キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

引退レース

きょうは。
表題みたいなことを書こうとしてたんだが。
前エントリーの返コメで
ついうっかり(?)さわりを書いちゃったので
書くことがなくなって、困り果てているw



あ、「さわり」ってのは。
「話の要点」って意味な。
「導入部」みたいのは、ぜんぜん誤用な。
これ、マメな。

とか、感じわりいな。
そんなん、誰でも知ってるな。



昨日のハーフマラソン。
走りながらじぶんがどうおもうか。
ってのを、楽しみにしてた。

心身ともに、自己ベストをねらうとか
そんなコンディションではない。

忸怩な走りしかできないであろう。

そんななか。
「くそう、立て直してやるう」っておもうか。
「走るのって、楽しいな」っておもうか。
「もう、やめだやめだ」っておもうか。
はたまた、そのどれでもないか。



ラスト5k地点ぐらい。
「これをおれの引退レースにしよう」
急に、キョライした。

それは。
「うまく走れないから、
とりあえずゴールまでいくけど
いけばいいんでしょって感じでふてくされる」

とかでは、ない。

きょうで、いまみたいなジョグはおしまい。
走るのはたぶんやめないけど
追い込んだり、ぶっ倒れたり
タイムを気にしないやつに移行する。



ふてくされるんじゃなく。
だからこそ、ここからラスト5k。
ちゃんと有終の美を飾ろう。
楽しく走りきって、にこにこゴールしよう。
ああ、楽しかったって、スパっと終わろう。

おもった。

まあ、そのラスト5kに至るまで
去年の暮れからちょっと考えてたり
ここ数週間でちょっと考えてたり
したこともあったが、
長くなるのではしょりますね。



で、ゴール。
おれの引退レース、おわたー。

って、予想したより
すがすがしい気持ちにならないまんま
2つ、キョライする。



「はたしてそもそも、こんなクソ草ジョガーに
『引退』なんて、あんのか?」

百歩ゆずって、よしんば「ある」としても。

「あの伊達公子だって撤回したんだから
こんなクソ草ジョガーなんかは
いつ撤回してもいいんだよねっだよねっ!」



。。。

そんなわけでおれは
「引退レース」を終えてすぐ
引退を撤回した。

あいかわらずやる気はまったくねえし
ほかにやりたいこともできてきたから
優先順位は下がるかもしんねえケド
少なくとも、走ることとは分断しない。

親密ではないが、
なんとなく目の届くとこに置いとく。

ってことにする。
さしあたり。



。。。



っていうか。
クソだか草だかは、措いても。
「市民ランナーの引退」って何だろう?



たとえば、
自己ベスト目指すのやめたら引退なんだろうか?
走るのやめちゃったら、引退なんだろうか?

「ゴールも目的もなくただ走る」ってのも、
ある種バリバリ現役、なんじゃなかろうか?

もし「引退」というものがあるならば
もっとぜんぜん違うところにある。
ような気がする。



かたや。
ない、ということはない。
ような気もする。

わからんちん。
いや、別におれがどうするとかとは関係なく。



「いまのおれなんかが履くのは失礼だから
持ってるターサー全部捨てちゃおう」

帰り道でいっしゅん
そう、つおくおもったんだが、
とりあえず、よしとくことにした。

安くねえし、もったいねえし
まだおろしてねえのもあるし。



とかって、
じゃっかん重々しく書いてはみたものの
そのじつ、わりとノリに近くて
さほど深刻に考えてるわけでもねえ。
って、どうなのよ?

えーーーーーーっ?


おのれのやる気スイッチをデザインしなおす。
そのうち、もし、気が向いたら。