キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

新横ぐるぐるその3 「酸素のような女性」と、空気のようなおれさまちゃんの存在感

新横ぐるぐるのつづきの、つづき。



いまから10年ぐらい前。
韓流ドラマが流行ってたころ。

おれは『チャングム』が大すきで。
NHKで放送されていたドラマは
総合テレビでやったときも、BSでやってたときも
毎週欠かさず観てた。
ぶ厚い文庫本3冊の原作をむさぼり読み
ブームに乗って出されたムックも
ブームに乗って、せしめた。

「チャングムのドラマがすき」ってより
主役を演じてたイ・ヨンエに
メロメロにやられてた。



だって、ほら。
イヨンエ

こんなカンペキな造形でもって。
虐げられながらも一途にがんばる
的な役を演じられたら、もうね。



イ・ヨンエは、その透明感から
「酸素のような女性」って
キャッチがついたんだか、してたらしい。

おれさまちゃんとて。
その圧倒的な存在感から
「空気のようなにんげん」ってキャッチが
ついてないんだかついてないんだか
してる。確実に。



。。。



今回、新横ぐるぐるにおいて。
「キクチ? そんなのいた? いたとしても小さすぎて見えなかったし、どうでもいいわ」
村のひとが20名以上も
いらしてた(らしい)のに
まあ、そんな感じだったんだろう。


遅刻して、独りで走ってたもんだから。
自己紹介もしてないし
シューズ写真も加わってないし
415とか440とか、
そういう集団にも、ノータッチだった。
ゆえ。

エアキクチ。

「ノータッチだった」って。
なんか「光栄なる孤立」みてえな言いぐさだが
たんじゅんにおれが
現地に着くまで道にも路頭にも迷い
着いたころには誰もいなかった
ってだけ。なんだがな。



数少ない邂逅のなか、あとのほうで。
Ukeさんとすれ違った。
3月、板橋のアフター以来かな。

「おひさしぶりです。ごぶさたしておりますっす」
子分肌満開な感じでごあいさつすっと
無言で拳を突き出してきなすった。

グータッチ。

カッコよすぎて。
マジで抱かれてもいい。
いやむしろ、積極的にウクレレになりたい。
おもった。



あ、いまのはですね。
ノータッチとグータッチの係り結びが
オモシロポイント、な。

うーむ。。。



まあ、認識してるかぎり
「あれ、どなたすか?」ってなったのは
おれがチャリンコで近所のスーパーに
おさけを買いに行くのとおんなじ感覚で
新幹線でいらしてたのぶさん(?)ぐらいで

お会いしたことあるかたばかりだったので
まあ、いいんだが。

しかも、のぶさんにはアフターで
ごあいさつしたのにピンと来てなくて
新横浜で新幹線に乗ってくのをみて
「あれ、どなたすか?」ってたまさんに訊いて
うひょー、あれが!
ってわかったていたらく、なんだがな。

(ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ。
大阪でひとつ、よろしくお願いしますっ)



。。。



生まれつきうっすい存在感だ
ということはともかくとして。

新横の回廊で
誰もおれの存在を認識してない。
20名以上、知り合いがいるはずなのに。

ということがだんだん楽しくなってきちゃって。
「こうなったら、徹底的に己の存在を秘してやるっ」
ごっこをやり出した。おのずと。

ナメック星でフリーザにビビった
悟飯ちゃんとクリリンが、「気を消す」イメージ。

キクリリン。

あ、いまのはですね。
クリリンとキクリ。。。
いや、なんでもない。措こう。



あまつさえ、アレだ。
ふらっとさんとユキさんが企画した
新横ぐるぐる。

最低限のエチケットとして。
「50Tを着用して参加する」

ユキさんが~、企画制作した~
50Tを~。

って、あるはずだ。
このバカバカバカバカシネバカ。
って気づいたのは走り出してからで。

雨が降ってたり
30k走るし滝汗かくだろうっておもったりで
ふつうにランシャツで走ってた。

=一切のめじるしがない。
&回廊はわりといろんなひとが走ってた。

そこに何のへんてつもねえ
蛍光イエローのランシャツ。
よけい、気づかれるはずねえ。

ちなみに。
大阪マラソンでは、上半身
カープ菊池のレプリカユニをキメるので。
それに合わせるよう、ふだんはあんまかぶんない
ピンクのサンバイザー。
に慣れる意味で、ピンクのサンバイザー。
パンツはスカイブルーのランパン。
シューズは黒。

クンピ、蛍光黄、スカイブルー、黒。
コーディネイトもセンスも
あったもんじゃねえ。

気づいても、声かけたくねえわな。



けっきょく。
出遅れたぶん、最後まで走ってたので。
走り終わってシャワー浴びたら
もうみなさん帰っちゃったんだか
アフターにいっちゃったんだか

陣地は引き払われていて
まったくのポツーン。

いなかったことになってて。

そんなんふうに。
ただでさえ気づかれる要素ねえのに。
ジャクって「気づかれるもんか」を
楽しみ出しちゃったし。

シマツにおえない。



。。。



走ってる途中からおもってたこと。

おれってこの3連休。
土曜=オネカンマンブリ
日曜=Eペースで30k
月曜=疲労抜きでぽくぽく

を目論んでて、とくに
日曜のEペース30kを
最重要ポイントにしてた。

オネカンマンブリの翌日。
ショージキ、キツイ。
そんななか、新横ぐるぐるに
イッチョカミさしていただいたのは。

30k走をやろうってかたがいっぱいいるので
いっしょに走って「引っぱりあったり」
「意識しあったり」
「イカシたチャンオジやジョーダマチャンネーに
見られてることを自意識過剰したり」
することによって。

独りで駒沢公園をカマしただけではでけない
プラスアルファのがんばり
みたいなものを引き出せるとおもったから。



でもでも。
いまおれは、
たった独りで、誰に認識されることもなく
新横の回廊をぐるぐるしてる。

知ってる知らないにかかわらず
走ってるひとはいっぱいいるだろうのに
カラッカラの東京砂漠だ。

(屋根があるので嵐のなか、走れる。
ってメリットが享受でけたのはいいとしても)

それって意味なくね?
「独りで駒沢公園」でもよかったんじゃね?

キョライしまくった。
しまくりまくりましたとさ。

新横ぐるぐるの一連。
まだまだ、つづく。