キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

おれの突発性難聴 その10 バランスディスクを使っての片脚立ち

やべえ。きょうまでに追いつくったのに
このままでは明日からも
クサクサブログが継続してしまう。

というわけで、いろいろはしょって
あと2ネタだけ。



「軽い運動ならしていい」
5/22月、お医者さんに言われた。

で、こんなことがあって。
おれの突発性難聴 その5 マラソンを走るひとにとって「スポーツしてもダイジョブっすよ」の解釈
たしかにかに。

「20kのゆるジョグ」は一般的に
けして「軽い運動」ではないな。。。

「にこにこ闇金」があんまにこにこしてなさそう
ぐらいなスケール感でもって。
そしたら反動で、やけに慎重になった。



走るのは、ちょっとリスキーだ。
「軽い」の基準が、わからない。よしとく。



スクワットはどうか?

ジツは。
春に腸脛靭帯炎をカマして以来、
地味につづけているのだ、フッフッフ。

どちらかというと。
「鍛える」ってより「下ごしらえ」しとく。
という意味合いで。なので。
自重のみの負荷で、40回3セットだけ。

なので、きょうびの「軽い運動」として
運動量としてはうってつけっぽいけど、
ひとつ、気になる。

頭部の動きが、大きい。


別に、頭を動かすと目まいがするだとか
そういうことはまったくないんだが。
あんま頭を動かすという行動は
なんとなーく、気になる。
(通勤でも、すり足ぎみにあるいてるし)

よしとく。



では、体幹はどうか?

フッキン関連、ハイキン関連。
スクワットほど大きくではないが
スクワットより激しく、頭を動かす。
なんだか、気になる。

よしとく。

頭を動かさず、できる体幹トレ。

プランク、ぐらいか。。。



いやいやいやいや。
それでも、できるだけマシじゃねえか。
っていうか、プランクにがてだし。

ってことは、だ。
「プランクぐらいしか」できねえきょうび。

そのぶん走ったほうがよくね、とか
とりあえずスクワットでお茶を濁そう
などという逃げ道、シャットアウト。

これは。

これは。

チャンス・ハズ・カムすかね?



ふと、ダイニングの椅子を見やると。
バランスディスク。

床に置いて、乗ってみる。

両足でプルプルしながらやっとこ、30秒。
左脚だけだと15秒。
右脚だけだと、10秒いかねえ。。。

これは、とりあえず、右脚じゃねえか?



以後。
そこを通るたび、右脚立ちを1回、カマす。
椅子に座るまでの関所なていで。

。。。

たったの一週間弱で。
両足でただ立ってるだけならどこまでも。
片足立ちは1分はよゆうになり。
「1分を超えたらほかの動きを加える」
というバリエーションを加えはじめた。

たったの、一週間弱で。

なんだか楽しいぜ。
ってだけの、ポエムだ。
そして、プランクは、後回しだw



ちなみに、平衡感覚=三半規管=耳。

っての、あるじゃないすか。
でもこれはたぶんだけど
(シロート知識だからはしょるけど)
突発性難聴、少なくともおれの突発性難聴には
三半規管はなんの関係もなくって。

だから最初、右片脚立ちが鼻くそレベルなのは
ひとえにそもそも、
おれの右脚のバランス力が低すぎた
ってことだ。

それが、ちょっと改善されたってことは。
「サイヤ人がなんらかの淵からよみがえると
ただ、よみがえってくるだけじゃなくて
ぐーんとパワーアップして戻ってくる」
みたいなようでも、ありうる。

言いすぎかな()


つづく。