キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

リレマラで1kを5本走ってみたてんまつ

リレマラのつづき
混ぜてもらったチームは、こういう。

○フジヤマさん
○Hiroさん
○ユーリさん
○キクチ

なんだか、豪華メンバーなり(おれ以外)。
これで1人1kずつを5巡でハーフを走る。



けっか、1時間13分29秒でしたとさ。
キロ3分29って。
ほえー。



「1kを5回」ってえと。
わりと負荷高いけどまあそれなりだよね
ぐらいのイメージだったが、とんでもねえ。

1本目で呼吸がすでに血の味しかしない。
胴体ぜんぶの内部が出血してる感じ。

それを5回くり返すって、
そういう練習してなくちゃ、ムリだ。



走り終わって次に走り出すまで
だいたい10分。

レペティションにしては休憩が短すぎるし。
インターバルにしては、負荷が高すぎる。

レースのフインキで
どうしてもテンションがあがっちゃうし。
リレーだからってんで、なんかがんばっちゃう。

2本目が終わったぐらいのときの
血の味と乳酸で満たされたような肉体っぷりと
「まだ半分も終わってねえ」っていう絶望感は
なかなかのもんだった。



あまつさえ。
コースの死角にはオークさんがいらしてて。

「序盤のがんばれるところから疲れてきて
終盤のトラックにはまだ入らなくて
人目につかないサボリポイント」に
鎮座ましましてるもんだから
サボリポイントがサボリポイントたらしめない。

「そこでサボらないようにとおもって」
オークさんは口の端に邪悪な笑みを浮かべ
そういう正しいっぽいことをおっさってたが。

途中は、ぜんたいがガチで殺伐としてた。

「フジヤマ、そんな早く来るんじゃねーよ」
「Hiroさん、もっとテキトーに走れよ」
「ユーリさん、そこで1分ぐらいこけてろよ」
「オークさん呼んだの、誰だよ」
みたいな。



でもオークさんは
みんなの走ってる動画を撮ってくだすってて
それがすげえ、参考になった。

こういう。
IMG_1062

あ、間違えちった。こういう。
躍動感とか皆無、っていうか無縁。
とりあえず、ケガしなくてよかった。
FullSizeRender

顔出し実名出し絶対NGブログ!



あああ、5本走ったやつ。
いちおうさらしときますね。
FullSizeRender

ラストはアンカーだったので
100m弱、長い。いらねえ情報。

まあ、ドイヒー。

1本目終わった時点で
すでにカラダがバラバラになりそうで。
2本目以降は「力を抜いた」んじゃなく
「力が入らなかった」。

脚より先に、心肺がおとろえる。
っていうことが、よおくわかった。
わかりましたとさ。

どうでもいいんだけどね。



いちおう、内訳もさらしときますね。
FullSizeRender

これは1本目のやつ。
とにかく、劣化がすごい。

2本目以降は1本目の
ストライドが10センチ縮まったニュアンス。
練習はウソつかない。

どうでもいいんだけどね。



。。。



いっぽうで、なんていえばいいか。
おれは、通してキロ5ぐらいでいけるかな()
いければいいな()
いけなかったら、いけるペースでいいかな()
って皮算用。
ってほざいたじゃないすか。

三味線を弾いたわけではない。
「わたしー、ぜんぜん勉強してないし―」的な?
おもったよりは、走れたのかもしれない。



ただその。
「おもったより」のビミョーさが
ものすごくビミョー。

タイムだけ見れば、言うホド衰えてなさげだし。
かといって、1本でほぼ終了してて。
2本目からの落ち込みが急激すぎるし、とかで。

コレ、いったいどう解釈すりゃいいんだぜ?



気持ち的には、という意味では。

リレーマラソンの一体感みたいなもの
は、すごく楽しかったし。
速いひとばっかりで
見ていてすごく楽しかったんだが。

「じぶんが走る」に関しては
まったく楽しくなかった。
というか、楽しくも楽しくなくもすらない。
無関心。

であるじぶんに、ちょっとビビってる。



酒場に向かう道すがら。

キクティ
「おれ、きょうの5kを足しても
今月、20kぐらいっすよヘヘヘ」

不愉快2600さん
「おれ、5k!!」

なんだこの。
わ、笑えん。。。
誰か、頼むから笑ってくれい。
これは、なんらかの超絶ギャグにちがいない。

なんなら、
「朝、ひとっ走りしてから来たHiroさんのきょう
大なり、不愉快&キクテイを足した今月」
とか、もうね。



つづく。

っていうか、そもそもこのリレマラ。
ウタゲ的にメンツが魅力的だとおもって
イッチョカミさしてもらったわけじゃん。

よって、ここまではいわば前段ナリ。

さてと、今回はどこまで覚えてるんでしょうね。
キクテイのほんとうの挑戦が、はじまるっ。