キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

ひさびさにUCでもして、坂道に慣れとこうかなと

ジョグ。
さいきん、短いキョリしか走ってないので。
そろそろ、少しずつキョリを伸ばそうかな
とおもってて。


きょうあたりからUC
(職場から自宅までの帰宅ジョグ)
を再開しようともくろんでる。

もくろんでるだけなので、
実現可能性は、知らん。

実現可能性ナドト
一見コムズカシ風な言葉を持ち出す
あたりからして、実現可能性のあやしさ満載。



UCってのは、アーバンなクロカン。

ネーミングにいろいろと
言葉のアヤが散りばまってるが
まあ、細かいなんていいじゃないすか
として。

だいたいこういうこと(↓)。
○コースは仕事場がある永田町から、超スーパーウルトラ大都市でおなじみの狛江の自宅まで。
○なので、「おそらく世界で最も都会なクロカン」。略してUC。と勝手に名づけてる。
○たまに仕事帰りにジョギングする。「帰宅ラン」という言葉はクソダサいのであまり遣いたくない。
アーバンなクロスカントリー(2011/06/08)
アーバンなクロカン2013(2013/10/29)



アヤちゃんに免じてなんとなく
おれにとってのコレやるメリット、挙げとく。
なんとなく。

○平日に20kmぐらいのキョリを走る機会がつくれる。
○傾斜満載で、坂の走りかたが身につく。
○ガチペース走からゆるゆるジョグまで、幅広い用途で使える。

そんなもんだな。A面は。
挙げてみると意外と少ない。

でも、坂って、定期的に走ってないと驚くホド走りかた、忘れるんだぜっ。
坂道を走るとがぜん、脚が鍛えられるんだぜっ。目に見えて、だぜっ。
上り坂下り坂の走りかたって、追い風向かい風にも応用できんだぜっ。



B面ちゃん。

○激混みの皇居、大人気の外苑の横をすり抜け、ぼっち気分がいや増す。
○見知らぬジョーダマチャンネーの何だコイツはって視線が、じきにミョーな快感に変わる。
○住宅街の街灯があんまない路地だと、チャンネーに十二分に警戒される。それがじきにミョーな快感に変わる。

あ。挙げてみると、やっぱ少ない。
「人ってまっすぐ歩いてるつもりでもあんがい、ジグザグ歩いてるよね」って、気づくんだぜっ。



こうメリットちゃんが挙がらないのは。
1ヶ月半ぐらいやってなくて
忘れちゃったからかもしれない。

1ヶ月半も、なんである。



このコース。
ちょっとがんばって走ると
とくに夏場は、キツイ。
いくら夜、とて。

残り5kmぐらいのところで
どうにもカラダが動かなくなっちゃって。
駅も遠いしバスもタクシーも通んねえ脇道だし
にょうぼうはペーパードライバーだし
で、途方に暮れる
なんてことも去年、何度かあった。

その熱闘がビミョーにやな記憶として残ってる。
残っちゃってる。

タンキュータンティンタンタンティン。
ぐらいの、熱闘。



なのに。
何でいまやるの?

いま、坂道に慣れとかなくちゃ。
とおもっちゃったから。
80日後にはフルマラソン走らなくちゃいけない。
そろそろ、脚づくり、はじめなきゃね。
ってのも、ある。

でも、コレ。違うんですわ。

来週じゃ、ダメなんですわ。
いま、なんですわ。
いまいま、なんですわ。

ほぼほぼ、いまいまなんですわ。
なるほどですねなんですわ。
ムシズがランしますですねなんですわ。
カーッ、ペッ。なんですわ。



UCみたいに。
そういう、じぶんで勝手に名づけちゃう
って、あるよね。

を広げようとしたんだケド
おもったホドおもろくならなかったので
カーット。



逆に、みんなが略してる言葉や
あだ名で呼んでるやつを
おれだけは略さずに言ってやるーっとか
ふつうに苗字で呼んでやるーっ
って、あるよね。

ジャクリーヌの義務として。

ハムって言わないで
わざわざハムストリングスって言うとか
モモの後ろのほうって言うとか。

ゴリさんって呼ばないで
ハセガワって呼ぶとか。

も広げようとしたんだケド
ぜんぜんおもろくならなかったので
カーット。


えっ、オチをつけることすらカーット!?