キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

青森をあなどってた。チョーオヌヌメだ

7/31~8/2の3日間
毎年恒例の家族旅行にいってきた。
今年は、青森へ。

家族旅行のテーマが「城めぐり」な
キクチ家としては。
現存12天守のうちの1つ、弘前城にいく
というのが大きな目的で。



とはいえ、青森県。
縁もゆかりもないし、行く前はショージキ
「青森いって、どうすんだよ?」
ぐらいのことをおもってた。



だって。

そうマニアではない城ずきとしては
城っていったって、弘前城以外に
めぼしいのがあるわけじゃない。

大間のマグロが有名なように
「海が近い&東北地方」だから
食いものはかならず美味いんだろうが
たとえば、海鮮丼みたいなものって
3日間で1回食っときゃ十分だし。

太宰治とか寺山修司って
あくまでじぶんのなかでは、だが
いまさら感アリアリだし。
(中高生のころのヒロシ少年なら
超絶wktkしたのかもしれんケド)

で、もって。
恐山だの八甲田山だのなにやら物騒で。
そのイメージだけをひきずって
十和田湖とか白神山地すら
なんか物騒な気がしてくるし。

そもそも、十和田だとか白神山地だとか
そんなネイチャーなところ。
中途半端に都会っこでもやしっこなキクチ家が
おいそれと足を踏み入れるべくもない。

すげえたぶんだが。
ひとくちに「青森」っていっても
おそらく、やたら広い。

青森県



ってんで。くりかえすが
「いって、どうすんだよ?」
ぐらい、おもってて。

でも、現存12天守をコンプリートするならば
一度は行か「ざるをえない」から
一度くらい行っといてもいいかもねん。
(二度といかねえだろうけど)
ぐらいのニュアンスだった。

が、とんでもねえぞ、青森。
クソ楽しかった。



で、チョーにわか青森として。
その魅力を伝えるすべはなくって。

「じゃあ、どこがクソ楽しかった?」
って訊かれても。
もろてを挙げて「ココ!」って
わかりやすく説明できねえし。

「写真で伝えよう」って
スマホの画像をひっくり返してみたものの
まあ、ふつうに下手っぴいな観光写真
の域を出るもんではないし。

あまつさえ。
海のものが美味かったとしても
そういうグルメ写真なんか
ビタ1枚たりとも、撮ってやしねえ。
から、説明がつかねえ。



なので、いまさっきキョライした。
「おれは青森、ホントに楽しかったのか?」

いや、ホント、楽しかったし
またぜったい行きたいとおもったの。

でも、自問自答をはじめると
なにしろすでに、10日経っちゃってるし
疑惑がむくむく、わきおこるのを
抑えきれないw



たとえば。
「楽しかった」っていうあやふやな記憶で
パッケージして、それで収めようとしてる。
とか。

たとえば。
大して楽しくはなかったんだけど
楽しみハードルの設定をすごく低く設定してて
それを上回ったから
想像以上に「楽しいもの」として
記憶されてる、とか。

あるじゃないすか。
すげえこわもてなひとが、ふとカマしたゆえに
「ふとんがふっとんだ」
が、極上のギャグとして大爆笑を呼ぶ
的なパッターン。

あるいは、たとえば。
「つまんなかった」じゃ
ブログネタになりようがないから
「楽しかったてい」にしてる、とかね。

まさかのやらせ?



いや、ホントに楽しかったんだけど
「おれは青森、ホントに楽しかったのか?」



。。。



あああ。

こういう前フリをさらっと流して。
「ココ、いきました!」を
写真の連続でごまかしといて。
今回の旅の全容をさらして。

次のエントリーで
2日目の朝に挙行した「コーモンめぐり」を
これまた写真の連続でごまかそう。

って、もくろんでたのに。
どうやら、ここはこれでしめといて
「つづく」にしといたほうが
収まりがいいような気がしてきたぜ。


いや、ホントに楽しかったんだって!