キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

徹底的にじぶんと向き合えた 2018かすみがうらマラソン

「心は折れてないですよ」

41k地点。
沿道にはっちさんと官九郎さんを見つけ
そんなことをほざいた。

34k付近で右ヒザが悲鳴をあげ、
もうまったく、まともに走れない。
41kめのラップなんか6分35だ。
にもかかわらず。



2018年のかすみがうらマラソンは
徹底的にじぶんと向き合うと決めた。

タイムとか周りのひとがどうだとか、関係ぶう。
いまの一瞬一瞬、おれは全力を尽くしているか?
ゴールまで自問しつづけることにした。



いままでマラソンを走ってるとき。
独りごとは、わりと叱咤方面で。
「てめえチンタラなめてんじゃねえぞ」
「勝負しろったら!」
「苦しいですとか、どうでもいいから」
こんなんなんだが。

きょうは
「いま、精一杯やってるぅ?」
やさしく、問いかけつづけた。

「おうよ!」
かよわく、応えつづけた。



41k地点で。
はっちさんと官九郎さんに
わけわかんねえアッピールしたのは。

そこまで、じぶんの全力を尽くせている
のの確認と。
あと、1kちょい。
いっときも油断せず、ゴールしてやるぜ。
の、宣言みたいなもんだった。
いま、おもえば。

ロンのモチ。
おれなりにがんばってるってことを
2人に伝えたかったってのも、ある。

あ、具体的じゃなさすぎる
雲をつかむような話だな。



具体的に挙げますれば。

スタートラインで。
「きょうは何があろうと絶対あるかない」
ってことにキメた。
じぶんがもう一度マラソンに取り組むには
最低限「完走」しとかなくちゃ
おもったからだ。



ヒザが火を噴いてからの残り8kは
とくに、ちょっとキツかった。

いやおうなくスローダウンしてしまう。
スローダウンするということは
ゴールまでそれだけ長い時間
よぶんに走らなくちゃならないということだ。

周りのひとにもおもしろいように抜かれまくる。
「みんなおれよか、がんばってるのに」
って考え出すと、みょうなスパイラルが始まりかねん。

。。。おいおいおい。
周りのひとは関係ぶうじゃ、ねえのかよ!w

霞ケ浦の向こうに見える
ぜんぜん近づいてこない
ゴール地点・土浦市街のビル群。
なまじっか雨もやみぎみで、よく見えやがある。



でもけっきょく、ゴールまで
あるかずとまらず、走りつづけられた。
いまのじぶんの最低限のことはできた。

「最低限」ってえと松竹梅の梅感でいっぱいだが
「もうマラソンを走ることはないかも」
いっとき、そうおもった時期もあったので。

ゴールできたときは満足しか、なかった。
マラソン走ったなかでいちばんうれしかった
と言っても過言ではなく。

じぶんとの勝負に勝てた。


その戻ってきた感がたかぶって
【ソクフォー】にあんなん、
わけわかんねえこと書いた。

どうしても書いておきたかったのだ。



なんだよこの、漠然としすぎてるぽえむ。

でも、じぶんのなかで
まずこのことを書いとかないと
レース経過もへったくれもないので
とりあえず。

ホント、きょうは。
夜、家についたらガクッと
精も魂も尽き果てた音がした。

もう何もできないしたくない。
ぐらい、やり尽くした。

ほんとうに、くたびれた。
(ので返コメはあすで、のエクスキューズw)



ので、きょうは中途半端にここまで。
おいおい、経過をまとめてくショゾンだが
3時間50分で走ったマラソンの経過。

そんなん、どこにニーズがあるのか、
疑問がはなはだしすぎる。