キクチヒロシ ブログ

絶滅寸前の「辺境クソブログ」。妄想やあまのじゃく。じゃっかんのマラソン。

「礼儀正しかったから」



ビートたけしって、すごいテレ屋なんだろうけど、
まじめな質問には真摯に答える。
こーゆーとこがカッコいい。
表題は、
「なんでガダルカナル・タカとつまみ枝豆を弟子にしたか」
という質問に対する答え。

。。。

ビートたけしは、映画の役者オーディションのとき、
控え室のようすをつぶさに見るという。
「たけしなんていってよ。。。」というナメた口をきいている奴や、
名前のある役者で「こんなもんでしょ」という感じでやってる奴は、
のきなみ落としたという。

どういう奴が受かったかというと、
「オレなんか」と自信なさげにいる奴。

「そういう人は恩を感じて、(演技で)倍返ししてくれるから」
というのが、理由なんだそうな。

。。。

表題に戻る。
あらすじはこんな感じ。

たけし軍に入るには、むかしの芸人みたいに
オールナイトニッポンなりの出待ちをして、
土下座するなり、通いつめるなりするのが
一般的なパターンだ、とむかしどこかで読んだ。

ただ、タカと枝豆だけはたけし直々の「スカウト」という、
珍しい(唯一の)ケースだった。

タカと枝豆はテレビでプロデューサーとモメて、
一時期、干されたという。

そんなとき、東がたけしの草野球チームに誘った。
「どうせやることないんだったら、来てみろよ」と。

腕に自信のあるタカはともかく、
野球経験のない枝豆も、とりあえずそこに行ったという。

野球をしたあと、たけしがタカと枝豆をさそう。
特にたけしへの憧れがあるわけでもない。
芸が秀でているわけでもなかったろう。

じゃあどうして、たけしは2人を誘ったか。
その答えが表題の言葉。

この動画か、続きの動画か忘れたが、
枝豆の700万の札束の話も、
なんだか寓話ぽくて興味深い。