キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

文章の書きかたがわかんねえ。だって最初に結論言っちゃったらあと書くことないじゃん、みたいなこと

っていうエントリーなんだケド。

「だって表題で結論言っちゃったから
あと本文で書くことないじゃん」

まさかのパラドックスぼっぱつwww



いや、あるじゃないすか。
書かれたものとかトークとか、最初が肝心だぞと。
最初にドカンといかなくちゃ
誰もこっち向いてくんねえぞと。

ってのの対策(?)のひとつとして。
まず、結論から言っちゃう作戦なんだが。



あと、喋ることなくね?



あるいは、最初に結論を言っちゃう。
「なんたらマラソンは3時間何分でした」として。

そのあと経過や想いを連ねたり。
脇道にそれたり路上に唾を吐いたり
立ちションやランションをカマした。
みたいなことで蛇行したとしても。

「なんたらマラソンは3時間何分でした」
主題はコレだから、安心感を抱かせられる。
的な側面もあるじゃないすか。

読んでるひとに対しても
書いてる本人にとっても。
「そこに帰ってこればいい」と。



で、ですよ。それはいい。
もんだいはここからで。

オチはどうする? と。



きょういちばん伝えたいこと
「なんたらマラソンは3時間何分でした」
最初に伝えちゃった。

それに付随する経過だのなんだの、言っちゃった。

オチでもうひとつインパクト、つけたい。
でも最大のインパクト
「なんたらマラソンは3時間何分でした」
は使用済みで。八方ふさがり。



最後にもう一度くり返すのは
なんていうか、ちょっとアホっぽい。

よしんばトークとかプレゼンだったら
音が時に乗って流れてゆくものなので
ダメ押しというか、説得力が増す
ってこともあるかもしれない。

でもでも。文章だと
「またそれ?」ってアホっぽくなっちゃうし
私ひきだしないマンですって
わざわざ開陳してるだけなように、
おもえなくもない。



どうすりゃいいんすかね?

「タイトルや出だしでドカンといかないと
誰も見向きもしてくれないから、結論言っちゃう」
↓↑
「最後にビシッと締めるには
おんなじ結論くり返すのはちょっとなあ」
もんだい。



うーむ。



措いちゃう?



いらねえ情報。
かすみんは出よう。
決めましたとさ。