キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

2017OTT5000mの経過 「寸止め野郎」ノ本領ヲ如何ナク発揮ス

きょう気づいたんだが。
おれってば、シーズンオフなんだよな。

OTTのあと、
なんでコウやる気が出ないのかなと。
ちょっと前まであった
いてもたってもいられないような
背中の押され感がないのかなと。

おもったら、シーズン終了直後でござった。

年甲斐もなく自己ベストをいくつも出せたり、
故障して絶望的な想いを抱いたり
リタイアして情けなさウルトラZだったり。

なんだかジェットコースターみたいな
忘れらんないシーズンになったZ!

とかは、またそのうち。



OTTのつづき。
5000mのテンマツ。

とりあえず、動画ちゅどーん。


スカイブルーのサンバイザー、ランシャツ、ランパン、シューズ。
あんど、オソヨーのグラサン。



とりあえず全体像から。

正式計時。カッコ内は周回400mのラップ。
5000mのめやすとしては
400m=1分30=キロ3分45=5000m18分45。

0200m 0:43
0600m 2:15(1:31)
1000m 3:44(1:29)
1400m 5:11(1:26)
1800m 6:41(1:29)
2200m 8:10(1:29)
2600m 9:39(1:28)
3000m 11:10(1:31)
3400m 12:40(1:30)
3800m 14:15(1:34)
4200m 15:54(1:38)
4600m 17:30(1:36)
5000m 18:59(1:29)



自己ベストは18分37秒。
もう3年も前のものだぜ。

だっせえ。
とかおもってたおれが、だっせえw

とりあえず最初の1000を3分40で入り
4000まで3分45をキープして
ラスト1000を死に物狂って
18分30カット。

というのが、モクロミ。

おんゆあまーく、ズドン。



0200m 0:43
0600m 2:15(1:31)
1000m 3:44(1:29)

ゆるジョグなニュアンス。
もうちょっとつっこんでもよかったかな
おもうが、そのぶん後半にあげりゃいいや。
ぐらいの気楽さでもって。

スタート前にコーフン気味だったので
ちゃんとコントロールしたじぶんエライ
とかおもってる。

オークさん、あざす。
スタート直後だからアタリマエだが
よゆうがある(↓)。
2017-05-05-18-35-00



1400m 5:11(1:26)
1800m 6:41(1:29)
2200m 8:10(1:29)

だいたいそのまま。
1kすぎで18分50の集団が
ちょっとすん詰まってる気がしたので
18分40の集団につくことにする。



2600m 9:39(1:28)
3000m 11:10(1:31)

まだそのまま。
ちょっとキツくなってくるが
5000のここらへんってそういうもんだし
「4000までどう粘って
ラスト1000をかっとばそうか」
とか、考えてる。



3400m 12:40(1:30)
3800m 14:15(1:34)
4200m 15:54(1:38)

3000mを過ぎたとたん
苦しさはそれまでと大して変わらないのに
カラダがみるみるスローモーションになってく。
のを自覚してる。

「ああ、こういうことか」
「1500はごまかせたケド、5000は別モノだったな」
ここ2週間の自堕落を悔いる。



スローモーションっぷりは
冒頭の動画でいうと
8:53ぐらいと10:13ぐらい。

うんうん、うなずいてるのは
MCのスーパーサイヤ人みたいなひとが
フルネームを呼んでくれたから。

タイムはもうどうなるかわからないケド
じぶんでじぶんを諦めるわけにもいかないので
くそうとおもいながら、歯を食いしばってる。

っていうとカッコよさげだが。
ただ、超絶失速してるだけなんだぜ。

バックストレートで官九郎さんがすげえ近くで
「キクチてめえここをちゃんと踏んばれ」
って言ってくれて
「そうだそうだー」っておもってがんばる。



4600m 17:30(1:36)
5000m 18:59(1:29)

18分40のペーサーに離され
18分50のペーサーにもついてけない。

11周目1分38、12周目1分36
次への、というか夏のデカい課題ができたぜ。

応援がいちいち、突き刺さる。
おれ、もっとがんばれよっておもう。

ラスト900m地点。
あまりにも不甲斐ないてめえを
シャウトして叱咤す。

を、めっかっちった(↓)。ハズイ。
オークさん、ふたたびあざす。
2017-05-05-18-50-53

そんな感じでダラッとゴール。

。。。は今回はしてなくて。
ラップ的にもぜんぜん上がってないし
動画でみてもスローモーションのままだケド
視界に星を飛ばしまくりながら、ゴール。



とくにラスト3周は、ブログ村のひとや
その他の知り合いのかたや
運営スタッフのかたの応援があったから
最後まで気持ちを切らさずがんばれた。
(っていうかグダグダなんだが
応援がなかったらさらにグダグダになってた)

そういう場で走れるのは、幸せだな。
マジ、ありがてえな。
って心底おもったりおもわなかったりした。

逆に、それだけに。
おのれの走りが情けなさすぎて
恥ずかしい気持ちも倍加した。

つくづく。



OTTの前日。
5000は(ちゃんと走りきれれば)
できれば19分かかりたくないし
って、言った。

記録証をもらうとそこには
「18分59秒」
って書いてあった。

おっふ。
シーズンの掉尾を飾る「寸止め」。
OTTのブログ撮れ高的にも、申しぶんねえ。
おあとがよろしすぎる。。。


でもな。OTT関連。
もう一度だけつづくっ。
もう一度だけ、OTTをステマする。