キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

おれの突発性難聴 その6 告白「今宵、おれは、酒を・・・」

話をいきなり今夜に飛ばしてみる。
これも閑話休題、みたいなもんだ。

右耳がおかしくなったのが5/19金曜朝。
ちょうど一週間、ということになる。
「記念日」ってのもミョーな言いぐさだが
仕事帰りにスーパーで男梅サワーをせしめ
飲んでみた。。。



この一週間は、おれの取るに足らない
43年ちょいのベタ凪(なぎ)人生のなかで
指折りのストレスフルな一週間だった。

そりゃたしかに今までだって。
仕事で極限まで忙しいフリしてたときとか
親とか身内がいなくなったときとか
それはそれでストレスではあったが。

今回のやつはダイレクトに
じぶんのカラダに突きつけられたっていうか
今後の人生っていうか。

人生っていうとアレか。
仕事だって周りのひとだって
じぶんの人生にかかわってるな。

なんていうんだろ。
じぶんの「人」としての今後の生きかたに
いちいち大きく影響を及ぼす
みたいな、体験したことのない
ストレスにさらされつづけた一週間だった。



あんど。

「突発性難聴はスピード対応が命綱」という
時限爆弾をいきなりパスされたような状態で
最適とおもわれる(正解がまったくわからない)
二択を迫られつづけるというプレッシャー。

おまけに(おまけかよ)。
いままで当たり前に聴こえてた
耳が聴こえなくなったという現象。

聴こえないだけならまだしも。
おとといから絶え間なくつづく耳鳴り。
という、うっとうしい現象。



「ストレスが原因」なんて説もあるが
なったあとのストレスのほうがパねえし
もしもほんとうにストレスが原因なんなら
むしろ最もよくねえんじゃねえか。この状態。

なんて、おもう隙もねかったような
ストレスの山びこ打線。

あ、「ストレス」って書きすぎて
ゲシュタルト崩壊みたくなってきたし

前置きが長すぎるので、措きまするね。



。。。



きょうで一週間。
ある意味における「記念日」。

仕事帰り、地元の駅に着いて
「一杯だけ、飲んでみようかな」
おもった。

べ、べつにお医者さんは
ぜ、絶対に禁酒しろとは、
い、言わなかったんだからね。

っていうか、今週。
飲むのをガマンするまでもなく
飲みたいって気持ちにすらなれなかったんだが。

このおれさまちゃんが、だよ。



なんていうか。
最初、病気が発覚したとき
「二週間(一週間と一週間)で勝負をつけよう」
って決めた、そのなかび。

ここで一杯だけ飲んでみて。
それを糧にもうあと一週間やってやろう。

ってなるための起爆剤にしようとして。
ノンアルとかアルコール1%の弱いやつ
をせしめようとしたんだが。

どうせならってんで。
いちばん大すきな「男梅サワー」
350ml缶を、カマすことにした。



スーパーで金を払い
「袋はいらないです」ってって
外に出たしゅんかん、プシュ。

わくわく、わくわく。



おれ比、休ませすぎた肝臓。
ひさびさのアルコホール。
大すきな男梅サワー。

ひとくち、つけたしゅんかん。
梅のすっぱさとサワーのシュワシュワが
口中に広がり、
それがサーっと、身体中にしみわたる。

くーーーーっ。
よおおし、これでまたがんばるぞ!
っておもえる前向きなおれ、ステキー!!!


よしんばそれで着火しちゃって。
おうちの近くで追加の酒をせしめる。
みたいな事態になっても
それはそれでしようがないかな。
しようがないよね。



なんてことを妄想しながら。
ひとくち、ゴクリ。

むむ?

むむむ?

あれっ?

うれしくも何ともねえぞ。
美味さもまったく、感じねえ。

むしろ、クソまずい。。。



「あ、まだその時期じゃなかったんだ」

残った300mlあまりを、側溝に捨てる。
ドボドボドボドボ。

すげえもったいないはずなのに
もったいないとすら、おもえなかった。


「次のひとくちめは、全快したあと。
最っ高に美味い男梅サワーにしたるっ!」

ゴミ箱に空き缶を放り込み
スタスタとおうちに向かったんでしたとさ。

ポエム。