、関係あるのやらないのやら。
的なことを、薄く浅く、まとめてみますね。

という、読む価値のないエントリー。



ひとつ、言い訳をカマすならば。
「けして無から嘘八百を産みだしたんではない」



その前に、上記のヨガ。
「ひょっとしたら書かねえフラグぇ?」
に対するリスクヘッジとして、
ひとつだけ、言っとく。

イッチョカミ的におれが
なんとなくすげえ感じ入ったのは
「バンザイしたり肩に力を入れても
肩甲骨はつねに下げとく、リラックスしとく」

コレ、すげくね? 万物の真理っぽくね?



かつて「立位体前屈の偏差値10」
を叩き出した、鋼鉄にんげんとしては。

「テキトーにみんなに合わせるフリして
あとは先生をみてエロいこと考えて
やりすごしゃいいんでしょ」
って全力さんが言ってんのを真に受けて
すげえ軽い気持ちで臨んだのに。

いっぱいいっぱいすぎたあまり。

「正しい動きの模範」としてしか
カナ先生のケツを見れなかったし。
「適時的確な指示」としてしか
カナ先生のせくしーぼいすを聴けなかった。

そんくらい、キクチはマジガチ全力。
でいて、明白なトライアングル状態で。
第3回アスリートヨガ道場。とんがっているスカーサナ。

全力さんはいつ全力出すんだろう。
ある意味における、「底が知れない」。



話を戻す。
ひとつ、言い訳をカマすならば。
「けして無から嘘八百を産みだしたんではない」



以下、たとえ話として。
あくまで、たとえ話として、な。

ブログを1週間更新しなかったじゃないすか。



なんの意味もねえ独りよがりだけど、ここ数年。

ときに、いろいろ考えてるフリしたり
おしごと忙しいフリしてるときとか
複数日、更新しなかったことあったケド。

それは、「あ、おれ、忘れ去られる」
って気の小さいぶぶんも露呈しちゃったりして
なんだかだ、更新しちゃったりしたから。

1週間もあけたことは、たぶんなくって。



今回もさいしょ。
「ふんぎりがついたら更新しよう!」
「つくまで更新しない、ぜったい!」
だったのに、ごちゃごちゃ考えてるうちに。
なんかもう、どうでもよくなっちった。



それをもうちょっと細かく言うと。
「ごちゃごちゃを早くまとめろよ!」
「いや、まとめなくてもいいじゃん」
「大したことじゃねーし」
を、往復しつづけてた。



何を言いたいかと言うと。

なるべくまいんち定時にブログを更新するとか
おれはそう決めてるとか
クソ辺境はそうあるべきとか
まだブログ的に楔を打ち込めるはずだとか
なんらか意義があるはずだとか
すくなくともじぶんにとってはとか

そういうことは、まっっっったく、ない。
実在してないってことで。



ものすごくはしょって
ばかみたいに謎の噛んで含めるように
わかりやすくいうと。そういうのってけっきょく

勝手なおもい込みだったり
自我の肥大だったりジコマンにすぎなかったり
自己評価が過大だったりにすぎなくて。

あ、「何を言いたいかというと」
って、まとめがぜんぜんまとまってねえぇ。。。



たとえば、ですね。
すげえすきなブログがある。として。
それが「まいにち更新される」
「きまった時間に更新される」として。

そのきまった時間にすげえ楽しみにして
F5連打して逃すまいって気概で読むとして。



それがある日、とだえるとするじゃないすか。

1日だったら
「あ、きょうは忙しいのかな」
ってんで、たんじゅんにああ残念だな、おもう。

でも、2日過ぎ、3日過ぎ、1週間過ぎ、
いつまで経ってもそれが更新されない。

話がなげえな。はしょる。



けっきょく。
それだけまいんち楽しみにしてたブログで
読むことが習慣だったのに。
生活の欠かせない一部だったのに。

「更新されなくて読めない」ことが、いつしか
ふつうの生活に、ふつうに溶け込んでって。

でも、おれの生活はちゃんと回る。
あのブログが更新されなくても。
ってことに気づく。



裏を返せば。っていうか。

こんなクソ辺境なんかは、もとから
そんなん存在であろうはずはないケド。

「ブログを更新しない」ことによって
なにか影響があるのかとおもったら。
当事者キクチにすら、実は何も起こらない。
わりとどうでもいい。

しょせん、その程度のもん。
ってことで。
そういうもんなんだろ、ってことで。



ああ、何を言ってんのか
中途半端にイミフだな。

でも、なんていうか。
「ブログを更新する」ってのは
それをヒトサマの目にさらすということだから。
どこかしら、誰か他者を信じてたり
そこに意味を見出だしたりしたいけど
それをどう考えるかって。

ん? ますますイミフじゃねーか。



ああああ。
たとえば、ですね。

キクチがしているおしごとってのは
「生きるためにどうしてもひつよう」
なものではないわけですよね。

直接的に「食物をつくり出す」とか。
「この道を通れなければ生きてけない」とか。
「おめえががんばんないと
風雨をしのげないからここを囲え」だとか。
「体の痛いとこを痛くなくせばハッピー」とか。

そういう必然性はないわけ。



かたや。
「なくても生きるに困らないケド
あったらもっと楽しくなるぜ」

的なことって、あんがいひつようじゃん?
っていうパワーを信じ切ってたわけ。
おれは。

「食って出して寝る」で生活はできるけど
「食って出して寝て、うれしい楽しい」のの
「うれしい楽しい」も欠かせないっしょ。
的な。



で、ふたたびブログに話を戻すと。
「あんなに欠かせないとおもってたのに」
「いざなくなっても、ふつうに生きてんじゃん」
ってことが、往々にあって。

別に「うれしい楽しい」なくてもよくね?
どっちかっていうと、いらなくね?
よしんば、ムダでしかなくね?

って、おもっちった。
隙をつかれた。これも真理かもしんねえ。
と。



。。。



じゃあ。
「マラソン」ってどうだろう?
少なくとも生きるに
「マラソン走る」必然性はビタ一文ない。

ある程度以上がんばんなくちゃ、できない。
ってのは、たしかだけど。
多かれ少なかれ?
ただのジコマンに過ぎないじゃないすか。



「完走しましたうえーい」
「速くゴールしましたうえーい」
「想いをつらねてやり切りました」

ただのジコマンだよね?
何が楽しいんだろうね?
よしんば、ずっとつらいよね?



かたや、よくわかんないけど。
じぶんがマラソンを走れたら、
自分自身の心を揺さぶるじゃないすか。
ひとの心を動かすこともあるじゃないすか。

それも、ただのジコマン、なんだろうか?

「きょう、これだけ練習しました!」
「レースで自己ベスト出しました!」
「いまの力を出しきれました!」
「力及ばず、関門アウト!」
「とにかくすごーく楽しかったでえええす!」

こういうのって、だっせえんだろうか?
「でも、いちいちものすごく尊い」
って、信じられるんだろうか?



ってことが。
「ブログ最終更新ビジネス」を
ほざき出した、はじまりなんだが。

ただの極私だな。
(もし、つぎにつづいたら。
「走る・ジョグする」について)


話を広げすぎちった?



あ、ついでだから
いらねえ情報を言っとくと。

(マラソン・ジョグに関しては知らねえが)
ブログをもしやめようってなったら
いちいちかまってちゃん的な予告しないで
しらっといつの間にかいなくなる。
ショゾン。