キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

OTT、センゴとゴセンの間の気持ちの切り替えがムズい、みたいなこと

GWたけなわなサッコン。

きょうは、朝起きたら8時。
飯食って、走る前にちょっとひと休み。
起きたら12時。
飯食って、走る前にちょっとひと休み。
起きたら16時。
すべてを放りだして、飲みはじめる。

うーむ、はたしてこれは
ぜいたくな休日の過ごしかたなのか!?



ほうぼうからのインスピレーションや
なんとなくのおもいつきがキョライする。

たとえば。
「砧公園でクロカンをやりましょうってったら
参加してくれるかたはいるのかな?」

たとえば
「ダーハダカおじさん(以下同文)」

たとえば
「オネカン(以下同文)」

暑くなりすぎないうちに具体的に考えて
賛同者がいなかったら中止にせず
ぼっちで挙行する。
(その節はまさかずさん、
ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ)



いやね。
Ukeさんの検見川クロカン

それじたいは魅力的なんだが
うらまやしくてしようがないんだが。

なにぶん、狛江の田舎モンの先入観で
「千葉、遠っ!」
ってのがあって。

じっさい皇居いくのの倍ある感覚だもんで。

でも、わりとご近所なコッコさんが
参加を考えるぐらいなんだから。
「遠っ!」って狛江ロジックは成り立たねえ。
ってハナシになっちゃう。

なので、砧公園というくわだてナリ。
パクパクなり。
(こちらはユルユルで、ね)

どうっでもいいな。



。。。



OTTのつづき。

1500が終わってから5000までの間。
コレ(↓)が中途半端ポエムになっちゃったので
ちゃんとまとめる。
OTTをめぐるブログ的「撮れ高」ってなんじゃらほい、みたいなこと

いや、ちゃんとかどうかはわからない。



1500が予想外にうまく走れたので。
「5000で自己ベスト叩き出そう!」
って、急きょ、おもった。

5000のスタートまでの間。
課題は2つ。

○疲労をうまく取り除く、と
○気持ちをうまくもってく

「疲労を取り除く」ってのは
いままでOTTで2本走った経験から
なんとなくじぶんのなかに方程式がある。

○すばやく補給する
○休もうとしすぎない

ってのが、そのキモだ。



「すばやく補給する」ってのは
なんとなくイメージわくよね。
そのイメージの、とーり!

「休もうとしすぎない」
回復しようと、休むことに専念しちゃうと
回復がスムーズにいかないっていうか
疲労が内に籠もっちゃう
みたいなイメージがある。

それよか、まだ息が整わないうちに
うろうろ歩いといて。
さっと補給したらしばらくジョグしとく。
ほうが、疲労が体外に放出される
そんなイメージがある。

感覚のハナシばっかじゃねえか!



それはそれでいい。
もんだいは、気持ちのもってきかた。

じぶんのバヤイ。
あんまコーフンしすぎると裏目に出がちで
「静かになっておだやかな気持ちにする」
「そのうえで、適度に集中する」
「そのために、独りになる時間を設ける」

ってことが、不可欠で。

んだがそれが
OTTでは、すごくむつかしい。
いや、別にOTTをdisりたいんとかではなく。



これも2つあって。まずは
センゴとゴセンのじぶんの組までの間にも
知り合いがいっぱい走る。

がんばってらっさる姿を目のあたりにすると
「よおおおおし、おれも!」
って、気分が盛り上がりすぎる。
ホント、胸を打たれる。



今回はとくに、ブログ村のひとが
いっぱいいらしてて。

「ブログは拝読してるがはじめまして」
だとおもってたmadmadさんに
「足立フレンドリーとかウタゲで
何度かお会いしてますよっ」って言われて
酒の神を逆恨みしつつ。


ブログ村のひとがまた。
胸を打つ激走してたかたが多かったので
ちょっと、困ったりもしたw

産後、半年ちょいしか経ってないのに
20分台で走りやがるきぐまさんとか

いつも、やれ
「きょうはポイントの日じゃない」
ナドトぬかして、いまだかつて
ちゃんと走ってるとこを見たことねえ。
あまつさえ、美女ガーのケツばっか
追いかけてるたまちゃんが
きょうは必死の形相で走ってる姿とか

あきらかにカラダが絞れてない
よれよれのジョギンガーさんとか

そういうのばっかで
「よおおおおし、おれも(おれはっ)!」
ってなって、困るw



同時に、なんていうか。
見ず知らずのひとでも、
おなじ5000mをがんばってる
ということで。

他人事とはおもえないっていうか。
どうしても応援してしまう。
「よおおおし、おれも!」
って気分が盛り上がりすぎる。

がんらいマイペースというか
場の空気を読めないほうだし
知らないひとの走りなんか、
どうでもいいはずなのに、フシギだ。

これって。
OTTのフインキがいけないんじゃないか?
disってんじゃねえか!?



。。。



それでもいちおう。
じぶんの2組前から
気持ちを切り替えることにきめた。

あまり周りを見ないようにしたり
あえて殻に閉じこもるようにして

数十分であるていどコーフンを抑え
「自己ベスト、出せる!」
静かに燃えられる感じに
気持ちをもっていくことができた。

アップをしてる感じも
疲労がほどよくぬけて、ほどよくよい。



前の組に官九郎さんが出走した。

最初に少し飛びだして

中盤はちょっと自重してチカラをため

ラスト1kで出し切る。

5000の走りかたのテンプレ
っちゃそうなんだけど。

中盤。
「そのままそのまま」って声かけたら
「うんうん、そうだよねそうだよね」
って感じで穏やかにうなずき返し

3600mで。
「ラスト1000からいくよ!」
って声かけたら
「わかってるわかってる」
って、鋭い目でうなずき返してきた。



走りかたも通過タイムも結果も
おれがやろうとおもってることまんまで

「おお、官九郎さんすげえええ!」
「次はおれの番だぜえええええ!」
「おれも、やったるううううう!」

すっかりコーフンしたまま
スタートラインに並んだんであった。

気持ちの切り替え?

つづくっ。