キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ブログのタイトル(表題)と中身のバランス、みたいなこと

あ、別にエラソーなことほざこうってんじゃない。
「そういうこと、あるよね」の範ちゅうを
1ミリたりとも出るものではないの。

ブログで「タイトル(表題)」と「中身」の
バランスってあるじゃないすか。
(あ、いや、「ブログ」じゃなくても。
記事でもレポートでも資料でも論文でも
なんでもいいんだけど)



バランスのもんだい。

「タイトル100&中身ゼロ」だったら
アクセス数は稼げるかもしんないケド
たぶん、そのぶんガッカリ度も高くて
再訪するひとはググっと減る。


逆に「タイトルゼロ&中身100」だと
そもそも目に止まりづらいので
存在が認識されづらい。訪問されない。


「タイトル100&中身100」だったら
ソレ、サイコー!(永ちゃんなてい:イミフ)

みたいな。



てめえで掲げといてナンだが
「100」っ数字に意味はなくて。
1でも10でも億千万でも、なんでもいい。
ジャパーン! (ひろみ郷なてい:イミフ)

要するに、
タイトルと中身のクオリティがおんなじぐらい
(で、ちょっとだけタイトルのクオリティが高い)
ぐらいのバランスだと、
なんとなく、とてもいい気がするのだ。

「タイトル10&中身9」とか。



何を言いたいかというと。
おのれを顧みるだに。

仮に「センス」ってものがあるとするならば
それが圧倒的に発揮されるのはタイトル部で。

じぶんにはセンスのいい表題をつける能力が
壊滅的に不足している。

あ、「中身はすげーんだぜ、おれ」
とか、言いたいわけではないし、おもってもない。



「おもわずリンクをたどって読んじゃう」
って吸引力は、タイトル(表題)の
つけかたに尽きるわけで。

それをなんで「センス」って言ったかというと
タイトル(表題)は、才能の範ちゅうで。
走ることにたとえるならば「速筋」。

速筋の爆発的な瞬発力は、
努力や小手先のこざかしさではどうにもならない。



こんなとこで例として挙げるのはどうかな
おもうけど。

たとえば「じぶんパトロール」
たとえば「たまに殴ったりもします。」

遅筋ヤロウには超えられない壁を
感じざるを得ないわけじゃないすか。
この速筋ヤロウに対しては、いやおうなく。

「これ、表題(エントリータイトル)じゃねえぞ?」
は措いたとしても。



いま、そういうタイトル周りについて
30行ぐらいわけのわからない持論を並べて。
「これはカドが立ちすぎるな」、悟って
すべて削除した。

ってのも、措いても。



あ、「カド」的には

土日で過疎ってるからいいだろうって
カドしか立たない別の持論をぶとうとしたけど。
それは、誰の得にもならないっていうか
おれの損にしかならないので
きょうはやめとくことにした。

明日かどっかの酒場で気が向いたらぶつ。
ってのも、措いて。



話を戻すと。



なんていうか、ですね。

表題をどうつけるかって、
そんなん感じで、ものすごく大事で。

その「大事なとこ」はセンスの試験場なんだが。
じぶんには、そのセンスがまったくない。

話を戻したのに、話が進んでねえじゃねーか。




ひとつあるとしたらそれは、定型句な
「・・・なたったひとつの理由」
「・・・になったわけは?」
「・・・あるある」
「【速報】・・・」
「ブログって、・・・」
ってつけるとかってことじゃないとおもうの。

それは瞬発力っていうか
ほんとうに花火みたいなもので
確信犯的につかのま、カマすぐらいのもので。

本気でそこに逃げ込むのは、ただの思考停止で。
そこには、さほどの意味はない。



じゃあ、何がいいかっていうのは
わかりゃ、苦労しないわけで。
あまつさえ(↓)だし。
(あ、きょうの表題ぇ。。。)

エラッソーに「使い古されてるものに・・・」
とか、こいつムカつくからぶっとばしちゃっていい。



すでにあるヒトサマの表題を
「おれだったらこうする」
って置き換えて考えてみるのは、
あんがい勉強になるし、おもしろい。

知らねえケド。

。。。



ここまで。
エントリータイトル(表題)
のことしか言ってねくて。

「中身とのバランスとの話じゃねえのかよ」

って話だが。
そんくらい、タイトルは大事ってことで。

「もう一方で大事な中身(本文)で
どうバランスとることを図るか」
あるいは、「中身をどう充実さすか」
ってのは、そのうちあらためて考える。

考える、っていうか考えてることをカイチンす。
いつかに、つづく。

(ああ、やんねえフラグぇ)
(この、ろくに考えてもねえくせに
さも考えてるげが、クソうっとうしいぜばーか)



どうもあれだな。
本来言おうとしてたことと
どんどんどんどん離れてって。

ここで何が言いたかったのか
もうすっかりわからなくなっちった。

きょうはこれで
クソ中途半端に打ち切るが(!)。
それはたぶん、ちょっとでもはやく寝て
あしたちゃんと走りたいからだとおもう。

さいきんなんか、走るのが楽しくなってきてるの。

バランスって意味では。
「ブログ書く←→走る」
ってのは、大いにあるのかもねん。



たとえば、クソ辺境にあるまじき、
連続更新日数、あといちんちで2ヶ月。
空前絶後。とかね。



あああ。
いらねえ情報をトッピングしたから
オチかたがグダグダになってまった。。。
いいや、土日だし。