キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

【サシノミ】ユキねえさん

ビールを飲むのは3週間ぶりで
外でビールを飲むのも3週間ぶりだ。

突発性難聴の薬はまだ一週間ぶん残ってて
「あわよくば今週からウタゲのリハビリも」
とおもってはいたものの。
ユキねえさんに「月曜19時半に国領集合」
と言われたら、行かない選択肢はない。

じゃないすか。



いやね。
「ウタゲの復帰戦をいつにすっか」には
こう見えてもちょっと、ナーバスになってて。

上記したとおり、
「薬はまだ残ってる(治療中)けど、今週から徐々に」
そういう、いいじゃーないのー
(↑今年必ずクル抱腹絶倒ギャグ)
っていう細貝さんもいれば。

「ちゃんと薬を飲み終わり、完治って診断を受けてから」
そういう、だめよだめだめ
(↑今年必ずクル抱腹絶倒ギャグ)
っていう朱美ちゃんもいて。

たしかにかに。
中途半端に見切りスタートするよか
一区切りがついたあかつきに飲むビールは
さぞ、美味かろう。

フィジカル的にも、そんなちっぽけな先走りが
何かに影響したらもったいない。
あと数日じゃねえか。

って、話もあるが。

そもそもビールに貴賤はなくって。
いつ飲んでも美味いはずだから
先走ったビールも美味いし
一区切りついてしらじらしく仕切り直した
ビールも美味いはずだ。

あまつさえ、見切りスタートって意味じゃ。
3日前に、やっちゃってるし。

くり返すが、ユキねえさんの招集だ。

行かない選択肢は、ない。



ユキねえさんは、19時過ぎには
国領のい志井に着いていたらしく。
おれが着いたころには、飲みはじめてた。

立ち飲み屋なので必然的に距離感が近くなるが
おれはユキねえさんのメガネがニガテで。
きのうのユキねえさんはメガネだったので
照れてひつよう以上にオチカヅケナイ。



ユキねえさんとサシノミするのはたぶん、
去年秋の味スタ6耐のとき以来だ。

官九郎さんとサシノミしてたときに
出張帰りで乱入してくだすったこともあった。

ウタゲで同席したことは数知れず。
おうちも村びとのなかではたぶん、最近所だ。
多摩川を挟んで
ユ、コ、萌、キがひしめき合ってる。

何を言いたいかというと、
新鮮味みたいなものビタ一文、ねえw



ウタゲにおいて。
ユキねえさんと話すときはなぜか。
いつもクソまじめなトーンで。

仕事のこと。
ブログのこと。
村のひとのこと。
耳のこと。
お子さんのこと。
体育祭のこと。
旅行のこと。
資格試験のこと。
はロンのモチとしても。

マッチョが大すきなユキねえさんが
スマホだかパソコンに画像をためる
「筋肉フォルダ」について話すときだって。

おれがジョーダマチャンネーについて
わけのわからない供述をくり返すときだって。

トーンは、クソまじめだ。



でいて。
なんというか、ユキねえさんと飲んだあと
話した内容は、いつもなにも残らない。

だからといって、
クソつまんねえとかではなく。
むしろ、クソ楽しいにもかかわらず。

クソ楽しかったなあ、という記憶しか残らない。
不思議っちゃ、不思議。



ユキねえさんは男性っぽくて女性っぽいかた
だとおもう。

「キホン、さっぱりさばさばしてらっさる」
かたで。

たとえば、たまに愚痴めいたことを
話したり話されたりしても
「それを話したり話されたりしただけ」

だからどうだってんじゃない。
あとになにも残らない。



「ものごとのビミョーな変化を察知なさる」
って感覚も鋭くいらっさって。
空気の動きとか、行間とか。

あるいは椅子席でバレないからいいや
って、前日のウタゲで盛大にすっころんで
膝小僧が破れたズボンを履いてったら
場に到着したしゅんかん、「キクリンなにそれー」
ってなったりとか。ってこともあったりとか。

それはユキねえさんが鋭いうんぬん以前に
キクチずぼら過ぎじゃね? は措いても。


きのうの「復帰戦」は。
まあ、リハビリのようでもあり。

「アタシゃ、リハビリかい!」
って、正座で説教されたあげく
チョキで2、3発ぶん殴られてもいい。
ようなもんだが。

だいたい、おれだったら。
いくらツイッターとかで「飲みてえ」とかほざいてても
ちょっと遠めからようすをうかがうとか
するとおもうのね。

仮病ったっていちおう病気だし
変なことになったとしても責任もてねえし。

のこのこ行っといてナンなんすけどね。。。



そこを何のバリアもなさげに誘ってみたり。

話が弾んで「じゃあ、もう一杯ずつ飲もうか」
ってノリになってきたとき。

一瞬どうかなってそぶりを見せたら。
「じゃ、きょうはここまでっ」
ってんでスパッとお会計して店を出たりとか。


「あとになにも残らない」のに
「むしろクソ楽しい」のは何でかって。

ユキねえさんの「男性ぽくて女性ぽい」
感じがほどよいのかなあとおもって
書き出してはみたものの。

書いてるうち、それは全然ちげえじゃねえか。
と、おもえてきたw

わっかんねえ。。。



。。。



けっきょくまだリハビリじみてるってんで。
瓶ビールを1本と
レモンサワー2杯だけ飲んで家路についた。

おうちまではちょうど5k。
「マーマンメソッド」に従って、あんよする。



耳のほう。
もうほぼ支障はないんだが。
まだちょっとカラダが疲れやすくて。
カラダが疲れるとそれは耳にてきめんにキテ。
耳全体が重くなったり、耳鳴りがしたりする。

逆に。
疲れを自覚してないほどでも
耳全体が重くなったり、耳鳴りがしたりすっと。
「ああ、ちょっとトゥーマッチだったかなあ」
って気づかされたりして。

それがおのれに影を落とすというか
なんとなくうっとうしいので
そこらへんの閾値? は気にしてて。
冒頭の「ナーバス」ってのも
そんなんようなことで。



このサシノミは。ある意味
じぶんにとっては記念すべきできごとだし
ゆうべ、おうちに帰ってから「復帰戦だぜ!」
ってアップしちゃおうとおもったんだが。

浮かれてそんなん書いといて。
もし今朝起きて耳鳴りしてたら
ちょっとそれは違うよねって
一晩置いてからしたたたためることにした。

からの。今朝起きて。
「お耳は、なんとも、ありまっせーん!」



マーマンメソッドに従って
おうちまであんよをしはじめると。

ユキねえさんとウタゲって楽しかったのと
ひさびさのビールに少し気持ちよくなってたのと
ふたたび酒場にいけたことと
お耳がなんともないことが全部ミックスして

ちょっとホロッとしたあと
だいぶホロッとしかけたが、寸止めしといた。
ポエム。