キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

2015立川ハーフ いろんな意味での行動記録

何日か経つとフシギなもんで。


アフター。
すげえおもろかったのに、細かいことはもうどうでもよくなっちゃった。
どうでもよくなったというのは、「書くのが」どうでもよくなったという意味ね。

そんなわけで、箇条書きでキメる。
時系列は、ムシ。



アンタはココ! 返しっ」

所用でアフターに少し遅れてきたコッコ姫。

おれは、駒沢のリベンジをしてやろうと、独りでムスムス企ててたのに。
いざ店に着くや、誰もおれの隣に座らないでやんの。
黄色センセイとか、コッチみて「アレ、やるんですよね」ってていで、ニヤニヤしてんの。

でもでも。
「ジツはていのいい『誰もキクチの近くになんか座りたくねえんだよ?』」
っていう微レ存は、措く。



おおっと。
箇条書き、まさかの1コで、オシマイっ。

あとは
「スーランタンメンにキメかけていたところ、注文間際にマーボー豆腐定食にせれの神が降りてきて、いざ頼んだら特盛すぎて、残さず食べるにはどうしたらいいか思案に暮れるっていう、ナニコノ締切効果」

しながら

「びわこ毎日マラソンを、姫の解説ほぼ独占状態でみてた。姫はやたら滑舌がいいよねってことに気づいたのと、姫のモノマネは『~なのだ!』って語尾につければ何となく形になるなあってことに、ぼやっと気づいた。いや実際、姫は『~なのだ!』って言わない。G馬場が『アッポー』って言わないように」

っていう。



。。。



立川ハーフ。
来年も出るので、後学のために行動記録。

○5:30起きる。
トイレ、スクワット、モチ3ケ&豆乳、トイレ、着替える、トイレ。

○7:10家を出る。
駅までゆっくりあんよ。小田急の時間が合わなかったら橋をわたって登戸まであんよしようとおもったが、ちょうど滑りこめそうな感じだったので、階段ダッシュ。

○7:32和泉多摩川。7:36登戸。
「乗り換えがスムーズだった」という印象だけで、時刻表をみたらこんな感じだがホントかねって感じだ。
南武線で奇跡的に座れた。
youtubeで運動会の音楽をかましてテンションを上げようとするが、イヤホンを忘れたことに気づいてダンネン。
目を閉じて84分で走るイメトレ。気分が盛り上がりすぎる。まあ、夢オチみたいなもんだったんだがな。

○8時半ごろ、西立川着。
立川駅で青梅線までちょっと時間がある&奇跡的に空いてたのでトイレ。
電車で座ると隣のひとがピンクのタクミセン。かっけえ。
レースの日の電車って、シューズをみて「あ、勝った」の「おお、負けた」の、勝手に勝負くりひろげる。レースの日あるある。

もし陣地に行くのなら、もうちょい早めに着いたほうがいい。
っていうか、おめえ設営側にもまわってみやがれとも、おもわなくもない。

なくなくない。



会場着。

○参加賞を引き換えて、村陣地を探してけっこうさまよう。

○ジツはスタート前に陣地に行こうかどうか迷ってたのは、ないしょだ。

○そんなこんなで、しんがり登場。

○貴重品を回収してまわるコッコ姫に、きゅんきゅん萌える。

○みんな早めにスタート地点にいっちゃった。

○みんなからだいぶ遅れて、この日は応援団長に徹してくだすってる兄さんと歩きながらスタート地点へ。「ダウンは預かってやるから直前まで着てやがれ!」とか、マジ萌える。

○自衛隊内の飛行機に萌えてる兄さんに萌える。

○ここで独りだったら、イレコミすぎたとおもうと、萌えずにはいられない。

○でも、スタート地点で待ってる間、集中を高めようとしたけっかイレコミとの境界線がわかんなくなり、けっかイレコムしちゃって萌える。



走ってるとき。

○くり返すようだが、11kすぎのラテンセンセイの絶叫応援に、ガチで半べそかきながら萌える。

○折り返し地点の2回。黄色センセイと青色センセイの速さに、萌える。

○白色センセイと赤色センセイに気づかず、萌える。

○19kぐらい。若めのチャンネーが少し声を出して呼吸しながら走ってて、萎えてたものが大いに萌える。



ゴール後。

○東京Mのときのヨコスカセンセイのモノマネよろしく、はじめてコースに一礼ナドト萌えてみた。

○トイレに直行して、萌える。

○寒すぎてガタガタふるえながら、萌える。

○陣地に戻りつつ、ソクフォーを萌えながら上げる。

○陣地にいる黄色先生を遠めに発見して、一刻も早く声かけたくて萌える。

○やけっぱちのエビスをキメながら、萌える。

○テントからアタマだけ出すコッコ姫に萌える。

○テントとの一体化っぷりが、マリオに出てくる亀さんみたいで萌える。

○スタート前にごあいさつしそびれちゃったんだケド、話しかけたら噛みつかれんじゃないかってビビり倒してたハロさんに、恐る恐るギャグをかましたらニヤッとしてくれて、萌える。

○ホモッチがトゥギャザーでテントに籠もったまま、なかなか出てこなかったのは萌えてたからだとおもう。

○アフターの場所手配の手際が玄人はだしで、萌える。



○会場着以降の箇条書きは後学のためになるのか、はなはだギモンで萌える。



○亀のなかから豚汁が出てきて、萌えに萌える。

○テントの片づけを、手伝ってんだかジャマしてんだかわかんないじぶんに、萌える。



。。。

○「すぐ下りるからみなさん座って」ってひとりだけ立ちんぼで、立川から分倍河原ってそんなにすぐでもないよねってのに、萌える。

○アフターでそれなりに飲んだのに、地元の駅から帰り道、いつもどおり「歩きながら片手にトリカラ、片手にチューハイ」プレイをしてしまう。条件反射に、萌える。