キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

あれからちょうど1年の500mインターバル

ネタがないので走ったことを書く。

いま、メインのポイント練にしてるのは
500mのインターバル走。

5000mを17分30秒
で走れるようになりたいので、
設定は1分45秒、キロ3分30秒。

たった20日前の5000mが
19分50秒もかかっちゃったクチでも
夢を語るのは自由なんだぜ。



500mのインターバルはきょうで3回目。
GWの最初に1回目。
GW中に2回目。
1週あけて、きょうが3回目。

10本おこなう。
緩走は500mで「あるかなければいい」。
という方針。



1回目。
コンプリートはできたものの
全体の様子がわからず日和って入った。
(設定ペースもきめず)

2回目。
1本目から突っ込んだ。
6本目でヘロヘロ。
6本目の緩走からあるきを交えちった。



ああ、なんかいろいろとっちらかって
わかりづれえな。。。

あのですね。
インターバルっていろんなやり方があって
(緩走部もそれなりのペースでつなぐとか)
(緩走部を短くするとか)
(レペ的に1本ずつマンブるとか)

それぞれ目的とか効果は違うんだろうが
むつかしいことはわからんちん。



ので。
「1分45で何本できるか」を指標にして
その設定はじぶんには厳しめだから
1本目からわりと精一杯走ることになる。

「きょうは5本までできた」
「次は6本やろう」
って、わかりやすいじゃないすか。

で、こんな結果。
1'35 1'45 1'38 1'48 1'41
1'48 1'42 1'51 1'43 1'40



ひとつ、言い訳していいすか。

「500mダッシュ、500mジョグ」
を河川敷の砂地1kの直線で行う。
5往復。

なので、偶数本目はモロ向かい風で
奇数本目より10秒ぐらい落ちちゃうんだよ。
きょうみたく、上流から風が吹いてるバヤイ。



きょうは、最初からつっこめたし
最後までジョグをあるかなかった。
1本目と3本目の追い風参考だが
キロ320切って走れたし
まだいろいろ伸びしろだらけだ。
と、おもってる。



この500mのインターバル。

「5k分をわりと一所懸命カマす」
って意味では、5k閾値走よか数段、キツい。

たんじゅんに緩走も含めた
かかる時間が長いってのもあるだろうし
細切れとはいえペースがぜんぜん速いとか
「10回も走らなきゃなんない」
ってのもあるんだろう。

4本目が終わったときぐらいの
「もう倒れたいぐらい苦しいのに
まだはんぶんもいってねえ」
って絶望感は、なかなかだ。

とかとか、総合的に考えて
いま、じぶんが向上させたいことに
最大公約数的に作用できてるとおもう。

やる前とか、ものすごくブルーだし
終わったあとのダメージがパねえが
もうしばらく、つづける。



いらねえ情報的には
「急走部の合計タイム」ってのも記録してて。
きょうは17分27秒。

そういう、トレーニング的に意味なさげなのも
記録しとくってことは
モチベーションに意味あるのかな()
おもったりおもわなかったりする。

モチベーション、大事。

「せめて1分40(キロ320)で、でけたい」
が、いまんとこの源氏物語絵巻。



。。。



で、ダウンジョグしてるとき。
気づいた。
アレからちょうど1年。

※いらねえことがいろいろ書いてあるが
「Exit」の下のやつ。

ただ酒飲んでクサクサしてる
わりとベタ凪でくだらない人生のなかで
去年の5月19日。
「朝起きたら右耳がまったくきこえねえ」
ってのは、なかなかショッキングだった。



幸運にも、今もうすっかりなんともないし
思い返せばたった1ヶ月のことだったが
当時は、けっこうなテンパりや絶望感
や、ナチュラルな体重閾値アップ
があった、実にスリリングな日々で。

あの件を通過してから
考え方とか、大げさにいうと生き方とか
わりとガラッと転換した。

といっても、たぶん過言だ。
どっちなんだぜ!?



おめえキクチよお、その転換とやら
ぜんぜん活かされてねえじゃねーか。
とかは措いたとしても。

ああ、たまに疲れて耳鳴りがすると
必要以上にドキッとする
とか、そんくらいかもねん。



そんなわけで。
今年の5月19日からの1ヶ月間は
未曾有の躍進を遂げてやろうかな、と。

ショゾンぽえむ。