キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

体育祭の作戦会議 中2編「今年は勝負しにいこうか」

明日はムスメっこの体育祭。
今年も1000mに出る。

というわけで、
去年にひきつづき作戦会議してみた。
⇒去年の作戦会議その1「学年で2位は譲りたくない」
⇒その2「そして、ターサーがあるっ」



っていうか、明日、雨でしょ。
明日が延期になったら来週の火曜。
火曜も雨なら、水曜になるらしい。

いきなり後ろ向きめいた物言いをすっと。
明日はすなおに雨で順延してほしい。

そうすれば、明日土曜。
流しとか短いダッシュをカマして
刺激が入れられる。

スピードに自信がないムスメっこには
ふだんまったく練習してないムスメっこには
それがすごく重要な気がする。



あ、練習って言葉について
言うべきことがあるような気がするが
ここでは措きまする。



まず、今年の予備知識。
○スポーツテストは3分53。学年で1番だった。
○学年で2番の子は3分59。
○ただ、学校で圧倒的に速い同じ学年の○○ちゃん。
○ヒザを痛めてて、スポーツテスト走ってない。
○なお、いまはすっかり復調してるもよう。

○1年生に1人、速い子がいる。3分51。

○きのうの予行練習(400m)。
○3番目ぐらいだったらしい。
○1位○○ちゃんぶっちぎり。
○2位女バスの3年生。
○1年生の速い子はムスメっこと並んでゴール。

ってとこから、会議スタート。



(キ)まず、予行練習の話きかせて。

(な)直後にクラス対抗おおなわとびがあるし。
とりあえず、そこにダメージを残さないよう
流そうってフインキが暗黙の了解であって。

(な)でも、いざスタートしたら。
○○がかっとんでった。



ザ・思春期って感じだ。

そうやって
「本番じゃねえし。必死にやるのダセえし」
的なフインキを出して、まわりを牽制する。

でも、そこの序列はわりかし正しい気がする。
けっきょく、くちでなんていってたって
スタートしたらいくら400mったって
スイッチが入るもん。じゃん。ゆえ。

を前提に話を進める。



(キ)3番だったのは、すごく意味あるよ。

(な)でも、みんな本気出してないし。

(キ)たとえばそうだとしても。
ななちゃん、スピードには自信ないじゃん。
それでその位置だったってのは、弾みつくよね。

(な)そうかなあ。



ムスメっこはスピード面だけじゃなく
とにかく、自信がもててない。

その最大の要因は
○○ちゃんがスピードあるタイプで。
予行でぶっちぎってったからだ。

まず細かい作戦はさておいて。
そこらへんの自信をつけさす。
っていうか、不安を取り除こうとする。



(キ)まずね。
ななちゃんじたい、去年より13秒も速くなってる。

去年の○○ちゃんとそんな変わんないじゃん。

で、スポーツテストってどうせ独走でしょ。
競るひとがいなかったわけだし

クツだって、通学用だったわけじゃん。
本番はターサーなわけじゃん。

(な)でもさあ。
それってみんな、条件おんなじじゃん。。。



(キ)でね、でね。
まあ、とりあえず聞いて。

(キ)ひとはともかくとして
まず、ななちゃん自身。

独走と違って、人と競ると速く走れる。
練習とTTも違って。
わけわかんないアドレナリンが出る。
クツも変わる。

そうすっと、1周(200m)2~3秒。
5周で12~15秒は速く走れる。

(キ)いらねえ情報かもしんないケド
パパがななちゃんの齢のとき。
あ、1500mだけどね。

練習のTTと試合はだいたい15秒変わった。
校庭で必死で出したタイムを
予選で流してもよゆうで上回ったりもした。

理屈じゃなくて、そういうもんなの。

だからスポーツテストより
12~15秒速いはず。
ってのが、いまのななちゃんのベースね。



書き出して冷静にみてみると
なんとも、むちゃくちゃな理論だぜw



(キ)あとね。
4月のOTTのときの1500。
5分44秒ってことは、
1000は3分50ぐらいのペース。

中学生にとって
1000と1500はぜんぜん違うから
1000はもう少し走れるはずなの。



OTTはタータン。
校庭とタータンだとまたぜんぜん違うけど
それはここでは黙っとく。

やっぱ理論がむちゃくちゃだが。

本人がフインキに流されて
「わたしはそういうもんだ」って
いい意味でおもってくれりゃそれでいい。



(キ)でね。
予行で2番だった
女バスの3年生は無視していい。

たぶん、去年とおんなじパッターン。
最初は速いけど、1000だとどうかな?
っていう。

もし、1000も速かったらしようがない。
お手上げすりゃいいってだけ。

(な)わかった。



(キ)で、パパの本心をいうと。
今年は○○ちゃんと勝負したい。
勝負しにいこうか。

(な)えーーー。

(キ)まあ、それは展開しだいってことで。
ただ、そのちからはあるとおもうの。

ってのは、ちょっと後回しにして。

(キ)う、うん。



(キ)いま、ななちゃんが気になってるのは。。。
1年生の速い子だよね。

(な)そう。スポーツテストも2秒速いし。

(キ)まあ、仮に「おんなじぐらい」
とすんじゃん。

でもなんていうかね。
実際に見たわけじゃないけど
こわさってのは、感じないのね。

(な)なんで?



(キ)予行の400m。
おんなじぐらいだったんでしょ。

ということは。
去年の○○ちゃんみたいに
圧倒的なスピードがあるってわけじゃない。
タイプとしては、ななちゃんといっしょ。

それなら「あたしが先輩だし」
ってメンツで押し切れる。

(な)意味がわかんない。

(キ)だよな。
でも、おんなじぐらいの勝負になったら
そういう「あたしが負けるはずない」
って力がすげえ重要で。

そのない根拠は
「あたしが先輩だから」
でもいいの。

(な)よけい意味がわかんない。
でも、なんとなくそういうもんだ
おもっとけばいいってことね。

(キ)そうそう!



(キ)で、話をすっとばして。
去年、○○ちゃん。
下級生だから2列目スタートだけど。
大外に陣取って、一気に前に出たじゃん。

今年はななちゃんがそれをやる。
○○ちゃんも外にいたらついてって
2人でガツンと前出ちゃえばいい。

それが今回のポイント。



(キ)1周目。
バックストレートに出たとき。
もし、いい位置につけられたら
あとは、○○ちゃんについていきさえすゃいい。

(な)マジで話がすっとんだ。

(キ)○○ちゃんとななちゃんの差は
最初と最後のスピードだけ。

去年、そうだったじゃん。

(キ)ななちゃんは○○ちゃんに
勝ったことがないから、なんとなく
○○ちゃんに及び腰になってて。

その気持ちもすごくよくわかるんだけど。

2周目から4周目までは変わらない。
むしろ、ななちゃんのほうが速いの。

(な)まあ、それはそうだったけど。。。



(キ)ってことで。
まず1周目。出だしの差をつぶす。

最後まで競れたら、あとはがんばるだけ。

(な)根性論ぇ。。。

(キ)ただね。
2周目に入ってななちゃんがすぐ後ろにいたら
○○ちゃんは「なんだなんだ」っておもう
とおもうの。

「いつもとちょっと違う」
って流れにしといて、あとはそのときしだい。
根性論でw



(キ)いや、ぶっちゃけね。
ななちゃんに勝ってほしいのは確かなんだけど。

○○ちゃんが速いのはよくわかってるし
よく遊びに来て、いい子だってのもわかってる。

だから、2人でいい感じで前で競れたら
それってなんか、かっこいいな。いいことだな。
っておもうわけ。

(な)ああなんか、わかる。

(キ)で、ななちゃんが
あんがいな負けず嫌いってことも、知ってる。

(な)なにそれ?



(キ)なんか「がんばれ」的な要素
ばっかだけじゃん。ここまで。

(な)ほんとうにそう。

(キ)要は、スタート命
ってことを強調したいだけなんだけど。

(な)うん。

(キ)展開的になにか、気づいたことない?

(な)「○○と競るのはそうとう苦しそうだ」?



(キ)たしかに。ウケるw

(キ)スタートで前に出る。
○○ちゃんについてく。
○○ちゃんとラスト1周を競る。

ここまで「速い1年生」出てきた?

(な)あっ! 出てきてない。

(キ)そう。
去年と逆で、○○ちゃんを意識する。
○○ちゃんと勝負しにいく。

それに集中すれば、おのずと
1年生は気にならない。はず。

って作戦でいってみよう。

(な)。。。

(な)なんとなく、わかった。


(キ)今年は根性論が多かったけど
熱くはなってないでしょ。

雨で順延になったら
橋の下で短いダッシュしようぜ。

じゃ、お酒飲んでくるわ。がんばってねー。


(親ばか炸裂ぇ。。。)