キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

キラーワード

おれは何でジョグするのか。

走りながらごちゃごちゃ、
くだらないことやいらないことを考える時間がうれしいから。
に、ほかならねえ。


って、走りながらおもったんでしたとさ。
なんで、ちょっと走り出すとこういう
「何でチョメチョメするのか」
とかって一見根源的じみたこと、考えたがるんだろう。

逆にいえば。
ふつうに調子よく走り慣れてるときまず
いちいちそんなこと考えないのに。



ブログにからめたとしても。
「走らないとネタがねえ」というよか
「走ってるときにネタが浮かびやすい。
走ることだけを書く気はねえけどな」という。

それも「走らないとネタがねえ」
とおんなじようなことだな。

しかもコレ、前にも言ったな。
かくじつに。

ポエム!



。。。



キラーワードって、ある。

「ぜったい、オチる」という魔法のコトバ。
「コレいっときゃとりあえず、場が収まる」というお約束のコトバ。
殺し文句。



前者のたとえばこういう。

ツイッターにおける最高のキラーワード。
「フォロワーが減る」

この、
「言われてみりゃ地味に気になるケド
そんなに気になるかって言われりゃ、そうでもない」
みたいなゼツミョー感。

たまらん。
パーフェクトだ。



で、その。

じゃあこういうのあるよね。
こういうもあるよね。
みたいにたてつづけられりゃいいんだが。

そんなもん、そうそうあるもんじゃない。
だからこそのキラーなわけで。

「キラーワードあるある」的な
いっしゅん見た夢をダンネンしたいま。

さてどうしようと。
考えながら寝ちゃったのがゆうべアップしなかった遠因なわけで。

遠因?
もったいぶり?
ジャスト・コレ・ズバリ?



キラーワードというのは。
もとい。
「おれがすきな」キラーワードのたぐいは。

○瞬発力オンリー
○前に出ろ精神ノットアットオール

があること。
あと。くり返しになるが
「言われてみりゃ地味に気になるケド、そんなに気になるかって言われりゃ、そうでもない」


なんでハナシを
「おれのすききらい」にすりかえてんのかはわからないし
エラソーに箇条書きしといて
なんで2つしかないのかも、わからん。



細かく挙げりゃけっこうあれども
けっきょく、上の2つにからげられちゃって。

考え抜かれたキラーワード。あるいは
流行のきざしを見せるキラーワードらしきもの。
なんて、つまらない。

漏れ出ちゃった、的な。
あだ花、的な。
歴史に大して残らない、的なものじゃないといけない。
「ブチューといえば、ジェンキンスさん」ぐらい。

コレ出したおれスゲー。
が透けて見えるキーワード。
なんて、くそおもしろくもない。
「女子力」とか。

なんだよ、壁どんって。
かばどん

「オンナが台の上に乗って、何が始まるんですかー!」
ぐらいのホワイジャパニーズピーポ。

ともあれ。
作者不明っぽくて
あるあるに寄り添ったほうが、気持ちよく楽しめる。



「社会人の常とう句なんてサイテーだ!」
って言いきろうとしたものの。

わりとそうでもなかったりする。。。

おめえそんなの、家族に言わねえだろ。
ってやつ、あえて家族にくり出すと、あだ花として生命を宿す。

朝っぱらから
「いやあ、どうもどうもどうも」
あるいは
「おつかれさまですっ」

デンワをかけたしゅんかん
「いつもお世話になっております」
切るとき
「どうぞよろしくお願いいたします」

ホワイトボードに
「NR」

いろんなところに使える
「お先にシツレイしますっ」

まあ。
キラーワードじゃ、ねえなコレ。。。