キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の辺境クソブログ。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

2015板橋cityマラソン レース経過と行動記録

4年連続4回目の板橋cityマラソン。
きょうは仕事をサボる。
ヘイジツの昼間に、仕事するでもなくダラダラしてるのって
そこはかとないニート感と優越感がないまぜになって、なんともいえませんな。

なんてことはさておいて、ジャーン(↓)。


2015板橋記録証小
(クリックすっと数字が見えるていどまで拡大でける)
ネット3時間12分26秒。
グロス3時間14分22秒。

というわけで、レース経過と行動記録をば。



○4時起床。
起きてすぐトイレ、切り餅4ケと豆乳、トイレ、ダラダラ、トイレ。

○6時、家を出る。


○6:24の鈍行で新宿まで。爆睡をかます。
よく「電車で寝ないほうがいい」というケド
早起きしてるし、起きてていろいろ考えちゃったり
「起きてる」って体力の消耗の仕方するよか、ええい寝ちまえと。

○7:30ごろ浮間舟渡着。7:50ごろ会場着。
駅からけっこう渋滞してた。マイペースで歩けなくてなかなかストレスフル。
今回はスタート前、村の陣地に寄らないことにした。
ひとりで集中したかったのと、ミョーに気持ちが盛り上がったら困っちゃうとおもったから。
「朝、いませんでしたよね?」って訊かれて
「寝坊しちゃって、テヘ」とか、わけのわかんない言いわけをかますのは、ゴール後のこと。

朝、陣地にネオ鬼が寄ってくだすったらしい。
「キクチ、調整とかくそナメたことぬかしてんじゃねえぞゴルアと言いに来た」とおっしゃってたと訊き、つくづく、陣地に行かなくてよかったなあとおもいましたとさ。ウッソでーす。

○すぐ着替えて荷物を預け、トイレの行列に並ぶ。
行列は40分ぐらい。仮設トイレがいっぱい用意してあったが、そんだけ待つということは参加者数に比してそんだけトイレが少ない、ということだろう。
スタート10分前ぐらいにやっと整列場所に行ける。
軽く、焦った。

○暑いので、ウエストポーチにOS-1の500mlを入れてく。
ほか、あめだま、ブドウ糖、アミノバイタルの赤いヤツ、粉末のまま飲めますなアミノバイタルを携行。

というわけで、スタート。



※タイムは左がラップ、右がトータル。カッコ内は1kmごとのラップ。
※下のタイムはガーミンヌから。トータル42.33kmとじゃっかんの誤差があるが、これを見ながら走ってたのでペース感覚はこちらが近い。
※想定ペースはなし。松竹梅は次エントリーで後出しジャンケン、する。
※「ネガティブ、する」「30k or32kからサブスリーペース以上にビルドアップ」という方針だけ。

スタート~5km
23:37/23:37(5'15"、4'39"、4'40"、4'29"、4'34")


スタートロスは2分弱。
トイレ行列のときにうすうす気づいてたが
「きょうは調子がすげえ、いい」。
カラダはクソ重いが動く、というマラソンのジョバンヌとしてはこのうえない感じ。

「4分20でいけるとこまでいって、狙っちまおうかな」
がいっしゅんアタマをよぎるが、2段階ぐらいドードーして4分35前後をめやすにする。ことにする。



5~10km
22:46/46:23(4'29"、4'35"、4'34"、4'32"、4'36")


岩淵水門を越えて、旅のはじまりって感じ。

ウキウキしながら進む。
往路は珍しく向かい風。
つうことは、折り返したら追い風だぜ。
進むごとにOS-1はカラになり、ゼリーもなくなって身軽になるぜひゃっほうだぜ、とかおもいながら。

前日土曜、サブフォーペースぐらいで、まったく脚を使わずゆっくりジョグしてたのと
おんなじ感覚を4分35でやってる。



10~15km
23:04/1:09:27(4'37"、4'37"、4'38"、4'31"、4'41")


上とおんなじ。
油断するとペースをあげてしまいそうなので、必死でおさえる。

13kぐらいでとある村の大応援団がいて、テンションまっくす。
調子に乗ってペースを上げないことに、全力を尽くす。

とーこーろーが。

14kすぎから急におかしくなる。
おなじペースで走ってるはずなのに、カラダが前に進まず、ペースも落ちてく。
呼吸も脚も生まれつきのキモさも、まったく変わってないのに。
原因不明な「ん? あれ?」と。



15~20km
23:31/1:32:58(4'44"、4'42"、4'44"、4'40"、4'41")


「きょうはじつはすげえ、調子わりい」
と、おもいなおす。
4分35にこだわる意味はないので、
カラダが「巡航シテマス」っていうスピードまで躊躇なく落とす。



アタマのなかで「ジュンコウ」のことをずっと考えてたら
ゲシュタルト崩壊みたくなる。

だいたいにおいて。
「ジュンコ」って名前のひとは、キレイでかわいい、一般的に。
漢字は純子でも順子でも淳子でも、あまねく。
そうだよね、うおおおおお。

みたいな妄想が絶好調になる。
カラダが動かねえくせに。アタマはモリモリ動いてる。

なお、ガーミンヌ、中間点まではほぼ誤差なし。



20~25km
23:08/1:56:06(4'38"、4'29"、4'27"、5'14"、4'20")


中間点でウオッチをみたら、1時間38分ビッタンコぐらい。
「そうかあ、きょうは3時間16分は切るのかあ」
とか、ヒトゴトのように考えてるが、絶不調感がハンパない。

暑かったので、30kまでは給水に寄らず代わりに摂る。
でおなじみのOS-1、500mlをハーフ地点で消費しつくす。



ハーフ過ぎてから、刺激入れとしてキロ10秒ぐらい、ペース上げてみる。
「刺激入れ」って、コトバの遣いかた、おかしくね? は措いたとしても。

ペース上げてみたのは、
折り返す300mぐらい前で、この日の主演男優賞とすれ違ったから。

「ペース上げてみて、それでも追いつかなかったら、それはプロシードさんが速すぎるということで、おれには何の責任もありまっせーんし」
「もし、プロシードさんが今月2度目の超絶タイムを叩きだすとしても、せめてそれを視界に入れられるとこにいたいしいたっしー」
てなぐあいで。



ただ、あきらかにムリしてペースアップ、してる。
「カラダは相変わらず重いし、残り半分、コレを続けようとしたらぜったい撃沈するわ」
とかいろいろ考えた挙句、出ました。
戦略的トイレー。ドラちゃんなていで。

とりあえず、目の前の1分を捨てても、ココロとカラダのリフレッシュを図る。
水分を排出しながら、しずかーに「さあどーするキクちゃん」と、考える。

トイレから出てからは
とりあえずプロシードさんを探してペースアップ。



25~30km
22:08/2:18:14(4'29"、4'25"、4'27"、4'24"、4'23")


戦略的トイレ、奏功。
4分20台中盤が巡航って感じになる。
もっと、あげてええええ! ってなる。

「おいおい、まだジョグだろ」って独りごちてるじぶんに気づく。
あ、コレ、ひさびさだ。
「やっぱおれきょう、すげえ調子、いい」
とおもいなおす。



30~35km
21:18/2:39:32(4'21"、4'18"、4'18"、4'01"、4'20")


30k地点で目標タイムを考えてみる。
マイコース12.3kmを自己ベストぐらいでいければ、3時間ヒトケタがよゆうで出る。
なにしろ、おれの10kのベストは、10kのレースではなく
ハーフの後半10kでのものだし。
って実績、あるし。

テンション、がん上がり。
でも、いきなりペースアップしすぎず、
30、35、40と3段階で上げることにした。

とりあえず1段階目。4分20前後、できれば10秒台。
ウキウキウオッチングって感じだ。



33kすぎ。
プロシードさんを見つける。
ゴールまで並走したいなとおもったが
余計な神経遣わせちゃうゾとおもいなおし、先に行かしていただくことにした。

背後から見られてるって、自意識過剰モリモリしちった。
森脇健児と森口博子ぐらいのいきおいで。
というのがこの34kめ、4分01で行った言いわけ。

とはいえ。
さほどムリしてる意識もなく、このままいけるなとおもってた。
まあ、マラソン練習不足というか、スタミナ不足ですな。

実質的にここで終了。
オフェンス一辺倒から、防戦一方へ。



35~40km
22:40/3:02:12(4'25"、4'31"、4'37"、4'29"、4'38")


あきらかにスタミナ不足
マラソン練習不足。
ということを自覚しながらも。

今回はどうしても、じぶんでじぶんをナットクさせたい。

そういえば、きょう、脳内ジョックロックも脳内レッツゴー習志野もなかったな。
とおもいつつ、
横浜マラソンのときにこーちさんも手に書いていた
このコトバが、脳内、する。
苦しみはいつかなくなる
諦めた事実は永遠に消えない
どんなにみっともない面をしようと
全力でゴールまでたどりつこうとキメる。

なんなら「苦しんでみっともない面さらしてる必死なおれ、かっけえー」
ぐらい。



ただ、弱った。
40kでふたたび、村の大応援団がいるっていう。
おれ、すっかり失速してる。
余裕、ねえ。

復路に入ってからその手前まででも
26k地点でkeiさんとか、どこでだか忘れたが、姫がいらしてくだすった。

そのときは余裕たっぷりゆとり教育って感じだったが
いまや「半生チョコ」よろしく「半生ゾンビ」だ。
ギグヂビロ"ジーって感じだ。

大応援団にみっともねえ姿さらすの、恥ずかしくてしようがない。
まいったなあ、とか考えてる。

なもんでたぶん、ものっすごい無愛想だったはずだ。
せっかくいらしてるのに、ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ、だ。
ただ、身に余る声援とかハイタッチとか
死ぬほど、もといゾンビが蘇生しちゃうぐらい、うれしかった。

ん? あ、あれだな。
ゾンビが蘇生したら「完全なるゾンビ」になっちゃうな。
「ゾンビが人間として再生しちゃうぐらい」だな。
まわりくどいな。
リクツっぽいな。
なんじゃらほい、だな。



40km~ゴール
10:16/3:12:28(4'33"、4'30"、1'13"/42.33km)


30k以降、目標は
初フル-1時間(3時間07分15秒)

3時間ヒトケタ

自己ベスト(3時間11分23秒)

と下方修正に下方修正を、くり返し。

「グロスで女性の国際を切ったら、かっけえーおれ」
ってことに着地しようとあがく。

ラスト195mは
「きょうはしょせん、かすみがうら前のただの40kロング走でしょ」
ってふてくされながら、流しな感じでダッシュをかます。
「その30m先のチャンネーをパスしなかったら、てめえぶっ殺す」
って必死さで。

チャンチャン。
ゴールしたあとにコースにお辞儀すんの、楽しいね。
すがすがしいおれ、かっけえー。



というわけで、次回は
○後出し松竹梅。
○ゴール後の板橋。
○板橋をふまえて、かすみがうら。
みたいなことを1回か数回にわけて。

いちおう、ランナーズアップデート再掲。
2015-03-22-12-19-02



板橋の大応援団。
アレ、プロシードさんじゃなくても
泣くでしょふつう。