キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

記録を目指してねーんじゃなかったのかよその1、みたいなこと(かすみん2017まとめ)

かすみんでは。
サブスリーへのつおい気持ちをもって臨んだ。
(あくまでじぶん比「つおい」だ)

2017かすみがうらマラソン レース経過(リタイアしたんだけどな)

きょうは、そこらへんについて
「と、わけのわからない供述をくり返しており」
的な持論を展開しはじめる。



「やっぱりね。はなももでサブスリー
しとかなきゃいけなかったんですよ」

ゆうべ。
酒場で席に着くなり、官九郎さんがおっさった。
おれは、うなった。



ちょっ!

それはおれがきょう
(きのうからみて、あした)
クソ辺境でほざこうとしてたことなのにい。

。。。

官九郎さんとは、
いままで官九郎さんと飲んだ史上
もっともゲキアツに語り合った。

陸上競技のこと。
練習の仕方。
ジョグに対する想い。
ブログに対する想い。

まあ、それはそのうち。
(やんねえフラグぇ)
とりあえずここでは、措く。



で、表題について書くつもりだったんだが。
とりあえずまた、ナンバリングだ。
「その1」ナドト。
(ねみいんだもんで)



だって、おかしいじゃないすか。
「こんりんざい、記録めざさない」
言ったわけですよ、ちょうど1年前。



というのは、あくまでたとえば。
「めざせサブスリー」つったとする。

できなかったとする。
「次はかならずやりましょう」ってなる。

またできなかったとする。
「今度こそやりましょう」ってなる。

とか。

できたとする。
「次は55っすな」ってなる。

できたとする。
「次は50っすな」ってなる。

その無限ループ。

どんだけがんばりゃいいんだ?
どこまでがんばりゃ、いいんだ?



そういう楽しみかたは、ある。
やってる本人は、楽しい。上り調子なら。
みてるまわりもたぶん、おもしろがれる。

でも、おれはその楽しみかたは
おれの楽しみかたとは違うんじゃないかな()

おもった。



ので「記録めざさない」ってった。
「そういうところからは降りてる」ってった。

その気持ちはいまも変わらない。



「えーっ、おめえっ!」って。

その連綿なプロセスは知らんし
クソどうでもいいとしても。

でも少なくとも、このエントリーの出だし。
かすみんでは。
サブスリーへのつおい気持ちをもって臨んだ。
言ってるよね。

はー、言ってるよね。
ナニソレ?

今回のかすみがうらに臨むにあたっても。
「松も竹も梅も、サブスリー」
フイてたよね。

伯父に。
「(10時スタートなので)
13時までには戻ってくるから」
フイてたよね。

あれ? アタシの空目すか? と。



だよ、な。
じぶんでもムジュンすぎて笑ける。

脳内ジョックロックがうんたらかんたら。
とかね。



あえて言う。

今年のかすみがうらは
「おれはここにサブスリーだけをしにきた」
って気持ちで臨んだ。

そこには、ウソもハッタリも虚栄も、ない。
「とうぜんやるものだ」ぐらいな感じ。



もっと言うと、ホントはね。
コレ、話がよけいややこしくなっちゃうので
チラ見せだけしとくと。

「ネットで2時間58分00秒」
「グロスで2時間58分43秒」
をなんとなくのノルマとして、臨んだ。

はー、ナニソレ?
アゲイン。



それは1ヶ月前。
古河はなもものレポのどっかで触れた
なんらかがひっかかってたからで。

って、おもわせぶってはみたものの。
上のほうで、官九郎さんがほぼ回答な
超絶大ヒント、出しちゃってんだよね。

まあいい。
つづくっ。



っていうかきのうの。
吐いて捨てるようなクソエントリー。
あきらかに表題パクってるのに
それについてビタ一文触れてねえ。
って失礼センバンを、猛省してる。



ブログ的に。
「来週までなんとなくかすみんでひっぱって」
「そのままOTTになだれこんじゃえ」
とか、クソあざといこと考えてる。

ってのは、ナイショな、な。